転職

外資系企業へ転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の違い。 

外資 転職転職
外資 転職

外資系企業は、日系企業と比べ働く環境が大きく異なります。

そのため、転職後その違いに戸惑うことも多いようです。

転職後に後悔しないためにも、転職前にその違いを知っておくことが重要になります。

 

この記事でお伝えすることは次の通りです。

  • 外資系企業は、転職後、すぐに成果を求められる傾向があります。
  • 日系企業は、成果を出せるように、ある程度時間をかけて教育を行う傾向があります。
  • 仕事の考え方について、外資系企業は成果主義を取っています。
  • 他方で日系企業は、年功序列主義を取っているという違いがあります。
  • 残業を含めた労働時間への考え方が、外資系企業と日系企業では異なります。

 

 

この記事を読んでくだされば、外資と日系との違いが理解できます。

この違いを、外資へ転職する際の判断基準のヒントとして活用してください。

では、解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

外資系企業への転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の3つの違い。

外資系企業への転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の3つの違い。

違いその1 即戦力社員と育成社員

転職で中途採用する社員について、外資系企業では即戦力をとる傾向があります。

 

他方、日系企業は、ある程度伸びしろを見つつ、採用を判断する傾向があるようです。

そのため外資系企業は、転職時点で高額な給与を提示してくることが多くあります。

それは、経験やスキルを踏まえ、即戦力の人材と考えているからです。

 

転職後はすぐに成果を求められるため、その要求にこたえる必要があります。

極端かもしれませんが、転職後成果が出せない場合は、辞めざるを得ない場合もあります。

この点、大手の日系企業で仕事をしてきた方の転職は、注意が必要です。

 

縦割りの組織で限られた業務をこなす環境とは、大きく異なるためです。

他方、日系企業の場合は、転職して採用後、研修を行うことが多いです。

また、研修後もフォロー制度があり、先輩が業務を通じて指導してくれる機会もあります。

このように、外資系企業と日系企業では、採用直後から大きな違いが存在しています。

 

 

 

違いその2 成果主義と年功序列主義

外資系企業は、仕事の成果をはっきり求められます。

 

個人として目標設定がなされることが多く、その点が評価対象となります。

他方、日系企業は、最近、成果主義を取り入れている企業も多く出てきました。

しかし、成果主義とは言え、年功序列の要素も多く残っています。

 

成果を出していなくとも、在籍期間がながければ役職が付く日系企業が多いのも実情です。

また、成果主義といいつつも、そのプロセスを評価対象としている場合があります。

このように外資は成果主義、他方、日系は年功序列という違いが根底にあります。

外資への転職の際は、その点を忘れないようにしましょう。

 

 

 

違いその3 労働時間について

外資系企業は組織に属するという意識がありません

 

そこで、仕事の成果物が出せれば会社に残る理由がないため、残業はしません

残業は、時間内に成果が出せないから行うという認識です。

 

そして、仕事の成果を出したうえで、プライベートを大切にします。

ただ、要求された成果が出せない場合は、出せるまで残業をします。

成果を達成することが重要である点は、外資に転職するにあたり肝に銘じておきましょう。

 

他方、日系企業は、仕事はみんなでするものと考える傾向があります。

そのため、自分の仕事が終わっても、一人だけ先に帰ることをためらいます。

また、残業はするべきと考えている企業や、上司がいることも事実です。

このように組織的に残業が蔓延する傾向があります。

 

残業時間がかさみ、人件費の負担が増えることもしばしばです。

そのため、プライベートの時間もないがしろにされがちです。

転職の際注意すべきは、外資系企業だから労働時間が少ないと勘違いすることです。

外資系企業は、あくまで効率的なパフォーマンスが求められているのです。

要求されるパフォーマンスが出せない場合は、外資でも労働時間が多くなります。

この点を十分理解したうえで外資への転職を考えましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

外資系企業と日系企業の違いについて理解していただけたでしょうか。

 

まず、転職後、すぐに成果を求められる傾向があるかどうか。

次に、仕事の考え方について、成果主義を取っているかどうか。

 

さらに、残業を含めた労働時間への考え方が、異なる点です。

外資系業への転職は、日系企業と労働環境が異なるため、決断するのに悩むところです。

外資系企業へ転職するかどうかの決断に際して、この3つの違いをヒントにして頂き、成功をつかみ取ってください。

 

タイトルとURLをコピーしました