ダイエット

エアロバイクで効果をだす姿勢は前傾!姿勢と速度

エアロバイク ダイエット 姿勢ダイエット
スポンサーリンク

最近ダイエットのために、エアロバイクを使う人が増えています。

いつでも手軽にダイエットができる上、脚痩せも期待できるから。

でも、エアロバイクは本当に期待通りのダイエット効果があるのでしょうか?

この記事を読んでいただければ、エアロバイクを使って上手にダイエットができるようになります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エアロバイクでダイエット効果をだす姿勢は前傾|速度もポイント

エアロバイク ダイエット 姿勢

 

エアロバイクでダイエット効果をだすには、やり方のポイントがあります。

エアロバイクダイエットのポイントは、大きく分けて3つあります。

それは、姿勢と頻度と速度です。

 

エアロバイクのダイエットでは前傾姿勢が大事

エアロバイクダイエットでは、姿勢が重要です。

前傾する姿勢と直立する姿勢があります。

 

エアロバイクダイエットでは前傾姿勢が大事

背筋を伸ばして、直立した姿勢では、足を中心とした運動になります。

ハンドルを握った前傾する姿勢では、運動は、全身運動になります。

1)サドルの高さを調整する(膝が伸び切らないくらいの高さ)
2)サドルの位置は、後ろ側に調整する(前傾姿勢をつくるため)
3)ペダルは、つま先ではなく、足の裏の中心に来るように
やはり、全身運動となる方が、脂肪燃焼効果がたかくなります。

エアロバイクなどの有酸素運動は、運動時間の長さが肝心。

人間のエネルギー消費は、はじめ糖質から行われます。

 

エアロバイクは前傾姿勢で時間は30分以上

エアロバイクをこぎ始めてから、20分を境に、脂質の消費量が糖質をひっくり返して増えていきます。

10分程度の運動でも、「全く脂肪が燃焼されない」ということはありません。

しかし、効果的に痩せるなら、30分程度の時間はエアロバイクで運動をするようにしましょう。

 

エアロバイクをこぐ姿勢は、特に大事です。

背筋が直立していると、足だけの運動になってしまいます。

前傾姿勢で、お尻の筋肉も使うように、意識をして、こぐようにしましょう。

ダイエットのためのエアロバイクは、全身運動となるように、姿勢に注意をしてください。

 

 

エアロバイクのダイエットでは頻度が大事

頻度は、何回行うかということです。

毎日行うのが、本来理想的です。

 

エアロバイクダイエットの理想は毎日、少なくとも週に3日

決めた目標までの達成をするのは、毎日行う方が当然結果は早くなります。

少なくとも、週に3日は、行うようにすることです。

3日以上空いてしまうと、効果が薄らいでしまいますので、1日おきに行うのが良いです。

 

ダイエットには、有酸素運動が有効です。

そのためには、あまり負担をかけすぎてはいけません。

負担を重くし過ぎると、筋トレになって、スムーズに脂肪を燃焼できないのです。

慣れてくるまでは、軽めに設定して、徐々に自分に負担を合わせるようにしましょう。

 

 

エアロバイクのダイエットでは速度が大事

エアロバイクでダイエット効果を期待するには、速度が重要要素です。

エアロバイクをやろうとするときに、負荷がかかる方がいいだろうと考え、ペダルを重たく設定し、必死に漕いで、速度をあげてしまう人がいます。

残念ながら、それではエアロバイクのダイエット効果は、得られにくいです。

エアロバイクは、有酸素運動です。

 

有酸素運動は、負荷を強くして筋肉をつける運動ではあります。

軽い負荷で長時間続けることで、脂肪燃焼を狙う運動です。

ですので、エアロバイクでは、負荷を軽めに設定して、速度は時速15〜20km程度にして、長時間続ける方法が、ダイエット効果を得やすい方法です。

 

 

スポンサーリンク

エアロバイクとランニング、ダイエットにおすすめなのは?

エアロバイク ダイエット 姿勢

 

結論から言えば、エアロバイクの方が、ランニングよりもダイエットにおすすめです。

 

エアロバイクダイエットには心拍数を図る機能

ダイエットでランニングよりも、エアロバイクをおすすめする理由は、エアロバイクには、心拍数をはかる機能がついていることが大きいです。

効率的に脂肪を燃焼させるには、心拍数を管理することが欠かせません。

エアロバイクは心拍数を画面に映せるので、理想的な状態を保ちながら運動ができるのです。

 

運動中に心拍数をはかる人はあまりいません。

でも、驚くような効果を得るためには、心拍数の測定が重要。

エアロバイクでは、体重を落としやすい最適な心拍数を保ちながら運動できます。

そのため、ダイエットのための運動が、効率的にできるのです。

そういう意味では、エアロバイクの方がランニングよりも優れているといえます。

 

ランニングダイエットは、雨や雪がネックに

カロリー消費量だけでいえば、ランニングの方が多いのは事実です。

例えば、50kgの人が30分エアロバイクを乗れば、約110kcal。

一方、ランニングは同条件で、約220kcalです。

ただ、ランニングの場合、雨や雪がネックになります。

特に、雪のある地域では、足元が滑りやすく、ランニングには向いてない季節があります。

さあ、走ろうと、家から外に出て、雪で足元が滑る安くなっていると

気持ちがなえてしまいます。

継続するためのネックになってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

エアロバイクでダイエットを成功させたいなら

エアロバイク ダイエット 効果なし

 

「エアロバイクはダイエットに効果なし!」

こう思っている人にお伝えします。

それは間違いです。

エアロバイクは、痩せやすい運動の1つです。

 

例えば、消費カロリーが高いことが挙げられます。

体重50kgの人が、エアロバイクで60分運動をすると、約300kcal消費できます。

一方、ウォーキングだと、同条件で約160kcalです。

かなりの差があることがわかりますよね。

効果なし、なんてことはあり得ません。

 

また、ランニングと比べてもエアロバイクは効果的です。

なぜなら、ランニングは膝を痛めることが多く、挫折しやすいです。

ところが、エアロバイクでは、下半身を痛めることがありません。

そのため、ダイエットが続けやすいのです。

 

さらに、筋肉がつきやすい下半身を鍛えられるので、効率的に基礎代謝をアップできます。

つまり、エアロバイクは効果なしどころか、極めて有効な運動なのです。

 

 

エアロバイクでダイエットを成功させる|時間は30分程度・負荷は軽めに!

エアロバイク ダイエット 効果なし

 

では、エアロバイクで効果なしという人は何が悪いのかというと、それは取り組み方です。

取り組み方さえ正しくすれば、ダイエット効果を実感しやすくなります。

例えば、効果なしと感じている人は、運動の時間に問題があります。

実は、運動は20分以上しないと、ダイエット効果が出にくいのです。

 

運動を始めたときは、糖質がエネルギーとして消費されます。

そして、20分を超えたあたりから、徐々に脂肪がエネルギーとして消費されるのです。

つまり、エアロバイクによる運動が毎日20分未満では、ほとんど効果なしなのです。

エアロバイクを漕ぎ出したら、最低30分を目標にするとよいでしょう。

 

また、ペダルを重くしすぎるもの「効果なし」を招きやすくなります。

ペダルが重いと、長時間の運動をしにくくなります。

すると、脂肪をスムーズに燃焼させられないのです。

さらに、筋肉痛を起こすリスクも上げてしまいます。

筋肉痛になると運動から遠ざかってしまうので、結果的に効果なしと感じてしまうのです。

はじめは軽めから、少しずつ強度を上げるようにしましょう。

 

 

エアロバイクダイエット効果なし?効果を得るには時間がかかることも

エアロバイク ダイエット 効果なし

 

エアロバイクによるダイエットで効果を出すには、時間がかかる場合があります。

そのため、結果を急ぎ過ぎて、効果なしと判断する人もいます。

これには注意が必要です。

エアロバイクダイエットでは、2~3週間で簡単に効果が出るものではないのです。

 

例えば、1kgの体脂肪を落とすためには、約7200kcalも消費しなければなりません。

上記で説明した通り、50kgの人なら、60分漕いで300kcalです。

単純計算ですが、エアロバイクで1kg体脂肪を落とすには、24時間必要です。

 

仕事や勉強が忙しかったりすれば、毎日エアロバイクでダイエットをするのは難しいでしょう。

そうすれば、なかなか短期間で効果を出すのは難しいのです。

短期間で効果を出すのではなく、少し長い目でダイエットするようにしてみてください。

そうすれば、効果なしと思えたエアロバイクで、痩せられるようになりますよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

エアロバイクはダイエットに適した運動です。

いつでも手軽に有酸素運動ができる上、最適な心拍数を把握しながら運動ができます。

他の運動では、なかなかここまではできません。

エアロバイクが、ダイエットに効果がないと思っている方は、勘違いをしているかもしれません。

やり方を間違えているのかもしれません。

 

 

関連記事一覧

  1. ダイエットで痩せる
  2. ダイエットの運動はタイミングと時間が大事!食後~就寝とおすすめ毎日筋トレ
  3. ダイエットには有酸素運動が不可欠!効果を発揮する10の有酸素運動
  4. ジョギングダイエットで痩せない原因とは?正しい方法はコレ!
  5. ダイエットで走る|成功させる効果的な方法
  6. ランニングでダイエット効果を成功させるには時間・頻度・筋トレが重要
  7. エアロバイクで効果をだす姿勢は前傾!姿勢と速度 ★当記事
  8. 自転車ダイエットで痩せないのは方法に間違いがあるかも?
  9. ダイエットウォーキングで効果を出すポイント||時間・速度・距離
  10. ヨガはダイエットに効果的なのか!
  11. ダイエットの効率を高められる水泳ダイエットの効果とは
  12. 縄跳びダイエットの効果?期間はどれくらいで?
  13. トランポリンダイエットは楽だが辛い!効果的なのでおすすめ!
タイトルとURLをコピーしました