注目キーワード

英語の顔文字を使いこなそう!

こちらの記事でお伝えすることは、次の通りです。

〇英語の顔文字とは

〇英語の顔文字の種類

 

英語の顔文字を使いこなそう!

メールなどで良く利用される絵文字。

海外にもこの絵文字と同じような機能を持つ顔文字がありますが、ずいぶん形が異なっています。

では、どのような顔文字があるのか解説してまいります。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、英語の顔文字についてご理解いただけます。

それでは、ニュージーランドに在住17年の通訳をしている<うらん>が解説いたします。

 

 

英語の顔文字と絵文字との違い

顔文字
顔文字

 

英語の顔文字は、emotion-icon (emoticon)と、呼ばれます。

1982年9月、コンピューター科学者のスコット・ファールマンが、カーネギーメロン大学の伝言板でのオンライン発言が、冗談であるか、または深刻なものであるかを明確にするために、:-) または:-( を使用できるのではないかと提案しました。

その後まもなく、emotion-iconという用語が登場しました。

 

Emotion-iconは絵文字とは異なります。

絵文字は、実際の絵となっています。

Emotion-iconは基本的なテキストのみが利用可能な環境で、感情を表現するために人間の顔に似せて配置された句読点、文字、数字のセットです。

 

絵文字

絵文字は、今日殆どのオペレーティングシステムで使用されているUnicode の文字セットの拡張機能です。

メッセンジャー、ソーシャルメディアアプリ、ブラウザーがコードを読み取り、それに一致するグラフィックを表示します。

ソフトウェアによってグラフィックが若干異なる場合があります。

そのため、iPhoneから送信する絵文字は、Androidスマートフォンで受信するとまったく異なったものとなります。

 

あと他にもFacebook、Twitterやラインなど多くのインスタントメッセージクライアントで使用されるカスタム写真のステッカーがあります。

一部のアプリでは絵文字(emoji)と呼ばれますが、完全にアプリ固有のものです。

 

日本の顔文字

日本の顔文字と(Kaomoji)と、英語の顔文字(emotion-icon)は通常区別されます。

日本の顔文字は(*_*)のようなシンプルなものから(ノ◕ヮ◕)ノ*:・゚✧. または ಠ_ಠ.などの複雑なものまであります。

しかし、英語の絵文字には複雑なものは殆どありません。

 

東洋系の顔文字と西洋系の顔文字にはそれぞれ特徴があり、東洋系の顔文字は垂直で、主に目に表情があり、西洋系は水平で、顔全体を表示しています。

 

英語の顔文字

西洋系の顔文字は、頭が反時計回りに90度回転しており、殆どが左から右に書かれています。

 

最も一般的には、左側に目があり、それに続いて鼻(含まない場合もあります)、次に口が続きます。

通常、顔の目にはコロンが使用され、ウィンクをしている場合にはセミコロンが使用されます。

ただし、等号、数字の8、または大文字Bも、それぞれ通常の目、見開いた目、または眼鏡をかけた目を表現すために使用されます。

口の記号はさまざまです。

スマイルの場合は「)」、悲しい顔の場合は「(」。口ひげの後に「}」を追加して、あごひげを表現すこともできます。

 

 

英語の顔文字の種類

 

では実際に英語の顔文字にはどのようなものがあるのか。

 

以下に、いくつかご紹介します。

・スマイリーまたはハッピーな顔= : )  :-]  :-3 :->  8-) :-}  :o)  :c)  :^)  =] =)

・笑う、笑顔、メガネを掛けた人の笑い= : D x D 8 D

・目を見開いた驚き= B^D

・超ハッピー= :-))

・眉をひそめる、悲しい、怒っている、ふくれっ面= : (  : c : <  : [  >:[ :{  :@  >:(

・泣き顔= :’ ( :'(

・嬉し泣き= :’ ) :’)

・驚き、ショック= : O : o 8 0

・キス= :-*  :×

・ウィンク= ; )  *-) ; ]  ;D

・いたずら顔= : P X P : p : Þ : b

・むっとした顔= : /  >:/ =\ :L

・恥ずかしい= :$  ://)

・酔っ払い= % )

・病気=: ###..

・サンタクロース= *<|: )

・ハートマーク= <3

 

 

まとめ

日本の絵文字や顔文字、またステッカーと英語の顔文字は異なります。

英語圏のビジネスメールなどでステッカーなどを利用すると、子供っぽい印象を受けるためか殆ど利用されていませんが、英語の顔文字は利用されています。

 

普段の英語でのメールのやり取りでも、主にステッカーか英語の顔文字が利用されています。

ですので、英語でのやり取りの際には上のリストを利用して、是非顔文字を使いこなしてみてください。

関連記事

手紙やメールを英語で書くときに役立つよう、ニュージーランドに17年居住している通訳の仕事をされている<うらん>さんが解説してくれています。「なるほど」と思える知識が得られると思います。  英語[…]

メールを書く
顔文字
最新情報をチェックしよう!