注目キーワード

カッチカチのひどい肩こり!その原因についてまとめてご紹介!

この国民病ともいえる肩こり原因について解説します。

この記事でお伝えすることは以下の通りです。

・カッチカチのひどい肩こり原因は、日本人の体型によるものと姿勢の悪さ、そして同じ姿勢を続けることから来る筋肉の緊張だったこと。

・カッチカチのひどい肩こり原因は、目を酷使していることから眼精疲労がたまって肩まで疲労すること。

・カッチカチのひどい肩こり原因は、運動不足による血行不良になっていること。

 

厚生労働省の「平成28年国民生活基礎調査」によると、

日常生活における自覚症状ランキングで、肩こりは女性が1位、

男性では2位になっています。

 

この記事を読んで頂けますと

「カッチカチのひどい肩こりの3つの原因と対策」がご理解いただけると思います。

 

 

肩こりの原因は日本人の体型と姿勢の悪さ、そして同じ姿勢を続けること

肩こりの原因

 

日本人の特徴として、欧米の人と比べて、頭が大きくて首から

肩の骨格や筋肉はきゃしゃに出来ています。

 

よって、大きな頭を持つ日本人は、姿勢が悪かったり同じ姿勢を

取り続けていると、それが原因でだれでも肩こりになりやすいのです。

 

私たちは常に胴体が頭を支えている状態ですが、頭の重さは、

なんと5キロ以上ありますので、かなりの負担になっています。

また、長時間にわたって、姿勢が悪かったり同じ姿勢のままでいると、

筋肉の使うところが同じところばかり負担がかかり、他の筋肉が衰えてきます。

結果、バランスが崩れ肩こりを招く原因となります。

 

肩こりの原因となる同じ姿勢は、デスクワークが多い人や

細かな手仕事を行う人や読書が好きな人などによくあります。

 

無意識に首や両肩を少し前に突き出して、体をすぼめるような

姿勢になりがちです。

こうした姿勢を長く続けると首から肩にかけての筋肉が緊張して

疲労が生じ、血流が悪くなり、肩こりを生むのです。

 

予防は同じ姿勢をとっていると思ったら、意識して首や肩を回して

筋肉の緊張をほぐしてください。

出来たら時計を見て、1時間に1度くらい立ち上がって、

背伸びや屈伸をする、などと決めておくとよいでしょう。

 

 

カッチカチのひどい肩こりの原因は目を酷使していることから眼精疲労がたまって肩まで疲労すること

眼精疲労

 

目を長時間にわたり酷使していると、どうしても眼精疲労

になりやすいです。

 

それと同時に首から肩までも筋肉が張り詰めて肩こりの

原因になります。

ほかにも、自分に合っていないメガネやコンタクトを付けて

いると眼精疲労になりやすいので、これも肩こりの原因になります。

眼や首や肩の神経はそれぞれ繋がっているので眼精疲労になると、

その周辺の神経に影響を及ぼし、よって肩こりの原因なります。

 

また、ピントが合っていないメガネやコンタクトを使い続けていても、

肩こりの原因になります。

 

テレビ、パソコン、スマートフォンなどの画面上の細かな文字を

読んだり画像を長時間見続けると、眼にとってかなりの負担になり、

首や肩の筋肉が張り詰めます。

 

パソコンの場合、光源を見つめるのと同じなので眼が常に緊張を

強いられ、文字を読むと瞬きの回数が減ります。

 

そうすると、ドライアイとなって眼精疲労進み、肩こりの原因と

いうことになります。

 

眼精疲労が酷くならないように、ときどき眼を休ませることが大切です。

目薬をさして1~2分間は目を閉じて休ませます。

 

そのとき指先でこめかみのあたりを、優しくなでるようにマッサージ

してリラックスしましょう。

 

 

ひどい肩こりの原因は運動不足による血行不良になっていること

運動不足

 

近所の散歩したりウオーキングしたり、部屋の中では

浅い屈伸運動をして、日常生活に取り入れていきましょう。

人間は動くことで身体が正常に機能するようにできています。

運動不足によって起こるのは肩こりの原因のみならず、

あらゆる病気の元になると考えられています。

 

肩こりを起こしている時は首から肩にかけての血流が滞りがち、

新鮮な酸素や栄養分が循環しにくくなり、疲れやすさを感じたりします。

適度な運動をすることによって、良質な筋肉の量が増えて

筋肉が柔軟になります。

 

筋肉は血液を送るポンプのような役割があり、し運動を続けることで

全身の血流が改善。

また、血流が改善されるだけでなく、気分転換にもなります。

やり方をおぼえたり、体重を何キロ減らすという目標を持ったり、

新しい知合いを作ったり、といった楽しみを作ることで、

ストレス解消にもつながります。

 

 

以上、肩こりの原因についてのご説明でした。

ポイントは3つ、正しい姿勢を保って、眼を酷使しないようにして、

毎日の生活のなかに適度な運動習慣を取り入れることです。

 

カッチカチのひどい肩こりに悩まされないよう、しっかり予防しましょう。

肩こり
最新情報をチェックしよう!