読書の習慣化にはメリットしかない!アプリが効果的!

読書 習慣化 メリット

読書の習慣は「夢を叶える習慣」ともいう。

子供の頃からの読書習慣がある人が、著名人の中に大勢いることは、きっとご存知のことでしょう。

 

 

もし自分に読書習慣があれば、自分の人生は、違うものになっていたかもしれない、と悔やむ人がいたら、吉報です。

子供時代に、本を読む習慣がなかったが、社会人になってから、パラパラとたまにビジネス書を読むが、多いのは推理小説。

しかし、40代になってから、仕事の必要に迫られて、読書の時間を集中的に詰め込み、月に10冊以上読んだ結果。

彼の年収は、毎年15〜20%の上昇を続け、5年後に1000万を超えました。

 

 

読書の習慣化は子供時代からベストだが、社会人になってからでも遅くない

子供の頃から、家に本があるという環境にある子供の年収は、大人になってから、そうではない人と明らかな差があることがわかっています。

ただ、気がついたら、30代や40代になってる人は、多いと思います。

その時に、悔やんでも仕方がありません。

冒頭に紹介したように、40代になってからでも、大きな差を生み出す事例があります。

既に、30代・40代になっている人も、今からでも読書の習慣を身につければ、人生が変わる可能性が大きいです。

 

 

30代・40代には、子供がいる人も多いかもしれません。

子供と一緒に、読書習慣を身につけることをおすすめします。

読書には多少のお金はかかります。

 

 

しかし、本への投資は、知る限り最も「ローリスクでハイリターンの投資」です。

読書習慣は、「夢を叶える習慣」とも言います。

 

子供が読書の習慣化を身につけてくれていいのに、とかいう前に、子供と一緒に読書習慣を身に付けてください。

社会人だけど、自分自身に読書の習慣化がつくようにしたいとお考えのあなた。

40代からでも遅くないです。

 

 

読書の習慣化には、メリットしかありません。

人生を豊かにして、年収を上げるという科学的データすら存在します。

10才以下から習慣化されていると、大人になってからの年収には、

20%以上の差がつくようです。

大きなメリットです。

 

 

時間の無い大人になってからも、アプリを使ってスキマ時間に

読書をすることが出来ます。

その時間も惜しい人には、要約を読むアプリもあります。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、

「読書の習慣化にはメリットしかない!」

について、ご理解いただけると思います。

 

 

読書の習慣化はメリットしかない!

読書 習慣化 メリット

 

読書の習慣化のメリット|読書の習慣化によって、知識情報が身につくメリット

本には、科学的に信頼性の高い情報が記載されている場合が多いです。

 

著書は、数ヶ月のリサーチを重ねた上で、本にまとめられています。

よって、読書することにより、信頼度の高い情報を集めることができるメリットがあります。

さらに読書を習慣化すると、幅広いジャンルの本を手に取る機会が多くなるというメリットもあります。

 

 

つまり、幅広い知識情報を手に入れつつ、人生に役立つメソッドや情報に出会える確率も高くなります。

読書の習慣化によって、信頼性の高い情報を幅広く取り入れるチャンスが増えるというメリットがあります。

読書の習慣化には、メリットしかありません。

専門的かつ広範囲の教養を身につけられます。

 

 

読書の習慣化によるメリット|将来の自分へ投資するメリット

読書は、将来の自分への投資と言われています。

 

読書で得られる知識は、将来の自分の自己成長へと繋がるからです。

そこで、読書の習慣化は、将来の自分の自己成長率を大幅に上げられます。

 

 

前述したように、著者は数ヶ月のリサーチの上で、本にまとめています。

読書を習慣化すれば、本を読むことで、著者の数カ月分のリサーチのエッセンスを得ることが出来るというメリットがあります。

読書を習慣化するという自己投資を続けていくと、そうではない人との差が莫大な違いになって現れていきます。

 

 

