転職

面接の髪型は前髪上げる方がイイ!清潔感+意欲的な印象

スポンサーリンク
髪型転職

転職面接受ける人で、髪型を気にしている人が多いみたいなので伝えたい。

 

今の髪型で大丈夫か?

 

と気にしてる人の多くは、「普段の自分の髪型じゃ、転職面接にマズイかな」と気づいているのではないですか。

今の髪型は転職面接にはマズイかなと思うなら、おそらくマズイのですよ。

 

それ、自分の心の声だと思います。

あとは、この転職をどのくらい本気で考えているのか、それ次第です。

髪型が原因で、面接に落ちても大丈夫だと、胸を張れるのなら、良いと思います。

 

もし本気なら、「ごく普通の髪型が、ダサイとか、好きとか嫌いとか、どうとかいうよりも、後悔しないように、やるしかないでしょ」と筆者は思いますよ。

さて、あなたの心配してる気持ちに向けて、解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

面接の髪型は前髪上げる方がイイ!清潔感+意欲的な印象

髪型

 

結論:真剣に転職を考えているなら、普通の髪型にした方がいい。

 

男性と女性では少し違うかもしれないが、面接官から見たときの基準で共通しているのは、「清潔感」です。

転職先に会社が、あなたに求めているのは、「オシャレ感」じゃないし、「格好良さ」でもありません。

 

男性の場合なら、短髪で前髪を上げておでこを出す。

元々、クセのある髪質の人もいるだろうし、少し茶色がかった髪色の人も、いるでしょう。

面接官は、そんなこと気にしてません。

気にしてるのは、髪型の清潔感です。

短髪で、前髪を上げておでこを出すスタイルは、強めの清潔感と軽い自信を相手に伝えます。

 

筆者が面接する際に、心の中で「その髪型はダメ!」と思う場合があるので、それを伝えたいです。

ただ職種としては、「接客・販売」「営業」「事務」に関してです。

接客に関しても、飲食ではない「接客」についてです。(一部髪型以外の第一印象についても)

 

転職面接でやめておいた方がいい髪型

・毛がツンツン立ってる

・スキンヘッド、もしくは非常に髪の短いスタイル

・両耳がかくれる長髪(男性)

・髪がボサボサで不潔感を感じる

・個性的すぎる髪型(男女共通)

 

髪型では無いが、清潔感を感じないポイント]

・ヒゲ(似合ってるとか関係ない)

・ピアス(水商売ならいいかも、昼間の仕事ならアウト)

・ネイル

・ネックレスや指輪

・強い香水

・派手な化粧

・全くのノーメイク(もちろん女性)

 

もし、上記のリストの中の一つでも、該当するのなら、今すぐに修正すべきです。

転職面接で、面接官に一番嫌われるのは、清潔感のない人です。

 

「そんなことまでして転職したくない」というのなら、それまでのことです。

転職にかけるあなたの思いが、自分の未来の人生よりも「髪型」の方が大事なだけのことです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

面接の髪型は清潔感+意欲的な印象が採用を決めるかも

転職 面接 髪型

 

転職を真剣に考えているのなら、面接官に嫌われるかもしれない姿のままでどうしますか。

転職するものとして、好感度対策には「清潔感が一番」です。

 

鏡の中の自分を見て、「これで大丈夫か?でも気になる」と思っているから、この記事を読んでいるのだと思います。

「気になる」と言ってるのが「あなたの自分の心の声なんだ」と思います。

「でもいいか。いいよね」と言ってるのは、あなたの「自分都合の声」です。

でも採用するかどうかを決めるのは、面接官ですよ。

 

例えば、採用枠は1人です。応募者が2人。

応募者が2人とも、これまでのキャリアと能力が同じくらいかなと感じられる場合。

A)髪型が個性的で、長髪で髪をツンツン立ててる人(あるいは、ネイルと化粧で派手な人)

B)ごく普通の感じで、「清潔感」を感じさせる髪型の人

 

 

答えを書く必要もないと思うが、一瞬で「2番目のB さん」が選ばれます。

転職面接で大事なのは、自分の個性じゃないです。

面接官に、いい人だと思ってもらうことが大事なんです。

オシャレな髪型じゃないです。

清潔感を感じる外見が、重要ということです。

 

 

 

スポンサーリンク

面接の髪型は前髪垂らしてると採用には不利!

心の声

面接の場は、応募者にとって、主役となり舞台センターで、運命の分かれめ的な重要な場!

 

男性も女性も、前髪を上げる髪型だと、「清潔感」「意欲的な印象」を感じます。

逆に下ろしていると、あまり清潔感は感じませんし、地味で暗く見える傾向があります。

 

実際の性格が、大人しくて、地味でも、面接の場面では、見かけの演出をしておく方が、得です。

 

 

髪型くらいのことで、後悔をしないように、面接をしてもらうには、可能な限り改善した方がいいということです。

 

「これくらいはいいよね」とか、自分で判断してはダメです。

本当に自分の姿を客観的に見て、普通の姿の社員だと思えるのか、どうかです。

 

きっとあなたにとって「ダサい」髪型だと感じるかもしれません。

ダサくたって、きちんと転職できることの方が、大事。

 

それでも、「ダサい髪型は嫌」だとか、「この前ネイルしたばかり」とかの思いが

強いのなら、自分が良いと思う姿で面接に向かえば、良いと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

転職面接の時の髪型が面接官に好印象になるかどうか、それによって面接を失敗にするか成功にするのか、あなた次第です。

もちろん、面接は見た目以外に、志望動機や自己PRや過去のキャリアなど、採用の判断をされるポイントはいくつもあります。

しかし、面接官に会った瞬間に持たれる「第一印象」が採用されるかどうかに大きな影響が有るのは間違いありません。

 

タイトルとURLをコピーしました