仕事

営業という仕事について徹底解明

スポンサーリンク
営業 仕事仕事
営業 仕事

営業という仕事について、解説しています。

筆者の40年の営業経験からの学びについて、いくつかの切り口から解説しています。

営業という仕事がどんな仕事なのか、理解して頂けると思います。

 

 

スポンサーリンク

営業は楽しい?そう思うのは業界なのか・会社なのか?実は人による

営業は楽しい!

営業が楽しいと思っている人は少ない。

しかし、仕事を続けて行く中で、感じる時が来るはずです。

 

営業の仕事には、他の職種にはない面白さがあります。

諦めず、考えて行動+考えて行動をしていると、多分何かが変わります。

そしてある日を迎えます。

それは、目の前で、顧客が喜んで、感謝してくれます。

 

直接目の前で顧客の喜ぶ顔を見られる仕事。

それは、営業の仕事だけです。

それが働きがいに感じられていきます。

実は、仕事をしていて働きがいを感じている人は、意外に少ないです。

 

 

スポンサーリンク

営業の仕事内容は変化している|現役社長が解説する

営業 変化 仕事内容 (4)

現在においては、営業の仕事内容は、ほぼマーケティングの仕事と等しい。

売り込むのではなく、買ってもらう、という視点に変化している。

だから、営業の仕事内容も、買ってもらうための業務にシフトしている。

 

買ってもらえるための商品作りから、広告告知、販売活動などが、マーケティングをもとに考えられるようになっています。

これまでのマーケティングのデータ収集は、アンケートを使ったアナログ手法から、チラシを使った手法へ変わり、今は、ネットが主流になっている。

しかし、今後は、マーケティングのデータ収集は、IoTへと進んでいきます。

 

例えば、防犯カメラもマーケティングに利用されるようになります。

どんな属性の人が、どんな商品を選ぶようになるかが、分かるようになるでしょう。

その結果、世の中から、ロス食材もなくなるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

優秀な営業マンの特徴・共通点 やるべきこと10|現役社長が教えます

読書 本

新人営業でも現役プロ社長が選んだ「やるべきこと10」を実践すれば、近い将来に先輩に追いつけます。

これまで40年間営業で生きてきた筆者が、その蓄積から選んだ「やるべきこと10」を教えます。

格好悪いとか気にしないで,やって下さい。

「新人営業  やるべきこと10」を実践できたら、トップだって取れますよ。

 

記事のタイトルには、新人営業とありますが、新人に限らず、営業の先輩のアドバイスだと思って、読んでみていただければ、何か気づきがあるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

営業の仕事の内容って、実際に何をするのか?|会社社長が解説

営業が行う仕事内容は、大きく分けると、「商談を進めること」「商談前の行動:

関係性を構築すること」です。

 

時間的に、圧倒的に多い仕事内容は、「商談前の行動」です。

ですので、ここでは、「商談前の行動に」にフォーカスして、営業の仕事の基本的

内容についての解説としています。

 

タイトルとURLをコピーしました