注目キーワード

本の印税はどのくらい貰えるのか?どういう計算になるのか?

本 印税 どのくらい

今や誰しもがウェブで小説や漫画を投稿できるようになりました。

各出版社はコンテストを開催し、有望な若手を見極めています。

時代の流れに乗って投稿を始め、ゆくゆくは……と考えているのではないでしょうか?

書店や電子書籍でどれほどの部数()が売れるのか、そして稼げるのか(印税が入るのか)。

本で食べていきたいあなたのために「本の印税」についてご紹介します。

 

 

本の印税とは売れた本の利益?

本 印税 どのくらい

印税とは、売れた本の数%の利益(お金)をもらえる制度のことです。

書籍の中身を考えた、もしくは書いた人(以降著者とします)が、出版社に原稿として渡します。

すると、出版社は著者の代わりに製本・宣伝し、売り出します。

売れた冊数分のお金が著者の収入となります。

それが印税ですね。

 

 

本の印税はどのくらいか?平均的な計算では?

本 印税 どのくらい

 

一般的には、「本の単価×10%=印税」が相場です。

印税は契約によって上下します。

例えば、450円の漫画が1冊売れれば45円がもらえます。

1000円の本を1人で書き上げたなら、100円です。

1冊1000円の本が総売上100万部であれば、総額1000万円稼ぐ計算です。

 

ただし、印税は著作権料であり、出版社との契約によって、印税の割合は増減します。

 

 

本の印税の支払方法は?

本 印税 どのくらい

支払方法には「実売方式」と「発行部数方式」の2種類があります。

2つの違いを詳しく見ていきましょう。

本の印税|支払方法・実売方式

実売方式では、「実際に売れた部数」分の印税が支払われます。

 

多くの出版社がこの方法を取ります。

本が売れれば売り上げも上がります。逆もしかりです。

面白いか否かが目に見えて分かる方法と言えるでしょう。

ただし、多くの場合知名度の低い作家が収入0円とならないよう「初版保証」が行われています。

 

初版保証って?

初版保証とは、最初に印刷した部数について、一定の割合で印税を保証するオプションです。

 

実売契約であっても適応されます。

例えば、初版が5000部で保証部数率が4割の時、2000部の印税が保証されます。

単価1000円の書籍で10%の印税なら、200万円支払われます。

もし、200万円以上稼ぎたいなら2001部以上売れなければなりません。

 

本の印税|支払方法・発行部数方式

発行部数方式では、「発行した本の部数」分の印税が支払われます。

 

始めから1万部売り出すと決めていれば、その分印税も支払われます。

発行部数方式は著者が有利な支払方法なので、本当に売れる見込みがある本のみに適応されます。

 

 

 

本の印税がどのくらい貰えるのか、本と電子書籍とでは違う。

本 印税 どのくらい

紙媒体と違い、電子媒体に印刷費用は掛かりません。

よって、印税率が10%〜20%ということもあります。

 

しかし、電子媒体は印刷しないが故に初版保証する必要もありません。

つまり、本当の意味で実売方式のみの適用と言えます。

さらに、出版業界の現状として電子媒体を紙媒体の副産物と考える風潮が残っています。

紙媒体の本が買われないと重版にならないのです。

電子書籍を購入するユーザーが増加しています。

電子媒体が書籍の人気に反映されない体制が続く限り作家に厳しい時代と言えるでしょう。

 

 

 

本の印税で食べていけるのか?

本 印税 どのくらい

ハッキリ言うと、数百万部単位で売れなければ生活できないでしょう。

 

今まで10%の印税で計算してきました。

ですが、無名の内に10%の印税はまずありません。

むしろ、3%〜6%程度が一般的と考えられます。

 

初版保証で200万円を稼げると聞けば、聞こえはいいです。

しかし、1つ原稿を書き上げるために半年〜1年かかったならば月16万円〜30万円程度。

しかも10%の印税であった場合の話ですから、10%以下の印税だと月10万円も得られないでしょう。

正社員として毎月30万円の給料がある方が稼いでいると言えます。

 

では、自費出版なら?

そもそも本を作り売り出すのは、個人でもできます。

個人製作の本は同人誌と呼ばれます。

自費出版の場合、出版社を通さないため正しくは印税収入ではありません。

 

この場合1から10まで個人で行うので、売上から費用を引いた分はすべて個人の利益です。

書店へ委託販売する場合は、その費用も引かれます。

ただ、数100以上を売り出したいとなると15ページ程度でも数万から数十万かかります。

売り始める前に資金調達が必要です。

元手があり、相当な実力があるならば自費出版でもいいかもしれませんが、ハイリスクハイリターンなのは間違いありません。

 

 

まとめ

無名の内に本の印税だけでの生活は非常に苦しいでしょう。

 

しかし、自分の書いた本が書店に並ぶことは憧れますよね?

本をビジネスととらえるなら、サラリーマンの方が安泰です。

 

ですので、作家は多作となり、たくさんの本を出版し、累計部数で稼いでいくタイプと作家としての知名度が高まることで、講演活動等の他の経済活動を行います。

講演の仕事が入るようになると、講演料としての収入を得ることで、作家として生きていくスタイルです。

 

ほんの数冊で、数万部という作家の場合に、講演などを行わず、作家業だけで食べていくのは、なかなか大変なことです。

 

本だけで食べていきたいなら、仕事の傍ら原稿を書き、技術と名声を上げてから脱サラしましょう。

関連記事

知ってのとおり、本には、電子書籍と従来の紙の本がある。電子書籍が伸びているが、紙の本が無くなったわけではない。電子書籍の利便性が評価され、人気を集めても、紙の本には変わらぬ優位性が残っているからだ。 […]

本 電子書籍 紙 両方
本 印税 どのくらい
最新情報をチェックしよう!