本を読む人は頭がいい!?読書には年収アップなどのメリットが!

本を読む人は頭がいい

本を読む人の傾向といえば、

「年収が高い」、「情報リテラシーが高い」など、ポジティブなイメージがあるかと思います。

 

では、なぜ、本を読む人には、このような傾向があるのでしょうか。

この記事では、

・「本を読む人は年収が高い」と言われる理由
・「本を読む人は情報リテラシーが高い」と言われる理由
・「本を読む人は好奇心旺盛」と言われる理由

についての考察をお伝えします。

 

 

本を読む人は頭がいい?!

本を読む人は頭がいい

 

本を読む人は、当然のことながら、本を読まない人と比べると、知識情報を多く持つようになります。

たまに本を読むだけの人は、一時的な知識を得る事は出来ます。

もしかすると、仕事の上での解決策を見つける事もできるかも知れません。

 

しかし、習慣的に本を読む人は、読まない人や一時的にだけ読む人と大きな違いがあります。

習慣的に、本を読む人の知識情報は当然増えていきますが、思考力や創造力・読解力も増加していきます。

 

本を読んで、知識を得て、情報を知り、考え続ける習慣に変化していきます。

途中で、本を読む事を辞めてしまう人もいます。

 

とても惜しいと思う反面、そういう人がいるから、本を読み続ける人は、「頭がいい」といわれる存在になれるのだと思います。

会社の経営者やトップセールスマン等、一般的に年収が高いといわれる人たちは、本を読む習慣をやめないのだと思います。

 

大人になってから、頭がいいとか年収が高いとされる人たちは、義務教育時代ではなく、むしろ大人になってからの人生の中で、本を読む習慣をやめない人たちです。

逆に言えば、自分は凡人だと思う人は、今からでも遅くないので、本を読む習慣を身に付けると、人生で得をします。

 

 

本を読む人は頭がいいって、本当?

本を読む人 頭がいい

 

本を読むと頭が良くなることはないかも知れません。

しかし、一般的に、相手に対して「頭がいい人」と感じる時は、どんな時でしょうか。

色々なことをよく知っている人、色々な言葉をよく知っている人、話す言葉がきちんと的を得ている人、思慮深い会話ができる人、、、こういう人に出会うと、私たちは相手に対して「この人は頭のいい人だな」と感じます。

 

語彙力

語彙力という言葉があります。

人が日常生活の中で、テレビ等で知ることのできる語彙数は、あまり多くはありません。

また、聞き流すことが多く、理解しているつもりになっている言葉も多いです。

語彙力/語彙数が増えていくには、本を読む事でしかありません。

 

また、語彙力が弱い内は、本を読んでも、知らない言葉や漢字にぶつかり、読む事をやめたくなるかも知れません。

しかし、そこで、辞書を調べて、理解して、読む事を継続して行くと、辞書を調べることも少なくなっていきます。

その結果、文章力が高くなっていきます。

 

 

文章力

文章力は、学生だけではなく、社会人には、必須のスキルの一つです。

組織人になれば、社内報告書を書く場面も多くなります。

スキルやキャリアが高まれば、組織の上席になっていくこともあるでしょう。

そうなれば、なおさら文章力が試される場面も増えます。

 

本を読む事を習慣としている人は、そういう場面も苦もなく乗り越えます。

文章によって、自分の意見や考え方を伝える機会が増えていきます。

そういう一連の様子は、「頭がいい人」と見えてくるのだと思います。

 

つまり、結果的にいえば、本を読む人は、頭がいいとは、正しいのだと思います。

 

 

本を読む人の傾向とは|年収が高い

本を読む人は頭がいい

 

「本を読む人は年収が高い」という傾向は、様々な調査結果で出ています。

では、なぜ、本を読む人は、年収が高い傾向にあるのでしょうか。

 

その理由は、

・本を読むと、成功のパターンを知ることができる
・読書をもとにコミュニケーションがとれる
・本を読むと、様々な考えに柔軟に対応できる

ことではないかと思っています。

 

