注目キーワード

保険は独身は現金あれば不要!家族は困る相手の金額分で掛け捨て

できるだけ節約したい、でも、万が一のための保険はかけておきたい。

消費増税も上がったし、備えだけは最低限カバーしたい方が多いのではないでしょうか。

これだけは入るべきという保険、最低限入るべきものとは何か。

そして、その場合の決め方は何か、そのあたりをまとめました。

 

 

独身は現金あれば不要!家族は困る相手の金額分で掛け捨ての死亡保険!

保険 入るべき

 

    万が一亡くなった時に、遺族が経済的に困る可能性ある金額分だけ入ればいい

家族を路頭に迷わせない最低限の金銭を保険で確保する

最低限入るべき保険の優先順位において、トップは死亡保険と言われています。

その人がなくなった場合に、経済的に困る人がいて、その困ることに、いくらお金が掛かるのが、基本です。

例えば、独身の場合、親は悲しみますが、独身の子供なくなったことで経済的に困るということは、ないはずなんです。

ですから、独身者は、怪我をした時にかかる医療費を現金で用意できるなら、保険は不要ということになります。

 

高額療養制度

医療保険は、高額療養費制度の活用をすれば自己負担額はそこまで多くないからです。

会社員なら傷病手当金も用意されており、保険でカバーするにしても限定的なもので十分とされています。

 

一方、大黒柱を失えば家族が路頭に迷うかもしれないほど、深刻な状況を迎えます。

その場合に死亡保険にさえ加入しておけば、なんとか急場はしのげるはずです。

目安となるのは子供にかかるお金で、1人だいたい1000万円程度。

 

掛け捨て保険で十分

それだけのお金が死亡すればもらえ、掛け捨ての商品を探せば、安く抑えられます。

自分が万が一亡くなったら何が残せるのか、その観点で入るべき保険を見つけましょう。

 

掛け捨て保険がもったいないという人がいます。

貯蓄性あったり、解約返戻金ある方が良いといいます。

それ、勘違いしてます。

 

貯蓄性という言葉は、貯蓄ではないということです。

掛け捨て保険よりも、多く払っているのです。

その一部が戻るだけです。

 

決してお金が増えるわけではありません。

 

死亡保険の額面はどこもそんなに変わらないが…

そもそも保険は確率の上で成り立っており、病気になる確率や亡くなる確率を基に算出されます。

つまり、日本人なら誰しも同じ確率の中で扱われるため、どの保険会社も額面はさほど変わりません。

 

一方で死亡保険などの月々の料金は、会社によって結構変わります。

亡くなるまで保険料が変わらないケースや若い時の方が安く済むケースなど様々です。

 

2000万円を亡くなったらもらいたいとすれば、それで検討を進めることをおすすまします。

額面の差やサービスの差など様々なことに気付くはずです。

関連記事

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。・保険の金額は月収に合わせて考えるべし・子供がいるかいないかで、かけるべき金額は変わる・一定の基準でおさめる努力をすれば、賢く保険に入れる […]

保険金額

 

 

保障の中身がシンプルな保険に入るべき

シンプルな保険

 

不要な特約を削れば保険料は抑えられる

 

保険料が高くなるのは特約を色々とつけるから

最低限入るべき保険というのは、言い換えれば最低限保障されるものでいいということ。

このお金だけ確保できれば後はどうでもいいという、乱暴な考え方でも十分です。

 

営業マンなどから提案を受ける際、何かと特約をつけて渡されます。

生活習慣病で入院した場合に多く給付金がもらえる、特定疾病保障特約もその1つです。

 

先進医療特約のように、健康保険が通用しないものをカバーするものもあります。

備えあれば憂いなし、そんな言葉もありますが、最低限入るべき保険かと言えばそうとは言い切れません。

 

入院費用だけは確保したい、手術給付金は受け取りたい、その程度でいいという方も多いでしょう。

その場合に特約を削り、シンプルな保険にすれば保険料は下がります。

 

 

頻繁に入院してもその度にもらえる保険

楽天生命が販売する「楽天生命あんしんプラス(入院サポート)」は、とにかく安いです。

月々1000円台で、入院給付金が一律10万円もらえます。

 

180日に1回、通算50回までなので、病気で入院しがちな人もこれなら安心です。

180日以上入院した場合、181日目から新たな入院として扱われるのもポイント。

再び10万円がもらえるため、頼りになるサービスです。

 

 

楽天生命では、入院するとどうしてもかかわる身の回りのものや交通費などをカバーできると説明します。

医療費は健康保険でカバーできるものの、初期費用まではさすがにカバーしてくれません。

月々1000円台ならばなんとか賄え、1泊2日の入院からでも対応できます。

最低限入るべき保険と言えるのではないでしょうか。

関連記事

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。・保障額は本当に自分に見合ったものかの確認を・定期的に保険料の見直しがされる際の確認を・三大疾病保険は、どのような状況で対象になるかの確認を […]

保険 契約

 

 

まとめ

 

必要最低限の保険で最大の効果を発揮できる保険があれば、それが最高です。

 

しかし、必要最低限の保険料には必要最低限の保障しかつかないのが現実。

優先順位を設定し、その中で一番守るべきものを守るようにするのがおすすめです。

 

子供のためにお金を残すか、がんになってもいいように医療保険に入るべきか。

そのように保険を考えていくと、入るべき保険はおのずと決まっていくことでしょう。

 

 

保険
最新情報をチェックしよう!