イスラエル観光|夏は危険で注意が必要|留学体験者が解説

イスラエル 観光 危険旅行
旅行
この記事は約5分で読めます。

 

できればチケットを買う前に注意していただきたいことがあります。

ユダヤ教に基づく、国土60%が乾燥地帯のイスラエル

他の国と同じ感覚での渡航は危険です。

 

この記事を読んでいただけますと、「イスラエル観光で注意すること」ご理解いただけます。

では、留学体験者のAが解説します。

 

 

イスラエル観光|夏は危険!注意して。

イスラエル 観光 危険

 

イスラエルの夏の暑さは、日本の夏とは大きく違います。

観光前に、行き先の地域の気温を調べて、着ていく洋服を決めるかと思います。

気温だけ見ると、日本の方が暑いと判断することが多いです。

イスラエルの夏の怖さは、紫外線と乾燥です。

 

イスラエル観光の夏|日焼け止めクリーム

夏だけに限りませんが、イスラエルの日差しは痛いほど強いです。

日本では、味わうことのない強さです。

 

日本から持参する日焼け止めクリームの場合、1日のうちに何度も塗りなおすことをお勧めします。

日本の日焼け止めクリームは、さらさらしていて塗り心地は確かにいいのですが、何度も塗り直さないと効果がないです。

 

イスラエルで売っている日焼け止めクリームは、1日中持ちます。

少しベタベタします。

でも、日本の日焼け止めクリームを使っていた頃より確実に効果があります。

 

特に男性観光客で、普段から日焼け止めクリームを使う習慣がない方。

イスラエルに観光する際は、必ず使用してください。

 

 

イスラエル観光の夏|危険です。帽子は必需品。

イスラエルの強い日差しに慣れていない観光客が、イスラエルの夏を帽子なしで過ごすのは、とても危険です。

 

頭が直接日を浴びて、頭痛を起こすことも少なくありません。

観光中に頭痛になっては、旅が台無しです。

 

 

イスラエル観光の夏|危険です。こまめな水分補給が重要。

イスラエルは、夏に雨が降りません。

一番の観光地エルサレムは、海に面していなく、非常に乾燥しています。

 

観光中に脱水症状になることもよく耳にします。

常に水は持ち歩き、喉が渇く前に、水を飲むことを心がけましょう。

 

 

 

イスラエル観光|プランは安息日に注意して!

イスラエル 観光 危険

 

名前は聞いたことあるかもしれないですね。「安息日」。

イスラエルを観光するのには、絶対に知っておかなくてはいけません。

 

ユダヤ教の聖書に当たる旧約聖書の一部「神は6日で世界を創造し、7日目に休みをとった」。

この神が休んだ7日目を安息日といい、イスラエルではそれを厳守しています。

 

そのため、安息日の労働は禁止されています。

7日を1週とした時の最後の日であり、神の休日である安息日はユダヤ教では土曜日です。

厳密には、ユダヤ教のカレンダーで1日は日没から始まり日没で終わります。

 

つまり安息日は、金曜日の日没から始まり、土曜日の日没に終わります。

正確な時間は決まっていませんが、冬は4時ごろ、夏は5時ごろが日没になります。

 

イスラエル観光では、安息日について知らないで、観光プランを作るのは大変危険です。

 

イスラエル観光|安息日による影響

様々な交通機関と売店施設が休みになります。

 

 

イスラエル観光|公共交通機関

安息日は労働の禁止に伴い、バス・電車は完全に運行しなくなります。

観光客によくあるのが、そのことを知らずに飛行機のチケットを買ってしまうことです。

 

例えば土曜日の夜に空港にいかないといけない場合です。

高額なタクシー代を払わざるをいけません。

もしくは、金曜の日没までに空港に向かうようにしないといけません。

 

他にも、金曜日の午後まで少し離れたところを観光し、夕方か夜にホテルに戻りたい時に困ります。

これもまたタクシーになります。

観光客だとわかると、ぼったくられる国なので、タクシーはなるべく避けるようにしましょう。

 

 

イスラエル観光|売店

これも同じく販売者の労働になるので、安息日には売店も営業をしていません

(※地域によって、レストランやカフェは空いているところもあります。)

観光中の買い物は、安息日のことを考えて計画的にするといいでしょう。

 

安息日とは関係ありませんが、プチ情報があります。

観光地区にある出店では、観光客には高値で売りつけてきます。

値段の表示がない場合は、店員が勝手にその場で値段を決めています。

 

緊急で必要なもの以外は、少し郊外に出て見ましょう。

大きいスーパーがあり、安く、値段を確認しながら買い物ができます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/omiyage/ target=]

 

 

まとめ

どこに観光に行くにも、行く前にその国について知ることが必要です。

 

他の国とは異なるイスラエルの安息日と、異常な夏の気候に注意して、素敵な観光にしてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/israel-kankou-hoka/ target=]

 

タイトルとURLをコピーしました