転職

面接の逆質問しないと落ちる説はウソ!印象は薄くなる

スポンサーリンク
面接 逆質問転職
面接 逆質問

筆者は会社社長です。

筆者も転職の面接もします。

 

面接では、面接官への逆質問をする方が印象に残ります。

「良い逆質問がおもいつかない」

「どんな逆質問をしたら良いのか」

そんな気持ちに、答えます。

 

逆質問は、あらかじめ面接に行く前には準備をしていないと、スムーズにできません。

面接の逆質問について、事前準備の解説をします。

 

スポンサーリンク

面接の逆質問しないと落ちる説はウソです

質問

面接時の逆質問とは、面接官から応募者に対する質問と逆に、応募者から面接官に対する質問のことです。

面接官にもよりますが、一般的に、面接が終盤に近づいた頃に、面接官から「何かお聞きになりたいことはありませんか」という質問をされます。

その質問を受けて、応募者から、面接官にする質問が逆質問です。

面接時の応募者からの逆質問は、応募者の入社意欲を表明するために、した方が良いとされます。
ただし、逆質問をしないと落ちるとまでは、言えません。

 

面接時の逆質問ではした方が良い、特にありませんだと印象薄くなる

面接逆質問の内容は、いくつかあると思います。

一番無難であり有効と思われるのは、「入社してから、自分がどんな仕事をするのか」についての逆質問です。

 

例えば、面接官から仕事の概要説明があったとしても、それを深く掘り下げるように、具体的に逆質問で聞いてみるのが良いと思います。

ただ面接官が社長であったり、人事部の人間である場合は、正しい回答が得られないかもしれないことは理解しておいて下さい。

たとえ正しい回答が得られないにしても、仕事についての逆質問をすることが一番印象が良いと感じます。

例えば、「採用して頂けた場合、私のばあい最初はどのような仕事から始まるのでしょうか?」などで良いでしょう。

 

面接時に、逆質問をすると、合格率が高くなります、とは言い切れません。

しかし、面接官に、質問はありませんか、と促されたときに、「特にありません」と答えると、面接官の心には、この応募者は入社に関してあまり関心が高くないのかもしれない、という思いが浮かびます。

逆にいうならば、あなたが面接を受けた印象で、この会社に入社したい気持ちは無くなったということならば、「特にありません」は有効かもしれません。

 

 

面接官へ個人的逆質問は意味がないし印象悪い|やってはいけない質問

面接官への逆質問で、やってはいけない逆質問があります。

具体的には、面接官個人に対するような質問は、良くない印象があります。

 

例えば、

「面接官は、この会社に入って良かったと感じていますか」

「面接官はこの会社の将来性はどのように感じていますか」

などの質問は、面接官を試しているような印象があり、有益では無いですし、マイナス印象する与えますので、要注意です。

 

もしかすると、それは本当に聞いてみたいことなのかもしれませんが、面接官の個人的意見を聞くことにしかなりません。

面接の場にふさわしい逆質問ではありません。

あなたの印象を悪くする可能性があります。

面接官は、あなたから発せられる逆質問を求めているのに対して、何かすりかえている感じがしてなりません。

 

また、給料や休日は、聞いておきたいことだと思います。

しかし、給料についてはこの場で、具体的には決定していない可能性があります。

初任給については内定通知に合わせて、知らせられると思います。

休日については、どちらとも言えませんが、配属先によっては休日取得の仕方が違う場合もありますので、答えがえられない逆質問になってしまうかもしれません。

 

応募者が入社後に、実際に行う仕事の内容について質問し、合わせて給料や休日について、質問するのは、良いです。

しかし、仕事内容の質問がなく、給料と休日についての逆質問だけするのも、良くない印象が残ります。

 

 

面接の逆質問では面白いことを言って印象付けるのは有効か

逆質問によって、応募者の評価が高まることは、あり得ます。

ただし、面白いことを言って、好印象を与えたいと、考えすぎると逆効果になってしまうこともあり得ますので、注意が必要です。

確かに、面接官にとって、応募者から面白い質問・興味深い質問があれば、、応募者に対して、評価が高まる可能性はあります。

 

しかし、なかなか難易度が高いです。

面接官の性格によっては、無意味な質問・余計な質問と、受け取られてしまう可能性もあるからです。

相当に吟味した上で、面白い質問をしなければ、面接が台無しになってしまうかもしれません。

もし外してしまった場合、その逆質問をしたせいで、不合格になるかもしれないからです。

 

 

面接の逆質問が多いのも逆効果になってしまうかも、何個が良いのか。

応募者が入社の意欲を伝えるためには、1つか2つの質問に絞って、するべきです。

ですので、事前に用意をしておくと良いです。

 

ただ、応募者によっては、逆質問が多い人もいます。

面接官の印象は、最初の質問で好印象になりますが、逆質問が3つ4つと続いてしまうと、「面倒くさいやつ」という印象を持たれてしまう可能性があります。

質問が多いのは、難しい判断になってしまいますので、1つか2つに絞って用意しておくのが良いです。

 

スポンサーリンク

面接で逆質問しメモを取るのは好印象

面接時に逆質問をして、メモを取る応募者に対しては、面接官は概ね好印象を感じる傾向はあります。

転職面接では、自己紹介をすること以外では、面接官からの質問に答える形式で進んでいきます。

すると、受け身の状態で面接が進んでいきます。

転職面接の応募者の意欲の強さがイマイチ分かりくい状況になります。

 

面接時の逆質問でメモを取る姿には「意欲」を感じる

仮に、転職応募者からの逆質問がなく終わってしまうと、面接官は

「質問や説明を聞いているうちに、入社の気持ちがうすらいだのかな」

と応募者の意欲を低く感じることがあります。

このマイナス印象を避けるために、逆質問はした方が良いです。

質問の内容よりも「意欲を伝える」ためです。

 

仮に第2希望であっても、逆質問はした方が良い

実際には、この会社が、あなたにとって、実際に希望順位2番目なのかもしれません。

しかし、転職面接では、100%の意欲を見せなければ、あなたにとっての大きな損失になります。

第1希望の会社が、あなたを受け入れてくれる保証はどこにもありません。

ですから、面接官に、逆質問をして、「意欲」を伝えてください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

転職面接の逆質問について、解説してまいりました。

余計に考えすぎて作り込んだ逆質問をしたために、面接の最後の場面で、反対に印象を悪くしまうこともあり得ます。

注意したほうがいいですね。

大事な事は、転職面接であなたの「御社に入して働きたいのです」という姿勢を伝えることです。

 

 

  1. 面接対策は当日やるべきことと前日までに準備すべきこと
  2. 面接の当日には注意しておくことがある
  3. 面接の流れ|ノックから始まる!好印象アップのポイント
  4. 面接のマナーはノックから始まってる!
  5. 転職の手順を間違えたと後悔しないために|内定から退職までの流れ
  6. 転職面接を辞退するなら当日朝までには電話すべき!
  7. 転職面接の時に受ける質問は|現役社長が解説
  8. 面接時間が15分って短すぎない?不採用確定なのか!
  9. 面接には落ちる理由がある!多分あなたは気づいてない!だから繰り返す
  10. 転職面接の結果連絡が遅い|不採用とは限らない|現役社長が解説
タイトルとURLをコピーしました