将来、30代後半・40代となったときに、優秀な人材として重用されるようになる可能性が非常に大きくなります。

シンプルに本を読めばいいということではなく、行動するというアクションは必要になります。

読書を習慣化するという自己投資は、株の投資のように、あるときに「高騰する」とか「化ける時を待つ」というものではありません。

もっと、着実で再現性があり、ギャンブル性は、全くありません。

 

 

なぜ本を読む習慣で夢が叶ったり人生が変わったりするのか

そんなに良い習慣なのに、なぜ本を読む習慣のある人は、少ないのか。

おそらく、自分の周りに、読書によって夢が叶う体験や人生が変わったり、年収がアップした経験をしている人が少ないからなのだと思います。

さらに、子供時代も社会人になってからも、「競争」の中にいるので、簡単にできる魔法のような習慣を他人に話したくないのかもしれません。

 

 

実際、自分の体験でもそういうことがありました。

本で学んだこと、読書によって身についた知識・情報・考え方を、自分のアドバンテージだと思い込み、共有する気持ちにならない傾向はあります。

読書の習慣化が明らかに、未来の自分を作る大きなメリットがあるのに、そこに気づいて実行している人は少ないのですから、この記事を読んでるあなたにはお教えします。

 

 

またせっかく読書を始めたのに、身につかないで、その他大勢の人生を進む人もいます。

その原因は、今日の読書が、すぐに明日の成果になるということではないからです。

少し時間がかかります。

 

 

しかし、読書の習慣化という自己投資は、将来大きな利益を生み出すメリットがあります。

そういう意味では、読書の習慣化という自己投資は、FX投資や株投資ではなく、投資信託に似ています。

絶対に損をしない投資があるとすれば、それは読書をすることです。

読書をして、アウトプットを繰り返すことです。

これが最高の投資方法です。

 

 

 

読書を習慣化するには、アプリが効果的

読書 習慣化 メリット

 

読書の習慣化には、手軽に読書ができるkindleアプリが良い

読書を習慣づけたいなら、Amazonが提供しているkindleというアプリを活用するのがおすすめです。

Amazonが提供しているアプリであることから、取り扱っている本の種類が多いです。

読みたい本があればkindleアプリで大体は読むことができるからです。

 

 

また、kindleは機能も豊富であり、指でマーカーをひけます。

また、どこまで読んだかを自動保存します。

X-RAYという単語の意味がまとめられたものまで、幅広い機能があり、読書の習慣づけを手助けしてくれます。

 

 

アプリをうまく活用することで、子どもでも読書の習慣づけが可能

子どもの場合、アプリを用いると読書の習慣が身につきやすくなるかもしれません。

子どもは、紙の本で読むより、アプリで読む方が抵抗が少ないからです。

学校の勉強では、紙媒体の教科書を用いることがほとんです。

読書でも紙媒体の本だと学校の勉強と同じようになり、苦手意識を持ってしまいがちです。

 

 

しかし、アプリであれば、学校の勉強とは違う電子媒体です。

直感的な操作性から、読書を始めやすく、習慣づけも紙の本より容易になるメリットがあります。

 

しかし、アプリを用いても子どもは集中力が続かず飽きやすいかも知れません。

それだけでは、読書の習慣づけが難しいかもしれません。

 

 

そこで、集中力の途切れや飽きを無くす方法として、タイマーでの時間制限を設けて読書をしてみましょう。

5分だけ、10分だけとかならやる気が出やすいでしょうし、集中力も短時間の方が続きやすいです。

 

 

 

時間が無い社会人でも、アプリを活用すれば読書の習慣化が身につく

社会人の場合でも、スマホのアプリを用いると読書の習慣が身につきやすくなるかもしれません。

 

忙しい社会人にとって、スマホを用いたアプリはスキマ時間でも読書しやすいです。

移動などのスキマ時間を、改めて計算してみると、驚くほど大きな時間を使っていることに気が付きます。

スキマ時間を読書の習慣化にあてられるようになると、生産性ゼロの時間が、自分の将来に投資する時間に変化するというメリットがあります。

 

