注目キーワード

クレジットカードで税金を支払う際に手数料はどれだけかかる?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

税金手数料や国税や地方税で変化する!

・還元率が1%あればお得な場合もあるが…

・コンビニや銀行ではクレジットカードが使えない

 

手元に現金がない場合、それでも税金を支払わなければならない、そんな時はクレジットカードがオススメ。

クレジットカードなら簡単に税金が支払えて、あとで引き落としがされます。

とはいえ、物事は表裏一体、手数料を心配する声もあります。

 

この記事を読めば、クレジットカードで税金を支払うべきかどうかがお分かりいただけるでしょう。

それでは解説してまいります。

 

 

クレジットカードで税金を支払うと手数料はそれなりにかかる!

クレジットカード 税金
クレジットカード 税金

 

地方税をクレジットカードで支払う場合は注意

 

国税の方が地方税に比べれば手数料がかからない

法人税や相続税など国税をクレジットカードで支払えます。

 

その際にかかる手数料は、税金1万円ごとに税別76円かかります。

消費税を加味すると、1万円につき83円が手数料として必要に。

これを高いとみるか安いとみるかは地方税の手数料で判断を。

 

ヤフー公金支払いでは、特定の自治体の住民税などが支払えます。

その際の税金の手数料は、一般的に1万円ごとに税込み110円です。

 

クレジットカードで支払うなら地方税の手数料が高くつくコトに。

ヤフーのアカウントがあればTポイントを使って支払うコトも可能です。

ただ、額面が額面なだけに現実的とはいえず、税金を支払う際は気を付けましょう。

 

還元率は1%あっても厳しい場合が

本来窓口で支払えばかける必要もない手数料をかけてまで、クレジットカードを用いる人の心理。

それは税金を支払うことでクレジットカードのポイントがつくから。

 

思惑通りポイントはつきますが、問題は還元率。

ヤフー公金支払いというサイトを通じて支払う場合、還元率が1%以上ないと損をします。

 

国税なら1%もあれば十分ですが、地方税だけ窓口、国税はクレジットカードと分ける必要が。

手間を考えた際、還元率1%では税金をクレジットカードで支払うのはいささか心許ないでしょう。

 

 

 

クレジットカードの手数料以前に、金融機関などで税金の支払い目的で使えない

クレジットカード 税金 (2)
クレジットカード 税金

 

納期限など気にすべき部分も多い

銀行やコンビニではクレジットカードに対応していない

クレジットカードで税金の支払いが行えるのは、ネットを通じたものばかり。

そのため、銀行やコンビニなどで支払おうと思っても、クレジットカード決済を受け付けません。

 

また納期限の問題もあります。

納税が行われた確認されるのは、クレジットカード決済をした日の少なくとも1週間後。

納期限に手続きを済ませていれば延滞税は発生しませんが、車検などに影響する場合も。

余裕をもって対応をしないと、窓口の前で途方に暮れることになりかねません。

 

 

自治体によって受け付けてくれるところとそうでないところが

ネットを通じてであれば、税金の支払いが行えますが、すべての自治体ではありません。

 

手数料以前に、自分が住むところがクレジットカードでの税金の支払いを受け付けていないなんてコトも。

どうしようもなく、国税など限られたもので使うほかありません。

税金に関する決済ができるのか、手数料はいくらか、改めて確認しましょう。

 

 

まとめ

 

クレジットカードで税金の支払いが行えれば、手数料こそかかるものの、いつでも支払えます。

夜に支払いが行えるとなれば、手数料が多少かかってでも税金の支払いに利用するでしょう。

せっかくならお得に利用したい人は、手数料の割合より還元率が高ければ大丈夫。

わざわざこのために替える必要はないですが、要素の1つに考えてみるのもいいでしょう。

まずは税金の支払いにカードが使えるかどうか。

手数料がいくらかというのはその後でいいでしょう。

関連記事

クレジットカードは、今の時代になくてはならない生活の必需ツールです。2019年11月末、未だ日本においては、まだまだ現金主義の人が多い。しかし、政府の主導もあり、キャッシュレスの方向へと少しずつ進んでいる。この記事で[…]

クレジットカードの使い方
クレジットカードで税金払う
最新情報をチェックしよう!