注目キーワード

ニュージーランドの羊の数はどのくらい?種類は?

この記事でお伝えすることは次の通りです。

〇ニュージーランドの羊の歴史

〇ニュージーランドの羊の種類

〇ニュージーランドの人口と羊の数の比率

 

こちらの記事を読んでくださいますとニュージーランドの羊についてより深くご理解いただけます。

羊の国と呼ばれるニュージーランド。

現在はどのくらい羊が飼育されているのでしょうか?

それでは解説いたします。

 

 

 

ニュージーランドの羊の歴史

ニュージーランドの羊
ニュージーランドの羊

 

ニュージーランドの羊は1773年5月20日にキャプテンクックが最初に持ち込みました。

1850年代から1860年代にかけて羊の数が急速に増加しましたが、それは自然増加ではなく、新たに羊が海外から持ち込まれたために頭数が増加しています。

1864年だけでも13,000頭の羊がカンタベリーにオーストラリアから持ち込まれました。

1856年から1987年までの期間は羊の需要が非常に多く、結果として国の経済的繁栄をもたらしました。

1882年には船での輸送に有利な冷凍技術が開発され、英国へたくさんの羊肉が輸出されました。

19世紀後半のニュージーランドの主な農産物輸出商品は羊毛で、1960年代後半でも全ての輸出収入の3分の1を占めていました。

 

 

現在羊毛は、化学繊維などにとって代わられ、羊肉の需要も減少し、酪農農家の増加とともに、飼育されている羊の数は減少の一途をたどっています。

130年間、羊の牧畜は国内で最も重要な産業でしたが、1987年に酪農に追い抜かれました。

国内の羊と牛の牧場は16,000を数え、世界最大の子羊の輸出国となっています。

 

 

ニュージーランドの羊の種類

現在ニュージーランドでは約20種類の羊が飼育されています。

中でも有名な品種は、メリノとロムニーです。

 

メリノは羊毛で非常に高く評価されており、経済的に影響力のある羊の品種の1つです。

この品種はもともと12世紀頃にスペイン南西部のエストレマドゥーラで生まれ改良されました。

その後ニュージーランドとオーストラリアでさらに洗練され、現在のメリノが誕生します。

 

ロムニーは、以前はロムニーマーシュの羊と呼ばれていたイギリス生まれのロングウールの品種です。

ロムニーは現在ニュージーランドの羊全体の66%を占めており、その羊毛はカーペットなどに利用されています。

 

ペレンデール種の羊はあらゆる天候に適応可能で良質の肉と羊毛を提供します。

コープワース種の羊は手入れの行き届いた牧場で飼育され、高価な肉と羊毛をとることができます。

 

ニュージーランドの羊の数

ニュージーランドの羊の個体数は、1982年に7,000万頭にのぼり、ピークに達しました。

 

その後は、乳製品産業の人気の高まりとともに、急激に羊の数は減少していきました。

1982年のピーク時には、ニュージーランド国民1人あたりに対して22頭の羊がいました。

1987年には政府の補助金のカットも影響し、羊の数は約3,900万頭に減少しました。

 

2007年の時点でも羊の数は約3,900万頭で、国内人口と比べると、1人あたりの羊の数は10頭でした。(2006年のニュージーランド全体の人口は4027,947人)

2015年6月の時点では、羊の数は2,910万頭で、2016年には2,760万頭に減少しました。

2018年の羊の数は2,730万頭となっており、ニュージーランドの国民1人あたりに5.6頭の羊がいる計算となります。

 

しかしニュージーランドはいまだに、単位面積あたりの羊の密度が世界で最も高い国です。

 

まとめ

1987年までの約130年間、ニュージーランドの経済を支えてきた羊の産業ですが、1982年に7,000万頭までに個体数が増えたあと、減少の一途を辿っていきました。

ニュージーランドの人口に対する羊の数の比率は、ピーク時には国民1人あたりに22頭でしたが、2018年には国民1人あがりに5.6頭となっています。

関連記事

ニュージーランドがどこにあるのか、知ってますか?最近だと、ラグビーのオールブラックスで知られるようになりました。他にも、実は意外になじみのあるものがあります。本文では、ニュージーランド在住17年の<うらん>サンが、解[…]

ニュージーランド 鳥 羊
ニュージーランドの羊
最新情報をチェックしよう!