本を読む人は顔つきが違ってくる|本を読む人の特徴は

本を読む人は 顔つきが違う

本を読む人には、様々な特徴があります。

頭がいいとか、顔つきが違うともいわれます。

本当なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

本を読む人の顔つきが違う

本を読む人 顔つきが違う

 

本を読む人は、顔つきが違うという。

本当なんでしょうか。

まさか、イケメンとか美女になるということはないでしょう。

顔が変わるということは有り得ないですよね。

 

 

本を読む事で知識情報が増えることで知的な顔つき

しかし、雰囲気が変わるということはあります。

本を読む人が知ってることが多くなります。

知識情報が増えるのですから、当然のことではあります。

 

読書からインプットをして、行動にアウトプットしていく人は、自分の行動や言葉に自信を持つようになります。

その事により、その人のが持つ雰囲気が変わっていく可能性があります。

自分の言葉や行動が、読書から得た知識情報に裏打ちされているのですから、知らず知らずのうちに、自信があふれたものになるのです。

 

当然ですが、顔や形自体が変わるわけではありません。

自信ある表情になると、余裕のある知的な顔つきに変わっていくのです。

 

 

読書で言葉や行動が変わる

知的な雰囲気、理知的な言動等が、以前の姿から変化します。

言葉や行動が、変わるようになっていきます。

その結果、顔つきも変わったように見えてきます。

話す言葉が変わり、行動が変わります。

 

使う言葉が変わり、態度も変わるのです。

人は、感情で動く生き物です。

言い方を変えれば、感情的な生き物ということです。

 

しかし、本を読む事が繰り返されて、読書が習慣になっていくと、多くのことを知っている状態になります。

そのことから、不安が減少していきます。

人が感情的になる原因には、不安は大きな要素になっています。

感情的になる原因である不安が、減少すれば、感情的になる場面も減少します。

その姿は、知的であり、自信に満ちて見えたり、空気感すらも知的な感じが相手に伝わるようになります。

 

人は、何を話し、どういう行動をするのかで、人から見られています。

イケメンや美女の顔には、ならないですが、知的な雰囲気を持つようになります。

相手の話をよく聞いて、穏やかで知的な印象を相手に与えられるようになっていきます。

落ち着いて、知的な印象のある、顔つきや空気感は、以前のあなたから大きく変わっていきます。

 

 

読書をする人は表情が知的で品のある雰囲気|顔つきが変わる

本を読む事で、様々な知識情報が身につき、不安が減少し、自信が高まります。

 

小説を読めば、創造力が身につくようになります。

小説に登場する人物は、著者の分身か想像上の人かも知れません。

そこに登場する人物の言葉や行動は、疑似体験にもなっています。

他人の思考を知ることにもなります。

 

ビジネス書からは、仕事上の問題解決の方法を見つけることもできます。

仕事上の不安を減少することもできるようになります。

仕事のスキルアップにもつながります。

 

実用書からは、様々な事についてのスキルアップにも繋がる手がかりを得るでしょう。

社会経済の書物からは、身の回りに起こる事柄についても、知っていることで不安も軽減されます。

 

これらのことから、他人の思考についても理解ができるようになったり、不安になることが減少し、常に落ち着いた気持ちでいられることが増えていきます。

心の動きは、穏やかになり、表情が変わり、顔つきが変わっていくのです。

 

 

スポンサーリンク

本を読む人の特徴

本を読む人 特徴

 

あくまでも傾向としての特徴です。

本を読む人に多く見られる傾向です。

 

好奇心強い

ジャンルは、人によります。

自分が関心を持つ物事に対して、好奇心が強い傾向にあります。

好奇心とは、「知りたい」という気持ちです。

それが強い傾向にあります。

 

読書をしていても、知りたいという気持ちが本を読む事をやめない行動に繋がります。

知識欲にも繋がるのかも知れません。

 

高年収・高職位

読書を習慣づけて、行動に活かし、仕事に活かすという好循環の中にいる人は、社内でも高い評価を受けている可能性が強いです。

その高い評価は、当然ながら高年収にも繋がっている傾向にあります。

 

