転職

転職するか決断できない心理

スポンサーリンク
転職 決断できない 心理転職

人生には、転職しようか決断できない迷いを持つ心理が、幾度となくあります。

筆者にも、同じ経験があります。

 

ただ、転職を考えるきっかけによっては、現状で改善できないかをトライしてみた方が良いという決断できない心理の場合もあります。

転職を考え始めても決断できない心理は、色々とあります。

筆者も5回転職してます。

転職した方がいいと思うケースもありますし、現状で改善できると思うケースがあります。

では、経験から解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

転職決断できない心理・その1|転勤の辞令が出たが転勤したくない、転職すべきか

転勤 決断できない 心理

 

転勤が嫌なら、転職することを決断してももいい

あくまでも一般論ですが、全国に支店がある会社ならば、入社時点で転勤の可能性は覚悟していたはずです。

入社時の条件に、「転勤しないことを話した」なんて事例もあるかもしれません。

筆者が過去在籍した会社でもそうでした。

 

しかし、面接した相手(面接官)すらが、数年後に転勤をしていて、入社時のやり取りなんて、曖昧になってしまうというケースは、ごく普通にあります。

筆者の在籍していた東証一部上場企業での話では、こんなこともあった。

転勤辞令を役員から伝えられ、「なるべく早く戻すようにする」と言われ、本人もそのつもりで働いていた。

 

その2年後には、その役員は、グループ会社に転籍になった。

当然、早く戻す話なんて、ないものとされた。話には、なんで、信用するんだろう、と思ってしまいます。

転勤が嫌だけど、当面は転勤先で頑張って、早く戻してもらう、何ていう話は、「まぼろし」だと思った方がいいです。

会社が大きくなればなるほど、役員すらが、数年後に、会社にいない可能性があります。

大きい組織になる程、個人的な約束なんて、ないに等しいです。

 

全国に支店があるという会社は、社員数もある程度多く、会社の業績もある程度安定イメージがあります。

その代わりに、転勤はつきものです。

地元中小企業の場合は、転勤不安はなくなりますが、世の中の6割以上の中小企業は、実際赤字経営です。

安定的イメージはないものです。

 

転勤拒否の理由にもよりますが、強い事情があるのなら、いっそ転職することは、選択肢として考えていいでしょう。

そのことで決断できない心理(迷い)を感じたり、悩んだりするのは、あまり意味がないです。

次の転職先を決めるときには、そういう決断できない心理を感じなくていいような会社を選択すべきです。

 

 

スポンサーリンク

転職の決断できない心理・その2|営業成績低迷

転職 決断できない 心理

 

まずは現状で自己改善。それでもダメなら転職

 

5年10年と営業を続けてくれば、多くの営業スタッフが体験することに、営業成績のスランプというものがある。

このケースの場合、今すぐやるべきことは、自分の仕事のやり方を改善することです。

 

転職を決断できない心理を感じる前に、やった方がいいです。

10年前と現在を比べると、会社の商品や販売方法が変わっているという言葉があります。

同じように、そこで働き営業社員も、自分の働き方は、常に変化していく必要があります。

 

今日うまくいった営業のやり方は、明日は通用しない可能性があります。

それが、先月はこれでうまくいった、とか。

去年は、こうだった、とか。

考えるのは、会社だけではなく、営業個人としても、衰退傾向になると自覚したほうがいいです。

 

何かを改善してうまくいった。

いい数字を残せた、と思ったら、そこがピークです。

その先は、同じことをしていけば、落ちるだけです。

だから、優秀な営業は、常に模索しています。

変化や進化を常に意識して行動しています。

 

もしも、以上のようなトライを何度かやってもダメならば、業界自体が下降線に入った可能性があります。

転職したほうがいいです。

転職を決断できない心理を感じなくていいです。

会社の未来は、すでにピークを超えてる可能性があります。

 

 

スポンサーリンク

転職の決断できない心理・その3|同僚・上司との人間関係

転勤 決断できない 心理

 

転職してもいいと思うが、次の転職先でも似たようなことが起きる可能性がある

人間関係に悩みを抱える人がいます。

しかし、その会社に在籍する人が全員同じ気持ちでいること場合は、あまりないのです。

人間関係に悩みを感じる人は、人間関係に関するセンサーが人より、強い場合がほとんどです。

それが悩みになり、この会社にいない方がいいなど、決断できない心理になったりします。

 

ですから、同じ職場にいても、人間関係センサーが鈍い人には、同じような悩みはないことがあります。

悩みとして、受け止める人は、「自分と同じような価値観を相手に求める」傾向があります。

その結果、そうではない人を見つけると、ものすごいストレスを感じるのです。

でも、しょせん、他人は他人です。

あなたと同じように、物事に対しての強弱を感じないのです

 

ですので、人へ対する感じ方・思い方について、それぞれ別の人生を歩んでいることを割り切れない限り、

転職をしても同じことが続きます。

確かに、世の中には、周りの人間に害を与えるような人もいますが、現実として、ものすごく少数です。

 

そういった人間関係に悩み、転職を決断できない心理を持つことは、あり得ますが、次の職場でも繰り返す可能性が大です。

他人は他人であり、自分とは関係がない、という割り切りを持ってみることです。

 

それでも、転職という決断できない心理が消えなければ、転職してもいいでしょう。

ただし、次の職場でも繰り返す可能性があることを覚悟した方がいいです。

また、同じように、決断できない心理を感じるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

転職を決断できない心理は、いろいろな場面で感じるものです。

転職した方がいいのかの決断できない心理があります。

このまま、頑張った方がいいのかの決断できない心理もあります。

また、いい職場に巡り会えるだろうかの迷いもあります。

 

決断できない心理が尽きることはありません。

でも、よく考えてみると、決断できない心理を感じる必要のないものもあります。

まず、現状での自分自身の改善をしてみることが有効の場合もあります。

そもそも、変化できるのは、自分しかありません。

 

他人をコントロールはできません。

職場にいや奴がいても、その人をいいとに変えることはできません。

他人は他人なのですから。

 

 

タイトルとURLをコピーしました