ダイエット

ダイエットで筋肉痛|筋トレが効いてる証拠・痛い部分だけ休むのはOK

スポンサーリンク
ダイエット 筋肉痛 効いてるダイエット

ダイエットの近道は、筋トレで筋肉を増強させることです。

筋肉が身体につくと基礎代謝がアップするからです。

基礎代謝を増やすことは、日常生活の中で消費カロリーが増えることになりますので、ダイエットを考える上で重要です。

 

ですので、ダイエット中に積極的に筋トレをしている人をよくみかけます。

しかし、筋トレをすると、筋肉痛に悩まされるものです。

筋肉痛を我慢して運動をしていませんか?

この記事を読んでいただければ、ダイエット中の筋トレで筋肉痛の対処法、筋肉痛にならない方法がわかります。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中の筋肉痛は筋トレが効いてる証拠

ダイエット 筋肉痛 効いてる

 

ダイエット中に筋肉痛になるのは、筋トレのやり過ぎではありません

筋肉痛は、筋トレが効いてる証拠です。

筋トレが効いているということは、ダイエットが順調に進んでいるということなのですから。

 

ダイエット中の筋肉痛が起こるメカニズムは・・・筋トレが効いてる

筋肉痛が起こるメカニズムは、今現在、正確な原因がわかっていません。

 

しかし、筋肉痛が起こるのは、筋繊維が激しい運動によって傷ついて炎症を起こしているからと、一般的にいわれています。

一見、繊維が傷ついて炎症を起こしているので、「やっぱり筋肉痛はよくないことでは…」と思ってしまいます。

ところが、筋肉痛が発生することは、悪いことだけではないのです。

それは、筋トレが効いてる証拠だからです。

ダイエットが、いい方向に向いているともいえます。

 

ダイエット中の筋肉痛の後で筋肉が強く太くなる

例えば、筋肉痛が起こるほど繊維を傷つけると、身体はそれを修復しようとします。

そのとき、筋繊維は強くて太い状態で修復されます。

これによって、筋肉は増幅されていくのです。

つまり、筋肉量が増えることになり、基礎代謝がアップして、ダイエット効果がでやすくなるのです。

 

ダイエットをする人は、あえて筋肉痛になるために、無理に大きな負担を身体にかける必要なありません。

無理な運動は、筋肉痛のレベルを超えて、体を壊すことに、繋がりかねません。

ただ、全く筋肉痛がないような運動では、効果的に筋肉量を増やしていく運動になっていない可能性が大きいです。

その場合は、筋トレ量を少しずつ負担を増やしていく(負荷を上げる)とよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中の筋肉痛なら痛い部分の運動を休むのも有効

ダイエット 筋肉痛 効いてる

筋肉痛の時に、運動そのものを中断してしまうと、ダイエットは進んでいきません。

ここでは、ダイエットを止めないために、筋肉痛と上手に付き合う方法を紹介します。

 

ダイエット中の筋肉痛|痛い部位の他を鍛える運動を

筋肉痛は、筋肉が増強していくための過程と考えられます。

しかしだからといって、筋肉痛を我慢しながら筋トレをするのは、ダイエット効率からいって有効ではないでしょう。

そこで、ダイエット効率を維持したまま筋トレをするためには、筋肉を鍛える部位を変えるのが効果的です。

 

例えば、上半身の筋トレをして、筋肉痛になったとします。

すると、翌日は下半身のトレーニングをするのです。

こうして交互に筋トレの部位を変えることで、ダイエットの効率を維持できます。

 

ダイエット中の筋肉痛|痛い部位を無理に運動すると

筋肉痛が起こっているときは、十分な運動ができないばかりか、筋肉の修復を邪魔することにもなります。

それでは、筋肉が作られづらくなるのです。

ダイエットのスピードを上げるために、筋肉痛みがあれば負担を与えないようにしましょう。

 

ちなみに、筋繊維が傷ついて、強くなって修復されることを「超回復」と呼ばれています。

そして、この期間は一般的に筋トレの後24~72時間で行われます。

つまり、長くて3日。

これを目安にダイエットの筋トレを計画すれば、上手に筋肉痛と付き合えるでしょう。

 

縄跳びダイエットでも筋肉痛?プールやダンスでも筋肉痛?