その好循環を知らない人から見ると、「そんなことあるわけない」と思う人もいるようですが、現実を見れば分かることです。

高年収の人、高職位の人を見ると、分かります。

彼らのほとんどが、読書家といわれる人です。

 

有名人の中にも、それが顕著に分かります。

マイクロソフトのビル・ゲイツやソフトバンクの孫正義も、読書家として有名です。

そこまでではなくとも、世間の社長や高い職位の会社員も、読書をしない人を探す方が難しいです。

 

つまり、「逆もまた真なり」です。

 

 

他人の目線を気にしない

人の目を気にしない、ということです。

つまり、人と自分を比べても仕方がないことを知っています。

マイペースとも言えるかも知れません。

 

他人の目を気にしないというのは、少し聞こえが悪いのかも知れません。

しかし、悪い意味ではありません。

自分のやるべき事に、関心を持って行動しています。

 

 

スポンサーリンク

本を読む人へのプレゼントはやはり「本」?それとも?

友人で本を読む人、好きな人は、いますか?

その人にプレゼントを贈るのなら、何が良いと思います?

すぐに思いつくのは、やはり「本」ですね。

 

 

本を読む人へのプレゼントは、本はベストな選択なのか?

最初に思いつくのは、「本」です。

しかし、本を読む人に、本を贈るのは無駄になる可能性が大です。

本を読む人の多くが、多読です。

色々な本をたくさん読んでいます。

折角、プレゼントしてあげても、すでに読んでいて無駄になってしまうかも知れません。

年間に少なくとも50冊、下手をすると100冊/200冊読んでいる可能性があります。

その様な本を読む人は、口にしなくとも、本選びに迷って折角選んだ本は、すでに読み終わっている可能性が大なんです。

 

また、好みや趣味に合わない可能性もありますね。

本を読む人は、読み慣れていますから、関心を持っていて読みたい本は、明確です。

もしかすると、折角選んであげた本なのに、趣味に合わない可能性があります。

 

 

本を読む人が喜ぶプレゼントは?

ここで、勘違いしてしまうのは、本を買うための金券や図書カードが、良いのかと思ってしまうことです。

実は、これも少し違っています。

相手が、年下/目下の人ならば、「あり」かも知れません。

 

しかし、本を読む人は、目上の人や年収が高い人の可能性があります。

その相手に、金券のようなものを上げるのは、さすがにちょっと無神経というか失礼に当たる可能性があります。

 

では、どんなプレゼントなら、喜んで受け取ってくれるでしょう。

読書に関連するグッズがいいでしょう。

予算の問題もありますが、可能であれば、自分なら買わないかも知れない「ちょっと高級なもの・良い品」が、おすすめです。

 

例えば、「しおり」「読書灯」「読書台」「ブックスタンド」あたりが良いです。

これらの品は、自分のためだと、ついつい安いものを選んでしまいます。

少し良い品物を選んで、プレゼントしてあげると、本を読む人は、喜びます。

 

プレゼントの予算を5,000円から1万円あたりと考えて、おすすめしてみます。

「しおり」なら、レザー製や金属製のものが、おすすめです。

 

 

「読書台(読み台)」もよいです。

 

 

「読書灯」は、明かりの色に注意すると良いです。白い光よりも暖色の方が、目に優しいからです。

 

「ブックスタンド(ブックエンド)」は、デザインのよい品を選ぶと良いです。

自分では、「良いな」と思っていても、なかなか選ばないものです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

本を読む人には、色々な特徴があります。

本を読む事で、知性と教養が高まるからです。

まるで性格が変わったかのように、雰囲気が違ったり、顔つきが違ってくるものです。

 

本を読むことで、知らないことが減少し、不安が軽減します。

その結果、感情的になることも少なくなり、余裕がある表情になっていきます。

それが、本を読む人が、顔つきが変わっていく原因です。

 

  1. 本を読む|読書のコツとメリットを知ることで人生が変わる
  2. 本を読む人と本を読まない人との違い|読書人の人生
  3. 本を読む人だけが手にするものの一つ|文章力が高くなる!
  4. 読書が苦手の人におすすめする克服法!
  5. 読書の苦手原因は何か?対策できることなのか?
  6. 本を読む人は頭がいい!?読書には年収アップなどのメリットが!
タイトルとURLをコピーしました