本を読む人が年収が高い理由|成功のパターンがわかる

 

ビジネス書には、経営者の成功・失敗経験が多く含まれています。

様々な経営者の本を読むことで、

「このようにすれば成功確率が高くなるのではないか」、

「失敗をしたら、このようなマインドで成功を目指すといいのではないか」

など、成功のパターンが見えてきます。

 

自分自身が経験することも大切ですが、事前にパターンを理解しておけば、行動の計画を効率的に立てることができます。

 

本を読む人が年収が高い理由|読書を活かしたコミュニケーション

本の中でも特にビジネス書は、高所得者が多く読むジャンルと言われています。

そのため、高所得者との会話では、本の内容をもとにした話題が度々出ます。

 

人は、共通の話題があるとコミュニケーションが円滑になるもの。

 

コミュニケーションが円滑になると仕事にいい影響を与えるだけでなく、高所得者のマインドや習慣も知ることができます。

そうすると次第に自分自身の環境も変わり、年収アップが期待できるのです。

 

本を読む人が年収が高い理由|様々な考えに、柔軟に対応できる

本をたくさん読むと、世の中の様々な情報を、あらゆる視点から受け取ることができます。

また、本の内容は、インターネット上の情報と比べて網羅性や信ぴょう性があります。

 

あらゆる視点から情報を受け取ると、1つの物事に対して様々な視点から考えることができます。

このため、これまでの経験からは思いつかないような意見を言われたとしても、感情的にならず柔軟に対応することができます。

時代の流れに応じて考えを変えられるなど、仕事の中でも適切な判断ができます。

 

 

 

本を読む人の傾向とは|情報リテラシーが高い

本を読む人は頭がいい

 

本を読む人は、「情報リテラシーが高い」傾向もあります。

 

その理由は、前述したように、

「様々な考えに、柔軟に対応できる」

ためです。

 

たくさんの本を読むと、様々な知識が得られるため、それらの知識を組み合わせて判断することができます。

 

例えば、インターネット上のニュース記事を読んだとき。

 

タイトルや本文が、人をあおるような内容であった場合、信ぴょう性はさておき印象が強いため、どうしても受け止めてしまいがち

です。

 

しかし、あらゆる視点から得られた知識を持っていれば、自分の意見を持つことができます。

 

「別の側面から見るとどうか」、

「自分はどうするべきか」

と、考えられるので、記事を鵜吞みにすることはありません。

 

 

 

本を読む人の傾向とは|好奇心旺盛

本を読む人は頭がいい

 

本を読む人は、好奇心旺盛な人が多いです。

 

「これは、一体どういうことなのだろう」、

「〇〇って何だろう?詳しく知りたい」

というように、様々なことが気になってしまいます。

 

気になったことを知るために、本を読むのです。

本であれば、経験せずとも、家で多くのことを理解できますからね。

 

好奇心旺盛な人は、知りたい内容が解決できたとしても、本を読んでさらに気になることが出てくるのではないでしょうか。

 

そうすると、新しい本を読みたくなります。

知りたいことが出てくる

本を読む

知りたかったことが解決できる

さらに知りたいことが出てくる

本を読む

・・・

このようなループに入ると、結果的に読書量が増えます。

 

 

まとめ

 

今回は、本を読む人の傾向とその考察についてお伝えしました。

 

まとめますと、

本を読む人の傾向

年収が高い
理由:
・本を読むと、成功のパターンを知ることができるから
・読書をもとにコミュニケーションがとれるから
・本を読むと、様々な考えに柔軟に対応できるから情報リテラシーが高い
理由:
・得られた知識を組み合わせて、自分の意見を持てるから
・得られた知識をもとに、多方面から物事を考えられるから

好奇心旺盛
理由:
・知りたいと思った様々なことを、読書で解決しようとするから

と、なります。

 

本を読むと、仕事だけではなく日常生活にも、いい影響を与えます。

日々のすきま時間を利用して、読書にチャレンジしてみましょう。