転職

面接は見た目が9割!見た目で決まる!だからこそ外見が超重要

転職 面接転職
スポンサーリンク

転職面接の採用は、外見の要素が超重要です。

服装や髪型は、面接応募する人が想像している以上に、重要です。

転職面接という短い時間で、面接官に伝わることは、ごくわずかです。

もちろん、会話のコミュニケーションも重要ですが、面接の中のやり取りでは、なかなか伝わりにくいものです。

服装や髪型に注意をすれば、その分、面接が有利になります。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面接は見た目が9割!髪型は前髪上げるのがいい!自信が伝わる

髪型

面接の髪型で有利なのは、前髪を上げて、おでこを出すことです。

それだけで、面接官は自信や清潔感を感じるものです。

面接を勝ち抜くには、清潔感が大事です。

女子も男子も、前髪を下ろしている人には、隠している何かがあるように見えてしまう。

おでこを出す事が大事です。

 

もう一つは、前髪を上げてる人には、前向きさを感じます意欲感を感じることです。

面接官から見ると、仕事に意欲を持っている人は、当然前向きに感じます。

会社に入ってから、頑張ってくれそうな印象を持ちます。

 

そういう人材が、会社が求めていることです。

であたった瞬間に、面接官の頭の中を応募者の見た目の印象からの情報が駆け巡ります。

女性の場合は、化粧のし過ぎに注意することです。

見た目で決まる・見た目9割とは、人間の中身が外見に表れると言うことなんです。

キレイに化粧をしていることとはまったく違います。

また、ネイルやピアスは、会社によっては、それで不採用になることもあります。

 

転職の面接は、採用枠が決まっています。

何人もの面接者から、比較して選ばれるのだということを理解してください。

他の人の方が、清潔感があり、意欲がある人なら、そちらの人が採用されます。

 

 

スポンサーリンク

面接は見た目で決まる!スーツは何色が有利か?グレーなら濃い方が良い

転職 スーツ

男性の場合なら、濃い目の色のスーツがおすすめです。

季節によっては、明るいグレー色で、誠実さや明るさを伝える考え方もあると思います。

色には、イメージがあります。

面接に向かう場合には、濃い目の色の方が、強い意志を伝えられる可能性があります。

 

また柄も無地のオーソドックなものがおすすめです。

淡いストライプなら、いいかもしれません。

しかし、はっきりしたストライプは、お洒落な感じはしますが、それは面接には不要です。

地味なようにかんじるかも知れませんが、地味な色で強さを表現する方が面接に成功します。

髪型・服装・色・化粧・アクセサリー等、については、一旦横に置いて下さい。

自分が仕事が出来る人、信用してついていきたくなる感じ、シッカリしてる感じ、それが面接の日にあなたが演じる役柄です。

実態がどうだとか、自信が無いとか、関係なく見た目で決まるのだと信じて、演じてみて下さい。

 

また、もしきちんとしたスーツがないのであれば、就職してから毎日使うものです。

見た目の印象で、キチッとした人に見えますので、これを機会に買って準備をすべきです。

 

 

スポンサーリンク

面接は見た目が9割なんです。クールビズでノーネクタイで会社訪問。それだけで落ちますよ。

転職 面接 服装 記載なし

面接の要件に、「服装についての記載がない」ことで、私服でもいいのかと考える人がいるようです。

また、クールビズの季節なら、ネクタイなくてもいいかな、と思う人もいるようです。

しかし、これらは勘違いです。

面接は大事な場面のはずです。

逆に私服指定をする会社はあります。その場合は、私服で良いです。

 

クールビズの時期であっても、優秀な営業マンは、チャンスを逃さないように、顧客との商談では、きちっとスーツを着て訪問に行きます。

面接に向かうあなたにとっても、大事な場面のはずです。

真剣勝負だと思うのであれば、暑い季節でも、面接官と会う場面では、スーツを着て、ネクタイをつけて、面談すべきです。

 

会社に入って行くまでは、上着を脱いでいても構いません。

面接官と面談する場面ではきちんとした姿の方が、印象が良いです。

その方が有利です。

 

 

スポンサーリンク

面接は見た目で決まります!間違ったマナーやいい年した大人のはずなのに、基本的なマナーを知らない人って、やはり変です。

面接 対策 前日

マナーは付け焼き刃では、なかなか様にならないかもしれません。

しかし、マナーのミスで、不採用になることはあります。

新卒であれば、不十分でも仕方がありません。

 

しかし、転職面接の場合、社会人としての経験を数年持っている人として、面接を受けます。

たまに、あり得ないマナーの応募者と出会うことがあります。

それだけで、不採用になってしまいます。

付け焼き刃でも、やらないよりも、できるだけの準備をすべきです。

 

また自己紹介も準備しておくべきです。

準備をしてない状況で、面接の場で、突然の自己紹介は、ボロが出てしまいます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

面接の時間は、長くても1時間。

短いと30分ほどで終わってしまいます。

そんな中で、自分のことを面接官に伝えるのには、時間は短すぎます。

しかし、その中で、採用か不採用が決まります。

つまり、外見的な要素で、決まっていくのです。

ですから、例え付け焼き刃であろうとも、準備をしておくべきです。

 

 

関連記事一覧

  1. 転職を成功させたい
  2. 面接対策は当日やるべきことと前日までに準備すべきこと
  3. 面接の当日には注意しておくことがある
  4. 面接の失敗談から学んで転職を成功させる
  5. 面接は見た目が9割!見た目で決まる!だからこそ外見が超重要(当記事)
  6. 面接の流れ|ノックから始まる!好印象アップのポイント
  7. 面接の髪型は前髪上げる方がイイ!清潔感+意欲的な印象
  8. 転職活動でスーツは何色が有利か?グレーなら濃い方が良い
  9. 面接時のスーツからマナー・自己紹介までの対策!
  10. 面接時のネクタイ|服装記載なしならノーネクタイ可?
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミュウズ Cafe
タイトルとURLをコピーしました