本を読む人だけが手にするものの一つ|文章力が高くなる!

スポンサーリンク
本を読む人だけが手にするもの

「本を読む人だけが手にするもの」という著書があります。

よく似たタイトルで、「読書する人だけがたどり着ける場所」という著書があります。

 

実は、2つの本の著書は、別人です。

2つの本の解説に加えて、筆者が考える、「本を読む人は何を手にするのか」を解説しています。

幸いなことに、読書人口は非常に少ないです。

あなたも、当記事でヒントを掴み、人生が変わっていくヒントに気づいていただければ、幸いです。

 

 

スポンサーリンク

本を読む人だけが手にするもの

著者は、元中学校校長の藤原和博さんです。

著者は、この本で、今後の日本では、本を読む習慣がある人とそうでない人の2つの階層からなる社会になると書いています。

実は私も、この予感をもっています。

読書をし、思考し行動するだけで、上位10%の希少な人材になれる。(同感です)

 

これは、会社においては、課長以上の管理職になるには、読書をしていない人には、務まらないとも言えます。

すでに、管理職に在位していて、読書をしていない人は、管理職ならではの苦難を乗り越えていくことは、難しいと思います。

遠からず降格されてしまう可能性があります。

 

また、著者は、読書をすることで、他人の脳のかけらを自分に繋げられるとしています。

読書をするということは、著書の数ヶ月から数年の研究や思考の結果を、覗いて学びを得ることになり、最高の時間短縮術ともいえるのです。

 

また、以前は情報処理力が重要であったが、今後は情報編集力が重要になっていくとしています。

正解が一つではない時代になっていくということです。

そのためには、複眼思考が必要になるとしています。

メディアが発する情報には、常にフィルターがかかっているからですね。

 

本が嫌いな人に向けて、読書習慣が身につく方法も紹介しているので、参考になるでしょう。

つまりは、興味の持ちからなんですね。

ほんの選び方や良い本に出会うための方法も、役に立つのではないだろうか。

 

 

スポンサーリンク

読書する人だけがたどり着ける場所

著者は、斎藤孝さん。

著書も数多くあり、大学講師の経験もあり、テレビでも講師役やコメンターとして、出演の多い著名人でもあります。

この本では、ネットの情報だけでは不十分であり、本を読むことでしか学べないことがある、としています。

 

当サイトでは、本を読まない人が、実に多くいることを、他記事で紹介しているが、この著書では大学生の読書状況について触れており、その結果に驚いた。

文化庁の世論調査結果と大学生の読書状況が、まさか逆転するとは思いませんでした。

月に1冊の本を読まない人は、文化庁のデータでは、文化庁のデータでは47%でした。

しかし、大学生協の調査結果は、1冊の本も読まない人は、50%を超えているという、驚きの結果が紹介されている。

 

ただし、本のタイトルから、期待させるような内容の記述は、見当たらなく、読書法や読むべき本の紹介どまりという感じです。

しかし、内容が悪いということではないので、誤解をしないでください。

前述の本を読まない50%を超える大学生へ向けて書かれた本と考えれば、良い本です。

 

 

スポンサーリンク

本を読む人が文章力を高める本の選び方

本を読む人

 

文章力を高めるための本の選び方は以下になります。

1:作成する文章を決める
2:文章を作成する上で、どんな知識やスキルが必要かを考える

それぞれ、詳しくご説明します。

 

本を読む人が文章力を高める本の選び方|作成する文章を決める

まずは、「どんな文章を作成するのか」を明確にしましょう。

ライターとして記事を執筆するのか、上司から頼まれた会議資料を作成するのか・・・。

 

目的によって、求められることが変わってくるため、読むべき本も変わってきます。

 

 

本を読む人が文章力を高める本の選び方|必要なことを明確に

どんな文章を作成するのかを決めた上で、

「文章力を上げるためには何が必要か」

を考えましょう。

 

例えば、金融をテーマに記事を書くとします。

 

金融をテーマに記事を書こうとしたけれど、金融について詳しくない、わからないという場合は、金融についての知識が必要になり

ます。

 

この場合は、金融業界について書かれた本や、記事のターゲットに合わせた金融に関する本を読む必要があります。

 