 

まとまった時間をとらなくても良いことから、挫折しにくく習慣づけやすいからです。

1週間、1ヶ月、1年のスキマ時間を、自己投資にあててください。

ノーリスクハイリターンの自己投資になります。

大きなメリットを生み出します。

 

なんとなく読むのではなく、自己投資のつもりで、読むのがおすすめです。

 

先ほどご紹介したkindleアプリなら、しおりを使わずにどこまで読んだかを記録できます。

指でなぞるだけでマーカーをひけるため、電車での移動中でも読書が可能になるでしょう。

 

 

おすすめします!読書習慣を身につけるために読む本

朝起きたら、顔を荒い歯を磨くように、特にやろうという意志なく、むしろやらないと気持ち悪い気がする行動。

それが「習慣」となっている状態です。

読書が習慣化すると、良いことがたくさん起きるのですから、早く習慣にしたいですね。

そのために、本を紹介します。

あくまでも、個人的おすすめです。

 

 

「続ける」技術

行動が続けられない原因は何だと思います。

それは、目標にだけフォーカスしているからです。

読書に限りません。

 

 

仕事やプライベートにおいてもそうですが、様々なことをやろうと決めて、途中で挫折してしまうのは、目標だけ見ているからなのです。

実は、目標は一度決めたら、そのあとは忘れてもいいくらいのことなのです。

注目すべきは、日々の行動です。

今年は何をどうするではなく、今日または毎日何を何件やるという思考の仕方です。

[itemlink post_id=”11685″]

 

 

自分を操る超集中力

メンタリストとして有名なDaiGoさんの本です。

DaiGoさんの話に、よく出てきますが、「子供の頃、本だけは好きなだけ買ってもらえた」という話があります。

一体、どれだけ買ってもらっていたのかは、不明ですが、読書習慣が夢を叶えるを実践している人です。

読書習慣をつけるというよりも、自分をコントロールすることについての本です。

習慣をつけることは、ある意味、自分をことんとロールする部分がありますので、参考になります。

[itemlink post_id=”11686″]

 

 

遅読家のための読書術

本を読むのが、遅くてなかなか習慣づいていかない人へのおすすめの本です。

本の読み方について、書かれている本です。

本を読んでも途中で挫折することが多い人に、おすすめします。

私も自分で気づかないうちに、実践していた読書の進め方について、書かれています。

途中で挫折することがなくなるので、結果的に、読書が進んでいくようになると思います。

[itemlink post_id=”11687″]

 

 

すぐやる人の読書術

読書は本を読むだけでは、夢は叶いませんし、人生も変わりません。

この本に書かれていることが、私が行動してきたことと同じことが書かれていると思い紹介するものです。

考えることは重要ですが、行動をしなければ何も生まれません。

読書も同じですね。

読書をするだけでは、生まれないのです。

[itemlink post_id=”11688″]

 

 

 

まとめ

読書の習慣化にはメリットしかありません。

 

しかもそのメリットは、経済的メリットの他に、人格形成や人生の豊かさ、人生を進める方向性を決めることなど、様々な面に存在します。

 

 

ビジネスにおいては、様々な可能性を生み出せる人材になれることもあります。

その結果、ビジネスで成功する確率も上がり、お金を稼げる人材になりやすいです。

 

読書と年収には相関関係があるという説もあります。

それは、目に見えない不思議な力が働くというものではなく、至ってシンプルなものです。

そして、誰にでも、再現性があり、確実に、着実に、将来の経済的利益や人生の豊かさを生み出します。

 

 

本を読んでも、何も変わった感じがしないのは、

期間が短すぎるか

読んでる本が雑誌か漫画

本を読んだあとのアウトプットをしていないせいです。

読書を習慣化し、アウトプットをすれば、確実な再現性で、あなたの将来の利益を生み出すのが読書です。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました