じゃがいもの育て方・袋の場合|初心者でも簡単にできる栽培方法

家庭菜園初心者でもできる、じゃがいもの袋での育て方を紹介します。

家庭菜園やベランダに植える場所がなくても、袋で簡単に省スペースでじゃがいも栽培ができます。

 

現役農家の「てんぞ」が解説します。

 

 

じゃがいもの育て方|袋で育てるポイント

じゃがいも 育て方 袋

 

 

袋での育て方のポイントは、以下の点です。

・培養土の袋を用意して、排水用の穴をあける

・土寄せのやり方

・水やりをする

 

基本的な育て方は、畑での栽培と一緒です。

ジャガイモの育て方については、こちらを参考にしてください。

関連記事

家庭菜園初心者でもできる、畑でのジャガイモの育て方を紹介します。植えつけから収穫まで、土作り、肥料、水やりの頻度など栽培のコツも。育て方さえわかれば、誰でも簡単、楽においしいジャガイモが作れます。 […]

ジャガイモ 育て方 畑

 

 

じゃがいもの育て方|用意する袋

じゃがいも 育て方 袋

 

市販の培養土の袋を用意します。

透明でない、丈夫な袋がいいです。

透明な袋だと、じゃがいもの玉や根が日光に当たり、傷みます。

特に、じゃがいもの玉は日光に当たると、ソラニンという緑色の毒素ができるので注意してください。

大きさは、15ℓ以上の袋にしましょう。

土のう袋や、麻袋でもいいです。

 

培養土は、肥料が配合されているものがいいです。

水はけのいい土を選ぶと、じゃがいもはよく育ちます。

 

 

じゃがいもの育て方|袋に植えつけ

じゃがいも 育て方 袋

 

袋に排水用の穴をあける

袋の底面、下部にドライバーやハサミで排水用の穴をあけましょう。

じゃがいもは多湿だと病気になったりと生育が悪くなるので、20~30か所ほど多めに穴をあけたほうがいいです。

袋を開封する前に穴をつくれば、穴をあける作業のときに土がこぼれる心配がありません。

 

土のう袋や麻袋の場合、あらかじめ穴があいているものもあり、作業の手間が省けます。

 

種の植えつけ

植えつけの前に、土を半分くらい袋から取り出します。

ジャガイモの芽が成長したときに、芽が倒れないように土寄せするためです。

取り出した土は、別の容器(袋、バケツなど)で保管します。
(後で土寄せで使います)

取り出した土が湿気ないように、通気性のいい、雨の当たらない場所で保管しましょう。

土を取り出したら、余った袋の上の部分を折りたたんで、高さを調整してください。

 

土の真ん中に10cmの穴を作り、種を植えます。

植えたら、8cmほど土をかぶせましょう。

 

ジャガイモを植えた袋は、軒下など雨の当たらない、日当たり、風通しのいい場所に置いてください。

袋が倒れないように、壁にもたれかけられる場所がいいです。

 

 

じゃがいもの育て方・袋|芽かき・土寄せ

じゃがいも 育て方 袋

 

芽が10cmになったら、芽を間引いて2~3本にします(芽かき)。

芽かきをしたら、芽が倒れやすくなるので、植えつけの時に取り出した土を芽が隠れない程度にかぶせます(土寄せ)。

その後の土寄せは、成長したじゃがいもの芽が倒れないように、時期を見て行ってください。

土寄せのときに、折りたたんでいた袋を元に戻して袋の高さを調整しましょう。

 

 

じゃがいもの育て方・袋|水やり

 

葉がしおれるほど乾燥していたら水やりをしましょう。

乾燥気味に育てたほうがいいので、過度な水やりはしないでください。

 

 

じゃがいもの育て方・袋|追肥

 

土寄せするときに、培養土に肥料が入っているので追肥の必要はありません。

 

 

じゃがいもの育て方・袋|収穫

 

葉が黄色く枯れてきてた収穫時期です。

袋から掘り起こしてもいいし、袋ごと土を放り出して収穫してもいいです。

 

関連記事

現役農家「てんぞ」さんの協力を得て、家庭菜園で各種野菜の土作り時期〜育て方を公開しています。家庭菜園の本やページにある内容とは少し違う、現役農家さんの知恵や工夫・アドバイスを参考にして下されば幸いです。ご自宅のバルコニー・ベ[…]

家庭菜園 土作り 時期