仕事

営業の仕事内容について

スポンサーリンク
不動産仲介業はフリーランスへ仕事

営業という仕事に特化し、その内容について紹介しています。

今後今後、テレワーク・AI化・自動化が進む中で、営業という仕事がなくなることはありません。

ただし、今までの営業のやり方は変わっていくことと思います。

営業という仕事の内容について、様々な角度から筆者の40年の営業経験を通して紹介してまいります。

 

 

スポンサーリンク

不動産仲介営業は営業代行フリーランスに向かっている

不動産仲介業はフリーランスへ

今後、会社に所属する営業という職種は無くなるかもしれません。

ただ、営業という仕事がなくなるわけではありません。

顧客が、商品やサービスを選択する際に、全てを自己責任で選んでいくことは、困難だからです。

まして、不動産業などの専門知識を要する高額商品については、今後も営業の役割は必要になるでしょう。

しかし、会社に所属する営業という働き方は、無くなっていく可能性が高いです。

より、専門性の高い営業職の仕事として、残っていく可能性が高いです。

それがフリーランスという形態の方向へと進んでいくことが考えられます。

詳しくは本文下のリンクからご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

不動産仲介営業のコツ|仕事内容

不動産仲介営業のコツ

このページでは、不動産仲介営業を目指す方や、まだ経験の浅い方に向けて、具体的な仕事内容について解説しています。

不動産仲介の仕事を成功させていくための方法や具体的なコツについて、紹介しています。

短期検討客・長期検討客では、営業の対応の仕方も異なります。

当記事を読んで、今日から実践していただければ、競合に対して、勝ち残っているコツも身につくはずです。

インターネットをどのように利用していくのかが、重要です。

不動産仲介業に限りませんが、インターネット以前は、各社の商圏は非常に小さいものでしたが、現代のように誰もが日常生活の中で、インターネットを自在に使えるようになってから、商圏が拡大され、ビジネスチャンスが増えました。

その代わりに、多くの会社との競合が増えました。

競合に勝ち抜けていかなければ、存続していけないのです。

詳しくは本文下のリンクからご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

不動産営業の年収は高い

不動産営業 年収 高い

不動産営業の年収は、歩合制を取り入れてる会社が多いこともあり、他の業種から比べると、実際に高いとされます。

不動産業に転職して、数年後に年収1000万円を超える収入になったという事例も、特に珍しいことではありません。

同じく、年収が高い仕事としては、生命保険の営業職もまた高いです。

当然ながら、その分、一般職よりもハードな仕事の一つです。

ただ、一般職では、転職して数年後に高収入を得られるという選択があまりありませんので、もし仕事をする上で、経済的な働きがいを求めるのでしたら、生保業や不動産業の営業職は、おすすめの業種です。

専門知識を身につけることや、数字とのプレッシャーなどがありますが、基本的に営業という仕事は、科学でありますから、正しい行動を積み重ねていけば、誰でも可能な仕事です。

営業がうまくいかないという人は、正しい行動を積み重ねることができていない場合がほとんどです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

AI化や自動化が、今後もどんどん進んでいくことになります。

お店に行かずに、あるいは営業マンに会わずに、商品やサービスの購入ができるように、変化を続けていきます。

しかし、不動産や保険のように、高額商品やサービスについては、法律などの専門知識も必要であり、顧客が自己責任で、全てを選択することは、今後も難しいです。

ですので、高額商品の営業マンは、今後も必要性があり、残っていきます。

ただし、会社員としての営業は少なくなり、保険のようにフリーランスとしての営業の働き方に変化していくでしょう。

 

 

詳しくはこちらから

  1. 営業という仕事
  2. 営業の仕事内容について ★当記事
  3. 営業力はツールとコツの掛け算から生まれる
  4. 営業マンの成功|ツールやスキルだけじゃない!見た目要素が重要!
  5. 不動産仲介営業は営業代行フリーランスに向かっている
  6. 不動産仲介営業のコツ|仕事内容と対策
  7. 不動産営業の年収は高い!転職で年収1000万円も珍しくはない!
タイトルとURLをコピーしました