営業・仕事

介護のモニタリング|評価と書き方についてのポイント

介護 モニタリング 評価 書き方営業・仕事

この記事でお伝えする事は次の通りです。

介護モニタリングの流れから評価、ケアマネジャーへ報告まで

・介護、モニタリングの抑えておきたいポイント、注意点

 

介護を利用する方にどのようなケアをしていけば良いのか、

計画をケアマネジャー(ケアマネ)がたてます。

 

実行するのは現場の介護士になり、

本来ケアマネジャーがモニタリングをします。

 

しかし、現場の方が正確にモニタリングを行う事が出来るので、

実行し、ケアマネジャーへ報告するのも介護士の仕事の一になります。

 

この記事を読むと

介護のモニタリングについての流れや

評価・書き方のポイント、が分かります。

まずどのような流れでモニタリングを進めるのか紹介していきます。

 

 

介護のモニタリング|評価と書き方について

介護 モニタリング 評価 書き方

 

介護サービスを利用する前に、

介護サービスを利用する側と、介護サービスを提供する側で集まります。

 

今後の介護サービスについて、話し合います。

利用者に対して、今後どのようなケアをしていけば良いのか。

ケアマネジャー、家族(本人も)、

介護に携わる事業所の職員で会議を行うのです。

 

会議で、どのような流れでケアをしていくのか、

実行する流れを決めていきます。

 

施設等で携わる場合、介護士が直接介護を行うようになります。

利用者のケアプランに沿った介護を検討し、

実行していくのです。

 

ケアプランに沿った、介護を行った過程をモニタリングしていきます。

 

例えば

「安定した歩行が出来るようになる」

というプランの場合、

介護士側が歩く動作に問題はないのか

 

立ち上がりに問題はないのか

歩く距離はどの程度なのかを観察します

 

観察や実行を繰り返し、

月に最低1回以上ケアマネジャーへと報告していくのです。

 

介護士は、

ケアマネジャーが作ったプランをどこまで出来て、

どこが出来なかったのかをまとめ、評価します。

 

ケアマネジャー自身がモニタリングをするよりも、

常に現場にいる介護士がモニタリングをした方が評価は確実です。

 

ケアマネジャーは、モニタリングの評価を考慮し、

再度ケアプランを計画していくというのが、

介護でのモニタリングの流れとなるわけです。

 

 

 

介護、モニタリングの大事なポイントや注意点はどこなのか

介護 モニタリング 評価 書き方

 

ただ単に観察をしていれば

モニタリングが出来たというわけではありません。

 

観察をするにしても大事なポイントがいくつかあります。

 

介護のモニタリング|利用者の状態把握

大事なのは利用者の状態を把握する事です。

 

状態把握をしっかり行わなければ、モニタリングは行えません。

普段の日常の様子や、

身体状況の把握をしなくては、モニタリングをして報告する事が難しいです。

日常の些細な変化や、

介護士の気付きも重要になるので、

日々の生活を記録としてまとめておく必要があります。

 

 

介護のモニタリング|ケアマネジャーや他職種との連携を図る

介護士だけではモニタリングが不十分になる場合があります。

 

医療面では看護師からの助言も必要ですし、

食事面では栄養士の助言も必要になるでしょう。

 

実際に実行をするのが介護士だとしても、

他職種との連携を図れないと、モニタリングが不十分になるのです。

 

ケアマネジャーに報告する際にも

正しく報告出来ない為、結果的に利用者に、

より良いケアが出来ない事になります。

 

 

介護のモニタリング|利用者本人が満足しているかどうか

ケアマネジャーが計画したプランを実行していく中で、

利用者が満足しているかどうかも重要です。

 

良かれと思い計画した内容で、介護士が実行しても、

利用者本人が満足していないのであれば、

ケアマネジャーへ報告します。

 

ケアマネジャーに、ケアプランの中止、

もしくは変更を検討してもらいます。

 

満足しているのか、

していないのかの見極めもモニタリングをする上で重要な役割になります。

 

 

介護のモニタリング|過大評価、過小評価をしてはいけない

モニタリングする上で、客観的事実を見るという事も大切です。

 

現在の状態とケアプランを実行し、

利用者に適切か、適切でないかを評価します。

 

利用者の状態を過大評価、

過小評価した場合、ケアマネジャーはプランを立てる事が難しくなります。

評価をするのであれば、

個人的感情ではなく、第3者の目線になる必要もあるでしょう。

 

 

まとめ

介護現場でモニタリングをする事が

利用者の今後に繋がるので非常に重要です。

 

モニタリングの流れやポイント、

注意点をしっかり確認、評価し、

ケアマネジャーへ報告する事でプランがスムーズに実行されます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/kaigo/ target=]

タイトルとURLをコピーしました