仕事

営業は楽しい?そう思うのは業界によるのか?会社?実は人

スポンサーリンク
営業 楽しい仕事
営業 楽しい

筆者は営業人生、約40年。

営業は楽しいだろうか、そう思ったことがあったか、記憶の中をぐるぐると探してみた。

 

感覚が違うのだろうか。

楽しいかどうか、具体的に思い出せない。

でもやめないで、やってきた。

 

では、なぜ40年も、営業をやってきたのか。

それは「面白いからです。」

「営業は面白いです。」

もしかすると、楽しいと同じ意味なのか?

 

筆者が40年も営業をやってきた理由が伝わるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

営業は楽しい!そう思うのは業界なのか・会社なのか?実は人による

営業は楽しい!

 

営業が楽しいって、思う人は少ないと思う。

ただ、少し長くやっていくと気がつく瞬間は来る。

 

壁に当たって、「辛いな」「辞めたいな」と思ってる人には、「楽しい」なんて思いもつかない。

筆者もそうでした。

 

でも、時々感じることがある。

やっぱり営業の仕事って、他の仕事にはない面白さって強力にあります。

それが楽しいになるかもしれない。

 

業界や会社によっては感じるのか

業界によって、たしかに違いは、多少はあるかもしれない。

会社によっても、その違いは、あるかもしれない。

筆者自身、異業種の経験もしてる。

もちろん同業他社への転職も経験してる。

 

多少はあるが、やっぱりエンドユーザーを相手にする営業ならば、きっとお客さんが、こちらの想定以上に喜んでくれる経験をすることがある。

おまけに、120%真摯に向き合えたか、自信のない自分に感謝してくれる。

社交辞令の感謝は、たくさんある。

でも、ときどき、想定以上に感謝してくれる人に、会う事がある。

 

まるで、絵に書いたような美しい話だが、営業を何年もやってる人は、その経験をしてるはずだ。

多分、だから辛い営業をやめられない。

 

よくあるパターンでは、営業から事務へ転職する人がいる。

しかし、結局欲求不満におちいって、また営業に戻るのです。

なんの欲求不満なのか?

目の前でお客さんが、心から喜んでくれているんだな、という瞬間が事務職にはないので、その欲求不満なのです。

 

そのうち、営業が面白くなり、好きになり、楽しい気持ちを感じる瞬間が増える。

だからやめられないし、やめても戻ってきてしまう。

営業という仕事にだけ、与えられた特別な瞬間です。

眼の前でお客さんが喜ぶ顔を見る頃が出来る仕事は、営業にしかない特権です。

 

営業は、まずは売れてなんぼ、です。売れると、楽しい。

営業は売れないと楽しくないです。

ただし、売れるための近道はないです。

 

よくいる営業のタイプにこういう人がいます。

「どうしたら売れるようになりますか」と聞いてくる人。

営業経験者として、その道のプロとしてアドバイスします。

「じゃあ、こうしてみたら・・・」

 

でも、多くの人は、それをしないです。

行動しないですね。

せいぜい一日、ひどい場合は、数時間、やってみて、やめてしまいます。

それは、売れないで、逃げてしまう営業の典型です。

その人たちは、営業が楽しいことを知らない。

 

行動をしないで、売れるようになる?

そりゃ、無理でしょ。

大体の場合、次の瞬間に、「できない理由」「やらない理由」を考え始めます。

 

大した行動もしないくせに、自分は営業に向いてないかも、とか考える。

それは違いますよ。

成功するように、うまくいくように、努力する気がないのだと思います。

 

まず、3ヶ月でも6ヶ月でも1年でも、営業の成果を出すための行動を、真剣にやり続けることです。

本当に真剣に、人の声に耳をかけ向けて、受け入れて、やり続ける・行動をし続けて、営業の成果が出せないということは、ありえない

 

 

要領が悪くて、営業成績が上がらない。楽しい気持ちになれない。

世の中には、調子がいいやつ、軽い奴、っています。

君の同僚にいませんか?

おまけに、上司や先輩に取り入るのが上手い。

よく分からないが、そこそこの成績を上げてくる。

 

こっちは、人見知りの口下手で20年以上、生きてきた。

彼らみたいに、調子良くできない。

先輩に対しても、気の利いたこともほとんど言えない。

(これは、筆者が社会人になった頃のことです。)

 

 

営業は大変だよね、という人に教えてあげたい

確かに、営業の仕事は大変ですよ。

しかし大変じゃない仕事って、誰かのためになってあげられていない仕事って、逆に本当にきついです。

 

だから、工場で何かを製造していても、その商品を使ったり食べたりして、喜ぶ人の笑顔をみることが出来るチャンスは、殆どない。

工場の仕事を大変じゃないというつもりはないが、営業の仕事と比べれば、時間がものすごく少ないです。

 

筆者は、その頃の自分に言ってあげたい。

「大丈夫だって。個性が違うだけだ。お前の良いところを理解してくれるお客さんは、ちゃんといるから」

「諦めずに、逃げずに、コツコツやり続けることだ。」

事実、社会人初の営業のスタートは、散々な目にあいました。

しかし、そこから5年くらい後に、筆者はあるジャンルの営業成績で、北海道地区で1番になった。

やっぱり、営業は売れると、単純に嬉しくなり、楽しい気持ちになります。

 

面白いのは、同期入社の調子のいいやつは、その後は平凡なその他大勢の一人になっていたことだ。

辛い・苦しいを知らないで、調子の良さだけで、営業をしていた彼らは、厳しい未来になっていくのみでした。

 

筆者が社会に出て、営業職に就いた。

最初はひどい営業だった。

ほとんどブービーだった。

でも、なぜか、逃げずに、諦めずに、やり続けていた。

そのうちに、だんだんと出来るようになった。

(筆者はそのあと東証一部上場企業の営業管理職となり、独立して会社社長となった)

 

営業が楽しくなるには、売れないといけない。

売れるようになるには、自分の体を使って、何度も失敗を繰り返すことです。

早く失敗を重ねることが、売れるようになる秘訣です。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

筆者は、営業は面白いと思っています。

それは、楽しいということでもあります。

 

辛いことはたくさんあります。

失敗もたくさんします。

でも、失敗した時のイヤな気持ちから逃げずに、成果を上げることに向かって行動を続ける(ここが最重要)ことが、売れる営業=楽しい営業になる秘訣だと思います。

日々失敗する・また考えて行動を重ねる、これをやり続けるだけです。

向いてるとか向いてないとか、考えるのは無駄です。

意味のないことです。

 

よく考えた良い行動を続けていれば、営業の成果は必ず上がるようになる。

営業の成果が上がると、評価が上がる。

それでもまだ続けると、給料が上がる。

職位も上がり、さらに給料は上がる。

やっぱり、営業は面白い、楽しい、と思う。

 

タイトルとURLをコピーしました