仕事

不動産営業の年収は高い!転職で年収1000万円も珍しくはない!

スポンサーリンク
不動産営業 年収 高い仕事

不動産営業は、「年収が高い」というイメージを持つ人は多いのでしょうか。

確かに、不動産営業の年収は、一般的な平均よりも高めです。

ただし、それなりに苦労もしますし、不動産営業はきついとも言われます。

しかし、考えてみると、今や楽な仕事=繰り返しの多い作業的な仕事は、作業の自動化やAI化によって、働く場所さえなくなっています。

事実、そうした職種の求人はどんどん減少しています。

 

社会のそのような状況の中で、不動産営業の仕事を選ぶことは、選択すべき一つではないでしょうか。

筆者自身の経験も踏まえ、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

不動産営業の年収は高い!転職で年収1000万円も珍しくはない!

不動産営業 年収 高い

不動産営業 きつい?生保の方がもっときつい。

転職経験者で、営業から営業へと移る人は多いと思います。

会社員の年収で、一つの目安は、年収1000万円ではないでしょうか。

一般的な会社員の場合、大手企業だったとしても、新卒で入社し、相当早くとも10数年〜20年間ほどの勤続をしないと、なかなか年収1000万円のラインまでは、行けません。

 

また一般的には転職をすれば、年収等の条件は悪くなると言われ、ハローワークの平均募集賃金を見る限り、年収が下がる要素は多いです。

しかし、不動産の営業、特に仲介営業では、転職から数年間がんばり続けられると、性別年齢には関係なく、成績次第で年収1000万円は現実になる事例は複数実在します。

会社員として、転職をして、年収1000万円を狙っていける数少ない仕事が、不動産営業です。

 

不動産営業は年収高い|生保営業の方がきつい、辛い

不動産産営業の仕事をきついという人は、おそらく他の営業の世界のことを知らないのかもしれません。

不動産営業の仕事がきついという場合、成績が上がらないことでのプレッシャーがほとんどです。

不動産営業の実績が悪ければ、怒鳴る上司がいるとか、ノルマがどうとか、いう程度のことが多いです。

毎日、たくさん電話をして、メールを送って、トークの工夫を本気でやっていれば、必ず営業成績は上がるようになっています。

これは一つの物理的法則です。

そんなことはないという人がいるかもしれませんが、その法則は、筆者が営業経験40年から、確かに明言できることです。

不動産営業がきついと言っている人は、その努力を途中までしかせずに、諦めてる人たちの声です。

筆者自身の経験でもそうですが、成績が低迷しているときは、やり方を間違えているか、行動量が停滞しているかのどちらの場合です。

正しいやり方で、行動をやめないで、繰り返している営業は、経験年数も学歴も関係なく、高年収になっていきます。

 

キツさ・辛さなら、生保業の方が上

同じ営業でも、生保業界の方が、厳しいです。

生保業も、年収が高い営業職として知られています。

生保の営業は、会社に所属はしていますが、実態はフルコミッションであり、働く形態もフリーランスに近いです。

彼らの仕事ぶりは、孤独であり、精神的なダメージもあります。

保険営業の日々の仕事で、顧客に出会うことを考えると、保険に先入観を持っているユーザーが多く、何かのつながりがなければ、名刺すら受け取ってもらない場合が少なくありません。

また、扱う商品は、資料の上にしか存在せず、ユーザーは手に取って確認することは、できません。

ですから、ユーザーの理解度はかなり低いのです。

その状況の中での営業は、非常に辛い思いをします。

その厳しさは、不動産営業の比ではありません。

 

不動産営業は物件によってユーザーとコミュニケーションを取りやすい

生保業の営業と比べると、不動産営業の方が、はるかに楽です。

挨拶で名刺を出せば、お客でも取引先でも、きちんと受け取ってくれます。

「今月はきついですね」と言える同僚や先輩がいます。

 

