営業・仕事

営業のスーツ|売れる営業マンの選び方と着こなし

営業のスーツ 選び方営業・仕事

営業マンでもおしゃれにこだわり、スーツ選びをしたいという人もいるでしょう。

しかし、この記事で解説するのは、売れる営業マンとしてのスーツの選び方です。

自分をおしゃれに演出するのではなく、営業マンのスーツとして、選び方や着こなしについて、気をつけるポイントについて解説します。

 

 

営業のスーツは商談場面の重要アイテム

スーツ

営業が売れる営業マンを目指すのであれば、スーツの選び方や着こなしは、重要なポイントになります。

それは、自分のおしゃれのためではなく、顧客から信頼されるためです。

そして、顧客からの信頼度を高める事で、営業成績にも関係してくるからです。

 

営業の商談場面では、当然、営業のトークや資料も商談の重要な要素です。

しかし、商品やサービスについて素人である顧客は、トークや資料の全部を理解しているわけではありません。

実は、営業の外見から感じ取っている要素が、かなり重要なのです。

 

ですから、売れる営業マンになる人は、身だしなみや清潔感に、注意をしています。

どんなに素晴らしい営業トークと完璧な営業資料があったとしても、体に寸法があっていないシワの寄ったスーツを着ている営業マンが話しているのでは、その商品・サービスの内容も、怪しく感じられてしまいます。

 

ですから、売れる営業マンになるために、今よりも良い成績を上げられるために、そして顧客に安心して選んでもらえるために、営業は自分のスーツや身なりに、注意をしないと営業として損をします。

 

 

営業マンのスーツの選び方の大原則は「サイズ感」

スーツ

実は、スーツ選びには、最も重要なことがあります。

確かに、デザインも、色も重要です。

こだわる方なら、生地に対しての思い入れもあるかもしれません。

 

しかし、外国製の高級生地のスーツであっても、サイズが合っていないと、みるも無残な姿になってしまいます。

ですから、これからスーツの購入を検討するならば、一番重視する事は、「サイズ感」です。

 

何もオーダースーツでなければ、ダメということではありません。

しかし、残念なことに、太ってしまって、既製服では寸法が合わないために、オプションで修正代金で、かなりのお金を支払う場合があります。

「もとの代金と合わせて、5万円を超えた」という話も聞いたことがあります。

今は、5万円台でも、イージーオーダーで、自分の体のサイズに合ったスーツを作ってもらえます。

 

きっとあなたの周りを見渡すと、何人かの同僚や先輩の中に、高級なスーツらしいのに、そうは見えない人がいるはずです。

それは、サイズが合っていなかったり、スーツを大事に扱っていないために、ヨレヨレになっているからです。

 

また、それとは真逆の同僚もいるかもしれません。

「なんだか良いスーツ着てる」と思って、聞いてみたら、量販店の値段の高くないスーツだったり、という経験はありませんか。

その人は、既製服の中で、自分の体のサイズにあったスーツが見つけられた人です。

 

営業女性のスーツはどうなの?

女性 スーツ男性も女性も、基本的な重要要素は、同じです。

サイズ感が、重要要素です。

色やデザインにこだわる前に、まずサイズ感です。

 

既製品のスーツに、無理なリフォームををするよりも、結局大きな価格差のないイージーオーダーで、体のサイズに合ったスーツの方が、見た目が良いです。

見た目が良い事は、冒頭に解説したように、営業のスーツとして重要なポイントです。

既製品のスーツを直したものは、部分的な無理ある部分が残っています。

差額が、数千円から1万円ほどの違いで、イージーオーダーが可能ですので、よく調べるべきです。

 

 

営業ならスーツの色は何がいいの?

黒系 スーツおしゃれとしてのスーツの色選びと、営業マンとしてのスーツの色選びは、異なります。

おしゃれは、自分のためにする事です。

自分の目を通して、良さを感じることが基準です。

 

営業マンとしてのスーツの色選びは、異なります。

それは、自分の目を通して、選ぶのではありません。

顧客の目に、どう映るのかです。

その基準で、スーツの色を選ぶのが良い選び方です。

 

おしゃれさではなく、顧客が感じる信頼度で選ぶ場合、スーツの色は、明るいグレー系よりも、柄の入った生地よりも、シンプルで落ち着いた生地を選ぶ方が、信頼度は上がります。

営業としてのスーツ選びを考えるのであれば、基準は顧客からの信頼度です。

おしゃれさではありません。

 

営業のスーツの選び方は顧客目線で選ぶべき

営業マンとしてのスーツの選び方は、無地か淡いストライプが、顧客に好印象を与えます。

クッキリしたストライプや柄がはっきりしたものは、よくありません。

それは何故かというと、人間の目の不思議な部分です。

 

人間の目は、違和感に目が注目するようにできています。

ですので、シワがよったスーツやワイシャツは、「違和感」として、目に止まります。

サイズが合っていなくて、ヨレヨレになっているスーツも同じです。

同様に、柄やストライプがクッキリしたスーツの生地も、違和感として、目に止まります。

 

営業として、扱う商品にもよりますが、信頼を顧客にアピールして、成績を上げたいと考えるなら、黒系のスーツや濃いめのネイビーが、商談場面にあっています。

ですので、スーツの色を選ぶときは、自分のオシャレ感で選びたいと思うところですが、営業のためと考えるならば、顧客目線を考えるべきです。

 

 

営業マンはスーツは何着持っていれば良いのか

スーツは、大事に扱うと、長く持つものです。

しかし、作業服程度にしか、考えない人もいるのが事実です。

実際、営業のスーツは、作業服としての側面もあるのかもしれません。

しかし、家に帰った時に、スーツを休ませてあげるようにすると、ヨレヨレ状態にもなりにくいですし、長持ちもします。

 

スーツの着こなしが悪い人は、何でもかんでも、スーツのポケットに詰め込みます。

しかも、最悪なのは、ポケットに入れた手帳やペン、名刺入れなどをポケットに入れたままの状態で、ハンガーにかけて吊るしてしまうことです。

スーツに、色々なものを詰め込んだまま、ハンガーに吊すのは、形崩れ・ヨレヨレスーツの始まりです。

 

その上で、スーツは何着持っていれば、足りるのかを考えるべきです。

スーツのポケットに何も入っていない休息の日を作ってあげるのでしたら、最低2着ということになります。

理想としては、クリーニングに出す時もありますので、できれば3〜4着持っていると、スーツはいつも休息の後は、形が崩れずに長持ちしてくれます。

 

 

営業スーツの値段はいくら位と考えれば良いのか

営業スーツの値段の考え方は、それぞれの予算もありますので、様々です。

まずは、ご自分の懐事情との相談になります。

 

ただ、誤解があるのは、「オーダーは高い」という発想です。

確かに、フルオーダーは、上限はないので、高くなると思います。

しかし、イージーオーダーならば、意外に低価格であることに驚くかもしれません。

 

既製品のスーツでも、5万円や10万円という価格のスーツがあります。

良い生地で仕立てられたスーツもあります。

しかし、見た目だけで良い生地だとわかるのは、光沢感です。

見た目だけでは、生地の質感はわかりません。

もちろん、触るとすぐに分かります。

ですので、写真で見たり、数メートル離れた距離感で見る時には、なかなかわかるものではありません。

 

結論を言えば、金額は問題ではないので、

体のサイズに合ったスーツを選び、

顧客目線で、色や柄を選ぶ

そして、一日着たら、一日以上休ませてあげることが

営業マンのスーツの選び方であり、着こなしの重要なポイントです。

 

タイトルとURLをコピーしました