一方で、金融業界で働いているので知識はあるけれど、文章をどのように構成すべきかわからない場合は、文章力に特化した本を読

んだりお手本にしたい文章を読んだりする必要があります。

 

このように、必要とする知識やスキルによって、読むべき本が変わってくるのです。

 

 

 

スポンサーリンク

本を読む人が文章力を高める方法

本を読む人

 

本を読むだけでも知識・スキルといった情報が頭に入りますが、書き出してみるとより理解が深まります。

ここでは、「書く」ことにより文章力を高める方法についてお伝えします。

 

 

本を読む人が文章力を高める方法|知識を得た場合

「書こうとするテーマについての知識が足りない」という理由で本を読んだのであれば、得られた情報をノートなどに一度書き出し

てみることをおすすめします。

 

このとき、書こうとするテーマに沿って情報を整理することが重要です。

テーマを意識しながら書き出すことで、情報の取捨選択をしやすくなります。

 

 

本を読む人が文章力を高める方法|スキルを得た場合

「文章力が足りない」、

「文章構成について学びたい」

という理由で本を読んだのであれば、読書から得られたスキルをもとに書いてみることが大切です。

 

ただし、本の内容によってアウトプット方法に違いがあると考えています。

 

本の内容別に、アウトプットする方法について2通りご説明します。

 

本を読む人が文章力を高める方法|文章力に特化した本の場合

 

文章力を高めることを目的に書かれた本を読んだ場合は、本に書いてあることをそのまま実践してみましょう。

せっかく読んだのですから、言われた通りに実践しなければ、もったいないです。

 

 

本を読む人が文章力を高める方法|文章のお手本としたい本の場合

お手本としたい文章を書かれている作家の本などを読まれた場合は、本の内容をノートなどに書き写してみましょう。

 

本を全て書き写す必要はありません。

気に入ったところや、文章を書くのに活かせそうなところだけで十分です。

 

書き写したら、「どんな文章構成になっているか」を確認しましょう。

 

要約しながら文章校正を確認していくと、より効果があると私は感じています。

 

 

 

スポンサーリンク

本を読む人は文章力が高くなるが、実践が必要

本を読む人

 

せっかく読書をして文章力について学んだのですから、積極的に実践していきましょう。

一度書くだけでなく、継続するとさらに上達していきます。

 

とはいえ、

「そんなに実践する機会がない・・・。」

という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方でも実践できる場をご紹介します。

 

 

本を読む人は文章力が高くなるが、実践が必要|日記を書く

特に文章を書く機会がないという方でも、日記であれば書けると思います。

ノートに書くのであれば、こっそり書くことも可能ですから人目を気にせず自由に書けます。

 

慣れてきたら、ブログの開設をおすすめします。

「どう書いたら伝わりやすいか」という目線が加わるためです。

 

 

本を読む人は文章力が高くなるが、実践が必要|資料作成の代行

会社で使う資料の作成スキルを上達させたいという方は、資料作成代行をするのはいかがでしょうか。

インターネット上で検索すると、資料作成代行のお仕事があります。

副業でも可能なので、すぐにチャレンジできます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、本を読んで文章力を高める方法についてお伝えしました。

まとめますと、

文章力を高める本の選び方
  • 作成する文章を決める
  • 文章を作成する上で、どんな知識やスキルが必要かを考えて本を選ぶ
文章力を高める方法
  • 知識を得るために本を読んだ場合
書く内容に沿って情報を整理する
  • 文章力に特化した本を読んだ場合
本に書かれていることを実践する・文章のお手本としたい本を読んだ場合
文章を書き写して、文章構成を把握する
実践する方法
  • 日記やブログを書く
  • 資料作成代行のお仕事を受ける

できることから実践し、文章力を高めるために頑張りましょう!

 

 

  1. 本を読む|読書のコツとメリットを知ることで人生が変わる
  2. 読書ノートが有益である理由とやり方|文章力が高く年収も高く
  3. 本を読む人と本を読まない人との違い|読書苦手から克服腹できると
  4. 本を読む人は顔つきが違ってくる|本を読む人の特徴は
  5. 本を読む人は頭がいい!?読書には年収アップなどのメリットが!
タイトルとURLをコピーしました