注目キーワード

営業メール|アポとお礼と売り込みしないメールの書き方の秘訣

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

・売上成績を上げるための営業メールの書き方

・メールの文章力を身に付ける方法

 

以前の営業と現代の営業の最も大きな違いは、顧客とのコミュニケーションが、「メール主体」になった事です。

営業が顧客と、電話でコミュニケーションを取ることは、今でも大事なことです。

しかし、今の時代の顧客は、知らない番号の電話には、出なくなっています。

 

電話の繋がる率が、とても低くなっています。

中には、知っている番号にされ、電話に出なくなっている。

そして、LINEで返信します。

「何か用事?」と返信するのです。

 

営業は、メールで顧客とコミュニケーションを取ることを、身に付けないと、売上成績をアップさせていくことは、困難な時代です。

この記事では、営業のメールにスポットを当てて解説しています。

 

 

営業メールでアポとお礼

営業 メール アポ お礼

 

お伝えすることは、メールのマナーではありません。

営業がアポ取り・成績アップ・売上アップを目指すために、メールを書くことに特化しています。

 

営業メールでアポとお礼|顧客の気持ちに合わせる

営業メール アポ お礼

 

営業がメールを書くことで、望んでいることは、次の2点です。

1)商談のアポが取れること

2)競合があるなら、当社を選んでもらえること

 

では、顧客が営業に望んでいることは何か。

それは次の通りです。

1)しつこくされないこと

2)自分が知らないことをおしえてくれること

3)誠実で、小まめで、熱意があること

 

両方の立場で、望んでいることには、違いがあります。

営業は、顧客が望んでいることのあとのステップのあとに、

営業の望んでいる方向へと進むことを理解しないといけません。

 

営業メールに限らないが、「売り込み一辺倒」のアプローチだと顧客に感じられてしまうと、

その先のステップへと進んでいけません。

 

営業メールを書くことで、顧客にとって、「誠意があり、小まめで、熱意がある。

そして知らないことを教えてくれる存在」と思ってもらえる事が重要な秘訣になります。

関連記事

営業経験40年の現役社長が解説します。以前、「営業のコツおしえます「心理学編」」で心理学に触れました。今回は、パート2として「営業に応用できる理由」と具体的心理学テクニックにふれて解説します。 &n[…]

営業 心理学

 

営業メールでアポとお礼|しつこいと熱意の違い

営業 メール アポ お礼

 

顧客は、営業に「誠意があり、小まめで、熱意があること」を望んでいます。

そして「しつこくされること」を嫌がります。

 

では、営業から届くメールの数が多い場合、顧客は、どちらに感じるのか。

営業メールは、しつこいのか、小まめで熱意があるのか。

 

その違いは、営業メールに書かれている内容に違いがあります。

シツコイと思われるのは、メールの度に、営業が自社の商品・サービスの内容についてばかりを書いて、メールで顧客に決断させようばかりしていているからです。

 

小まめで熱意を感じるメールも、実は回数(頻度)は多いです。

最低でも、毎月1〜2回は送られてくる(顧客からの返信が無くても)のです。表面的には、シツコイ営業メールと変わりません。

 

では、小まめで熱意を感じるメールには、何が書いてあるのかというと、営業的なことは書かれていません。

あえて書かないのです。もちろん、最後のクロージングに近い段階であれば、別です。

 

そうでは無い段階では、御用聞きみたいなものです。

あまりにも無関係なことでも、おかしく思われますので、業界のこと地域のことなど、何か関連性の多少あることを個人的なメールマガジンのようにして、送るのです。

この営業メールが、あなたの人柄を顧客の中に、育てていきます。

顧客の中に、「進めるとき」が来たときに、あなたは顧客から「指名」を受けます。

関連記事

・電話の雑談で信頼関係を作る・メールを定期的に送り続けることで、お客さんのそばにいることを伝える・手紙でフォローする・ハガキでサポートする  営業で実績を作って[…]

顧客 メール

 

 

営業メールでアポとお礼|売り込みはしない

営業 メール アポ お礼

 

メールの文章力の無い営業は、今後の仕事は相当に難しいです。

何故かといえば、文章力の無い営業は、すぐに売り込みをするからです。

そして、売り込みメールがシツコイと断られるからです。

 

すでに、メールを書いても、全然ダメと言っている人は、文章力と構成力に問題がある可能性が「大」です。

 

営業メール|文章力をつける

営業 メール アポ お礼

 

営業メールといいましても、文章を書く力は必要です。

商品の宣伝や「そろそろ買いませんか」的な内容のメールは、顧客に嫌われます。

 

様々な情報の中から、顧客に理解しやすいように、咀嚼して教えてあげると、顧客は喜びます。

その為には、あなたのメールの文章力が重要課題になります。

 

ただ、この課題の解決策は、比較的簡単です。

良い文章に、たくさん触れることです。

簡単に言えば本を読むことです。

 

アスリートが、良いフォームのビデオを、何度も何度も見て学ぶトレーニングに近いです。

良いものにたくさん触れると、良い形を覚えます。

 

営業メール|本を読むことが大事

先ずは、手本となる文章を読むことです。

最近は、気軽に聞けるオーディオブックがあります。

オーディオブックは、文章力を付けるという課題に対しては、おすすめしません。

文章力を身に付けるには、「文字」を読まないといけません。

 

色々なジャンルの本で構いません。

文字を読むことです。

文字を読むことを継続していると、自分から発する文章も言葉づかいや文章の構成も、肌感覚として身についてきます。

 

営業メール|変な日本語を使わない

もちろん、「書き方スクール」などで、勉強する方が、進化は早いと思います。

時間が取れない営業マンは、スクールを先送りしてしまいます。

ですから、今からすぐに始められることが良いのです。

 

興味のあるジャンルで良いと思います。

たくさんの文章に触れることです。

関連記事

あなたがもし営業の仕事をしているのなら、この記事が仕事の役に立つはずです。もし、ベテランならば、思い当たるかも知れない。未だ新人ならば、顧客を説得するのは、いかに大変なことなのかに早く気づいた方がいい。 […]

営業 コツ 心理学

 

営業メールは構成から書く

営業 メール アポ お礼

 

メールや文書を書き慣れていないと、どういう順番で書いていいのかがわからないという人がいます。

それなら、メールを書くと書くときは、構成から書いていくことです。

つまり全体の文章の流れを、最初に決めることです

白紙から書き始めると、慣れてない人はなかなか大変。

 

何を書く、どういう順番で書く、などの外枠を決めるのです。

 

例えば、

まず挨拶があり、

次に本日のメールの主題(目的)があり、

その次に背景とか原因等があり、

その他の情報、および当社あるいは自分自身の売り込みは最後のほうに少しだけする、

 

そんな流れの大枠ををまず最初に決めることです。

そして次に、大枠のそれぞれの中で、細かくする部分があるのなら、何を書くのかを、先に決めておくのです。

 

そして、いよいよ、その項目ごとに沿って書いていくのです。

関連記事

営業という仕事について、解説しています。筆者の40年の営業経験からの学びについて、いくつかの切り口から解説しています。営業という仕事がどんな仕事なのか、理解して頂けると思います。  営[…]

営業 仕事

 

まとめ

 

売上アップするための営業メールの書き方は、以下の通りです。

・顧客の気持ちに合わせて、書く事。

・商品やサービスの内容を書かない。

・文章力を身に付ける

・メールは、まず外枠=流れを決めてから、書く

営業 メール アポ お礼
最新情報をチェックしよう!