お腹のダイエット!男も女も先ずは筋トレそして食事に注意

腹のダイエットダイエット
ダイエット
この記事は約5分で読めます。

腹のダイエット

この記事でお伝えする事は次の通りです。

・お腹周りに適している運動

・ダイエットに適している食事

 

誰しもがダイエットを一度は誰しもが挑戦した事でしょう。

中でもお腹周りの頑固な脂肪には苦労したかと思います。

 

この記事を読んで頂ければ、正しいダイエット方法でお腹周りを痩せさせる事が出来ます。

では、解説していきましょう。

 

 

お腹のダイエット!男も女も先ずは筋トレ

お腹周りのダイエットに適した運動

 

最初に行いたいのが無酸素運動です。

 

いわゆる筋トレの事です。

筋肉を鍛える事で体の基礎代謝を高めるのが大事です。

基礎代謝とは何もしていなくても、内蔵が動いたり、呼吸をしたりする動きで、消費するエネルギーの事です。

基礎代謝が上がれば、普段運動をしていなくても、生活しているだけで、痩せやすい体質へと変化するのです。

 

 

筋トレをした方が良い部位と運動

お腹周りを痩せさせたいので、お腹周りの腹筋を鍛えれば痩せると思われがちですが、腹筋だけ鍛えても、効果的ではありません

身体の中の大きな筋肉を鍛えます。

大きな筋肉を鍛え、その次に有酸素運動が基本中の基本です。

 

スクワットで大腿筋を鍛える

まず大腿筋を鍛えましょう。

大腿筋は下半身の筋肉(太もも)の事を指します。

大腿筋は体の数ある筋肉がある中で、1番大きい筋肉です。

大腿筋を鍛えるのに適している運動はスクワットです。

 

特に器具も必要ないので、いつでも簡単に始める事が出来ます。

10回を1セットとして、10×3セットを基本に運動をして下さい。

 

スクワットに限らず、その他の運動も10×3セットを基本にしていいでしょう。

スクワットをする事で大きい筋肉を鍛える事で、基礎代謝を上げます。

基礎代謝が上がると、運動する事でより脂肪の燃焼が早まるので効率的になります。

ただし、脂肪の中で1番最後まで残る脂肪がお腹周りになるので、根気が必要になるでしょう。

 

 

腕立て伏せで大胸筋を鍛える

腕立て伏せは腕の筋肉を鍛えると共に、大胸筋の筋トレにもなります。

 

大胸筋は、大腿筋に次ぐ2番目に大きな筋肉になっていますので、大胸筋を鍛え、基礎代謝を高めます。

腕立て伏せも10回を1セットとし10×3セット行うようにしましょう。

大胸筋だけでなく、腕の筋肉や、腹筋にも力が入るので、お腹周りのダイエットに効果があります。

 

 

有酸素運動

ジョギングやエアロバイク等が有酸素運動になります。

ここで大事なことは、運動をする順番です。

 

まず、無酸素(筋トレ)運動で、ぶどう糖を消費するエネルギーを使います。

次に、エネルギーを使い切った後に、有酸素運動をします。

すると、すでにぶどう糖が体内にない為、脂肪をエネルギーへと変えることになります。

脂肪をエネルギーに変える事により、脂肪燃焼され、結果的にお腹周りの脂肪を減らす事が出来ます。

腹の脂肪を落としたいからと腹筋だけを鍛えても、お腹の脂肪は落ちてくれません。

 

 

ダイエット中でお腹がすいたら食事に注意

ダイエットに適している食事方法

 

お腹周りのダイエットをするには、運動の他に食事方法が大事です

どういう食事方法がお腹周りのダイエットに繋がるのか紹介していきます。

 

糖質を抑える

お腹周り、その他に脂肪がつく場合、食生活に糖質が多いことが原因です。

 

糖質は、砂糖だけでなく、米やイモ類にも含まれているので、多く摂れば摂るだけ脂肪がつきます。

糖質は体内でぶどう糖へと変換され、体を動かすエネルギーになります。

しかし、エネルギーの消費よりも多く糖質をとる事で、ぶどう糖が脂肪へと変換し蓄積されていくのが肥満の原因です。

 

そこで糖質を抑える食事が大事になります。

糖質が脂肪の原因になり、お腹周りに脂肪がつきやすくなるのであれば、糖質を減らせばいいです。

 

最初から完全に糖質をなくした食事にしてしまうと、栄養不足に陥る可能性があります。

その為、完全に制限するのではなく、減らす方法を取り入れましょう。

1日3食規則正しく食べ、普段よりもご飯の量を減らし、野菜を多くとる生活をするのがダイエットのコツになります。

米の変わりに麦や雑穀で糖質を抑えるのも一つの手です。

 

 

遅い時間の食事には注意

不規則な勤務で食事を摂る時間がバラバラな人もいるでしょう。

夕食後は日中と比べると動きが少なくなるので、活動量が低下します。

 

活動量が低下する事は、消費するカロリーも少なくなるという事になります。

夕食に多くとってしまうと、その分脂肪が蓄積しやすくなり、お腹周りに脂肪がつき、ダイエットの邪魔になるでしょう。

注意して欲しいのは、食事の時間が遅いからと言って「食事をとらない」という事は控えて下さい。

 

食事を全くとらないと、空腹で質の良い睡眠が取れません

質の良い睡眠は自律神経を整えます。

自律神経が乱れてしまうと、腸の活動も低下し、便秘になりやすく、消化器官の活動低下にもなるので、ダイエットが失敗しやすくなります

夕食が遅くなる場合、主食は控えて、主菜のみにする等、工夫をして下さい。

 

 

まとめ

 

人間の筋肉の中で大きい筋肉(大腿筋や大胸筋)を鍛える事で基礎代謝を上げ、痩せやすい体を作ります。

有酸素運動をくわえる事で、脂肪燃焼をしダイエットをしていきます。

 

運動と合わせて食事にも気を配れれば、お腹周りのダイエットも成功しやすくなります。

食事制限で体重を落とす方法は、リバウンドしやすい身体の状態になってしまいます。

その為、食事制限をやめると、すぐにリバウンドしてしまいます。

 

タイトルとURLをコピーしました