ダイエットで、脂肪燃焼を目的に、縄跳びを始めたら、筋肉痛になってしまい、何か方法を間違えているかもしれないと悩む人もいるかもしれません。

同様に、プールやダンスも同じですね。

運動は一般的に、軽い負荷で長時間行うことで、脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動と、短めの時間で強い負荷をかけて行う筋トレに、分かれます。

しかし、有酸素運動の中には、やり方によって、筋肉に強めの負荷をかけることで、筋肉のトレー人ができる運動があります。

 

縄跳びは、一般的に、軽めの負荷を長く続ける運動なので、有酸素運動の一つに挙げられます。

しかし、縄跳びのやり方によっては、筋肉を鍛える運動にもなるのです。

 

一般的な、前とび(1回転で、1度のジャンプ)の場合、負荷は軽いので、20分以上を目安に長く続けることで、脂肪燃焼が期待できる運動です。

また、1度のジャンプ中に縄を2回転・3回転させる、二重跳び・三重跳びになりますと、体への負荷が強くなり、速筋と言われる筋肉が鍛えられることになります。

二重跳び・三重跳びになると、筋トレの効果が強くなります。

鍛えられる筋肉は、腕(手首)・お腹・背中とお尻・太腿・ふくらはぎの筋肉です。

 

同様に、プールやダンスでも、集中するポイントの置き方によって、有酸素運動のほかに、筋肉を鍛える運動にもなるのです。

 

ダイエットで筋肉痛のあと、一時的に体重は太る可能性がある

ダイエットで筋トレをして筋肉痛になるくらい、頑張っていくと、体重が増えてしまい、「痩せるはずが太るってどういうこと?」と思う瞬間があります。

筋トレを行うことで、筋肉量が増えると、体重は一時的に太ることがあります。

それは、筋肉量が増えた証拠(脂肪よりも筋肉のほうが重い)です。

 

筋肉量が増えることは、基礎代謝アップにつながり、日常生活の消費カロリーが増えるので、食べたエネルギーが体に残りにくくなるので、体重はその後に減少して(時間はある程度かかる)いきます。

ただし、その後も体重が減らず、むしろ増え続けるようであれば、次の点に注意を置かれるようにおすすめします。

  1. 筋肉痛の達成感から、食べ過ぎている可能性
  2. 水分を取り過ぎている可能性

 

筋肉痛がするくらい頑張ったのだから、と食べ過ぎてしまうと、当然消費カロリー以上に摂取している可能性があります。

たくさん汗をかいた後に、水分を多く取り過ぎてしまうと、体内に水分が残る可能性があります。

対策として、行いたいことが2つあります。

  1. 塩分を控える → 塩分を取ることで、水分を溜め込みやすくなります。
  2. 筋トレの後に、有酸素運動を行う。

 

筋トレを行なっている途中から、目的が筋トレから、マッチョになる方向に変わる人がいます。

筋肉が増え、体型が変わっていくことで、目的が変わってしまうのです。

ダイエットを目的とする場合、筋トレだけをおこなうのではなく、有酸素運動も行うことがダイエットには有益です。

 

スポンサーリンク

ダイエットの筋トレで筋肉痛にならないためにはストレッチがよい

ダイエット 筋肉痛 効いてる

 

筋肉痛にならないためには、筋トレ後にストレッチをするのがおすすめです。

 

ストレッチをすると、血行がよくなります。

すると、疲労の原因となる物質がスムーズに排出されてくのです。

筋肉に残る疲労物質が少なくなるので、傷ついた繊維の回復も早くなるのです。

 

ちなみに、血液は身体に栄養を運んで、細胞を活性化させる役割があります。

すると、基礎代謝のアップにもなるので、血行促進効果はダイエットにも有効なのです。

回復を促すのと同時に、痩せやすくする効果もあるので、じっくりとストレッチをするとよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ダイエット中の筋肉痛は決して悪いことばかりではありません

効いてる証拠だからです。

筋肉が増強されて、痩せやすい身体になるためのものなのです。

今までは筋肉痛にならないように、控えめな運動をしていた方は、もう少し負担を増やすようにしましょう。

これからは、少し筋肉痛で身体が痛い…」それは痩せやすい身体が作られているので、うれしい痛みではないでしょうか。

 

 

関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました