注目キーワード

英語にもあります早口言葉

この記事でお伝えすることは次の通りです。

〇 英語の早口言葉の使われかた

〇 英語の早口言葉の例

こちらの記事を読んでくださいますと、「英語の早口言葉」についてご理解いただけます。

それでは、ニュージーランド在住17年、通訳をしています<うらん>が解説いたします。

 

 

英語の早口言葉について

早口言葉
英語の早口言葉

 

日本語に「なまむぎなまごめなまたまご」「とうきょうとっきょきょかきょく」などの早口ことばがあるように、英語にも早口言葉があります。

 

早口言葉の使われ方とその例

早口言葉は、英語ではTongue twisters (タンツイスター)と呼ばれています。

言いにくい言葉を早口で話す言葉遊びで、発音と流暢さを練習して改善するための素晴らしい手段となります。

また1つの音の繰り返しである頭韻法を利用し、アクセントを改善するのにも役立ちます。

子供だけではなく、俳優や政治家など、明瞭な話し方を訓練したい人も利用しています。

 

これらの意図的に話すことを困難なかたちにした表現は、19世紀に流行りました。

アメリカのサイエンスライターであるウィリアム・パウンドストーンは、“The seething sea ceaseth and thus the seething sea sufficeth us.”が「一般的な英語の中で最も難しい早口言葉」であると主張しています。

 

人気の早口言葉である”She sells sea shells” は、もともと1850年に言い回しの練習として出版され、1895年にこれらの独特な表現に「タンツイスター」という用語が適用されました。

また“She sells sea shells” は、1908年にイギリスのソングライターのテリー・サリバンが作詞を担当し、ハリー・ギフォードが作曲をした歌に使われ人気となりました。

 

She sells sea-shells on the sea-shore.

The shells she sells are sea-shells, I’m sure.

For if she sells sea-shells on the sea-shore

Then I’m sure she sells sea-shore shells.

 

英語の早口言葉の多くは、頭韻とリズムの組み合わせを使用しています。

音節間で舌の位置を変える必要のある2つ以上の音のシーケンスがあり、同じ音が異なるシーケンスで繰り返されます。

この代表的な例が、“Betty Botter”の歌です

 

Betty Botter bought a bit of butter.

The butter Betty Botter bought was a bit bitter

And made her batter bitter.

But a bit of better butter makes better batter.

So Betty Botter bought a bit of better butter

Making Betty Botter’s bitter batter better

 

同じ言葉がたくさん使われている英語の早口言葉もあります。

その代表例が“Fia’s Woodchuck”です。

 

How much wood would a woodchuck chuck.

If a woodchuck could chuck wood.

He would chuck as much wood as a woodchuck could chuck.

If a woodchuck would chuck wood.

About 700 pounds.

 

 

次の英語の早口言葉は、1979年のGames Magazine (ゲームズ・マガジン)のコンテストで「大賞」を獲得しました。

Shep Schwab shopped at Scott’s Schnapps shop.

One shot of Scott’s Schnapps stopped Schwab’s watch.

 

 

幾つかの英語の早口言葉は単語、または短いフレーズの形をとり、できる限り速口で繰り返します。

Six sticky skeletons. (繰り返し3回)

Which witch is which? (繰り返し3回)

She sees cheese. (繰り返し3回)

Stupid superstition. (繰り返し3回)

Eleven benevolent elephants. (繰り返し3回)

Truly rural. (繰り返し3回)

 

Yellow Lever, Red Lever.

The sixth sitting sheet-slitter slit six sheets.

Irish Wristwatch, Swiss Wristwatch.

Pad kid poured curd pulled cold.

Peggy Badcock.

Old Mother Hunt had a rough cut punt

Not a punt cut rough,

But a rough cut punt

.

 

2013年、アメリカ音響学会会議で心理学者は、 “Pad kid poured curd pulled cod”がこれまでで最も難しい早口言葉であると主張しました。

 

また、面白いものでは次のような英語の早口言葉があります。

All I want is a proper cup of coffee,

Made in a proper copper coffee pot

I may be off my dot

But I want a cup of coffee

From a proper coffee pot.

 

Tin coffee pots and iron coffee pots

They’re no use to me –

If I can’t have a proper cup of coffee

In a proper copper coffee pot

I’ll have a cup of tea.

 

What a to do to die today

At a minute or two to two

A thing distinctly hard to say

And harder still to do.

 

For they’ll beat a tattoo at twenty to two

A rat-tat-tat-Tat-tat-tat-Tat-tat-tat-too

And the dragon will come when he hears the drum,

At a minute or two to two today

At a minute or two to two.

 

次のような比較的簡単な英語の早口言葉もあります。

 

I slit the sheet, the sheet I slit, and on the slitted sheet I sit.

If you notice this notice, you will notice that this notice is not worth noticing.

Nine nice night nurses nursing nicely.

I like New York, unique New York, I like unique New York.

Four fine fresh fish for you.

関連記事

この記事でお伝えすることは、次の通りです。〇英語の「Thank you」という言葉の起源〇日本とは少し違う英語の「ありがとう」の使われ方〇Thank you 以外の英語の「ありがとう」の色々な表現方法[…]

英語 ありがとう

 

まとめ

 

英語の早口言葉は、ネイティブスピーカーであっても、迅速に繰り返し発音することが難しい単語のシーケンスです。

いくつかの英語の早口言葉は、娯楽のために作られていますが、一方で、俳優、政治家、テレビ/ラジオのホストなどのプロのスピーカーによって、話し方の訓練のために使用されています。

関連記事

この記事でお伝えするのは次の通りです。・よろしくお願いしますという挨拶を使う場面・よろしくお願いしますに該当する英語の表現  こちらの記事を読んでくださいますと、「よろ[…]

英語でよろしくお願いします
早口言葉
最新情報をチェックしよう!