生保業の営業の年収も、不動産営業と同等に高めです。

生保業の年収が高いのは、そうしたキツさ辛さの報酬(高年収)なのかもしれません。

しかし、不動産営業も、他の業界よりも、年収は高いです。

もちろん営業成績をたくさん上げることによって、年収が高いということになります。

成績を上げ続けることができなければ、当然不動産営業の年収はそれなりになります。

しかし、様々な仕事を見渡した時に、中途入社からでも、性別年齢には関係なく、成績次第で、数年後に年収1000万円が、夢ではないという職業で、健全な仕事は、他には滅多にありません。

 

不動産営業の年収は高い|生保営業より、きついのは高齢者にアパートオーナーすすめる営業

不動産営業の中には、高年収でも精神的にきつい職種の場合もあります。

それは、高齢者にアパート経営をすすめる営業の人たちです。

 

高齢者の持っている土地にアパートを建てさせて、アパート経営をして、中には家賃を一定期間保証するなどの条件も加えて、契約に持ち込みます。

たまに新聞の社会面等に取り上げられます。

よくよく考えるとわかるのですが、高齢者にとても高いリスクを飲み込ませて、契約をしているのです。

高齢者にとってのリスクについての説明は、根拠の薄い説明などで、曖昧に済ませてしまいます。

 

営業にも、高齢者にリスクを飲ませたことの精神的ダメージが残り、ほとんどの営業が1年前後で、退職してしまいます。

高齢者の方が、リスクに気付いて困った時には、担当した営業は既に退職しています。

この種の不動産営業は、高年収であっても決しておすすめできません。

筆者は人間性が崩壊してしまった営業を知っています。

 

 

スポンサーリンク

不動産営業で高い年収を得るには

前述したアパート経営の不動産営業でなければ、不動産営業の仕事は、健全であり、この先もニーズがなくなることはありません。

不動産を売却するというニーズが、社会からなくなることは、ないからです。

不動産を売りたいユーザーと買いたいユーザーを、コーディネートし、売買契約へとすすめるのが、不動産営業の仲介の仕事です。

 

不動産営業として、高い年収を得るには、専門知識と行動量があれば、可能になります。

ただ、専門知識と言いましても、ビジネスモデル自体は、シンプルですので、ユーザーに間違った説明をしないためのものです。

日々勉強すれば、年齢性別に関係なく、誰もで理解できることです。

 

資格については、国家資格である宅建士の資格は、持つ方が有利ですが、資格がなくとも不動産営業が成績を上げて、年収アップさせることは可能です。

やはり1番のポイントは、営業としての活動量です。

営業に活動量・行動量が不可欠であることは、不動産営業に限った話ではありません。

営業として高い評価(会社と顧客から)を得るには、行動量が最も重要です。

 

行動量とは、ユーザー面談を中心とした社外での活動をイメージすると思いますが、現代においては、社内においての行動量も非常に重要です。

ユーザーとの電話件数・メール件数が、行動量になります。

必ず、成果になり、評価や年収として、フィードバックされます。

ですので、不動産営業で高年収を得るには、専門知識の勉強をして、電話とメールの数を増やし、不動産売買の成立を増やしていくことです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

不動産営業の仕事は、転職者であっても、高年収を狙える職業です。

年収が増えていかない人がいるとするなら、契約が増えないからです。

契約が増えないのは、営業活動の量が少ないからです。

たくさんの営業活動を、本当にすれば、営業成績は上がります。

そうすると、評価や年収に反映されていきます。

 

不動産は実績主義という側面は、確かにありますが、転職者が入りやすい職業でもあります。

年功序列的な考えの会社は、不動産会社には、あまりありませんので、転職者も挑戦してみる価値があると思いますよ。

不動産業、特に不動産売買仲介は、高い業績、高い給料をもらっている、中途入社組はたくさんいます。

そこへ、他の業界には、ほとんど見られないシステムだと思います。

不動産営業がきついという人は、自分が本当に頑張れているかどうか、他の仕事と比べてどうなのか、調べてみた方がいいです。

 

 

  1. 不動産仲介営業のコツ|仕事内容と対策
  2. 不動産仲介営業は営業代行フリーランスに向かっている
  3. 転職の年収に嘘|サイトの年収情報に嘘!現在の年収に嘘
タイトルとURLをコピーしました