注目キーワード

本は電子書籍と紙の本のどっちが良い?両方に良い点がある。併用し使い分ける

本 電子書籍 紙 両方

知ってのとおり、本には、電子書籍と従来の紙の本がある。

電子書籍が伸びているが、紙の本が無くなったわけではない。

電子書籍の利便性が評価され、人気を集めても、紙の本には変わらぬ優位性が残っているからだ。

どっちが良いのか。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、

「紙の本と電子書籍のどっちが良い?それぞれの良い点・使い分けるポイント」についてご理解いただけます。

 

 

 

本は電子書籍と紙のどっちが良い。併用し使い分ける

本 電子書籍 紙 両方

 

本の紙と電子書籍においては、どっちが良いのか。どちらにも素晴らしいメリットがあります。

よって、用途によって使い分けるのがおすすめです。

 

電子書籍と紙の本、どっちが良い?メリットは?

紙の本のメリット

本から情報を仕入れる場合、電子書籍よりも紙で読んだ方が記憶に残りやすく、

情報の定着率が高いと言われています。

 

また、パラパラページをめくりやすいので、全体の内容を把握しやすいです。

本の内容を効率よくインプットしたいなら、

全体の内容を理解してからの方が良いと言われているので、紙の本ならではの利点です。

 

また、本とは別にメモを取る人もいるが、本を自分専用のテキストのように

書き込んで、使い込む人もいる。

こういうタイプの人には、電子書籍ではなく、紙の本が圧倒的に、理にかなっている。

 

 

直接自由に本にメモすることができる事は、手を使って文字を書くことで、

より記憶に残り、後で見返しやすくなります。

 

さらに、メモ書きによって自分だけのオリジナル本を作るという感覚は、

本を読むモチベーションを上げるかもしれません。

 

 

よって、本の貸し借りなどをせずに、自分専用のテキストとして使い込みたい人、

こういうタイプに向いている。

書き込みをするタイプの人は、付箋をつけたり、インクの色を変えたりして、

自分のルールで本を自分専用テキストにしていく。

 

 

 

紙の本のデメリット

持ち運びに不便で、外出時は荷物がかさばることから、少しの本しか持っていけません。

紙の本のデメリットは、携帯性が低いことが最大のポイントです。

 

文庫本があるじゃないか、という声もあるのは分かります。

しかし、一度にもって歩ける本の数には、自ずと限界がある。

まさか、10冊の本を持って歩くわけにはいかない。

 

また、電子書籍が持っている、検索という機能が無いことも痛い。

例えば、「あの本の終わりの方に書かれていた、****の事を

もう一度チェックしたい」などという考えが起きる事がある。

 

電子書籍なら、数秒もかからずに、見つけることができる。

紙の本には、その機能が無いから、

探さないといけない。

この「探す」という行動が、非常に非生産的な行動なのです。

この探すという行動自体は、何も生み出さない。

検索にかける時間は、極力少なくしたいものです。

 

 

また、重たい本なら、なおさら持っていく気は起きないでしょう。

そうなると、外出時や移動中でしか本を読む時間がない人にとっては、

ますます本を読む習慣を遠ざけてしまいます。

 

さらに電子書籍と異なり、しおりを挟んでおかないと

どこまで読んだか分からなくなります。

 

みなさんも、本を読んでいたらしおりを挟み忘れていて、

どこまで読んだか分からなくなり、

読む気がだんだん失せてしまった経験があると思います。

 

また、印を付けたいときはペンなどを用意する必要があり、

少し手間がかかって面倒かもしれませんし、

外出時はなかなかペンを持って印は付けづらいでしょう。

 

よって、外出時などでの読書では電子書籍のメリットが有利、紙の本は不便となるのです。

 

 

 

電子書籍のメリット|外出時、移動中などでサクッと読みたいなら電子書籍

電子書籍のメリット

電子書籍は紙の本とは違い、タブレットかスマホが一つさえあれば

何十冊も保存できるため、荷物にならずに持ち歩くことができます。

 

よって、外出先や移動中でも気軽に本を読むことができ、複数の本を読むことも可能です。

 

さらに紙の本とは異なり、電子書籍はどこまでよんだか自動で保存してくれます。

わざわざしおりを挟むような必要は無く、前回読んだページからすぐ読むことができます。

 

また、電子書籍はペンなどを用意しなくても、

電子書籍用アプリの機能で容易にマーカー引きが可能です。

 

よって外出時でも、気軽に印を付けることができます。

外出時でも本を読みたい人で、荷物を軽くしたい、

たくさん本を読みたいと思う人は、紙の本より電子書籍が良いでしょう。

 

 

 

電子書籍のデメリット

やはり電子書籍は、インプットの質の観点から紙の本に負けます。

 

情報の定着率は紙の本よりかは低いでしょう。

電子書籍だと、流し読みをしやすく内容が頭に入りにくいからです。

 

さらに、電子書籍を読むためにはスマホなどを用いますから、

他のアプリをいじってしまう可能性もあります。

そうなると、読む習慣は無くなってしまうでしょう。

 

また、ページをめくるスピードは紙の本よりどうしても遅くなってしまうため、

どうしても全体の内容を把握しづらいです。

よって、効率よく本の情報をインプットしたいなら、電子書籍は不利になります。

本 電子書籍 紙 両方
最新情報をチェックしよう!