転職

面接の自己紹介では転職理由を明快に!面接官はそこを聞きたい

スポンサーリンク
自己PR転職
自己PR

筆者も転職経験があります。

ですので、転職面接が、緊張の場であることは、よく分かります。

 

面接前夜も、きっと緊張の夜を過ごされていると思います。

そこでアドバイスを一つさせて下さい。

 

面接の自己紹介では転職理由を明快に伝えることです。

面接官は、

「どうして前職を転職するのか」

「経験者の場合なら、当社ではどの位活躍してくれそうなのか」

「未経験者の場合なら、どういう理由で今回当社の募集に応募したのか」

を聞きたいと思っています。

 

それらに対する応募者の自己紹介や転職理由などが、採用か不採用を決める基準ともなります。

あなたの転職理由は、どのような事ですか?

 

この記事では、私の面接官としての経験から、転職面接の、特に自己紹介のヒントになるような解説ができればと思っています。

 

 

 

スポンサーリンク

面接の自己紹介では転職理由を明快に!面接官はそこを聞きたい

面接 自己紹介

面接 自己紹介

 

面接の自己紹介

面接の自己紹介では、応募者は、これまでどういう仕事をしてきて、どんな経験をお持ちなのか、語ってもらいます。

応募者の個性によって、話の内容や順番には、差異がありますが、概ね以下の通りだと思います。

1)前職での業務経験について

2)自分の得意としている部分について

3)複数の転職があれば、それを通しての経験から、転職したときにどういう貢献が出来るか

 

転職理由

以上の事柄も、大事なことです。

しかし面接官が気になっていることは、転職理由です。

何故前職をやめて、当社に入社したいと考えているのかです。

 

前の会社に問題があったのか、この応募者に何かがあるのか、そういうことを気にしています。

ですので、面接官から、具体的な質問がない場合は、自分から自己紹介・あるいは自己PRの時に合わせて、転職理由を話すのが良いです。

 

 

転職理由が明快だと志望動機にも繋がる

転職サイト等で既に知っていると思います。

退職理由は、ほぼ転職理由とイコールです。

今回の転職によって、皆生イツされる場合もあるし、しない場合もあります。

 

また、転職理由が明確であることは、志望動機にも繋がることです。

 

応募者が考える転職理由は、不思議なことに、全て似ています。

世の中のブラック企業から、ホワイト企業まで、皆同じなのですね。

 

転職理由で多いのは、以下の事です。

1)経済的ストレス(給料が安い、年収をもっと上げたい)

2)休みや労働時間などの労働環境ストレス(週休二日、残業無し、家族との時間)

3)人間関係ストレス(嫌いな上司同僚、パワハラ、セクハラ)

 

どんな会社からの転職もほとんどの場合が、上記の理由に分かれます。

 

面接時の自己紹介で転職理由は明快すべきだが、話し方には注意が必要

転職理由ははっきりと伝えた方が、良いということは間違いありません。

しかし、その話し方には、注意が必要です。

 

話し方によっては、

「問題を抱えた人」

「将来会社にとって困った存在になるかも」

「不平不満の多い人」

「自己中心的な人物」

「扱いが難しい人材」

等と思われてしまいます。

 

転職理由そのものよりも話し方や表情を注視されている

正直な話をすれば、何も問題の無い会社は、世の中には存在しません。

 

一般的に、ホワイトといわれる会社からも転職者は出ています。

入社すれば、安泰と思われている大企業や公務員でさえ、転職をする人はたくさんいます。

 

ですから、なにもブラックといわれる企業だけが問題を持っているわけではないのです。

ここが難しいところです。

 

ですので、面接時に転職理由で、前職の問題点を伝えられるのは、想定内ではあるのです。

むしろ面接官が、注意して観察しているのは、話し方や表情です。

 

前職に対する「不平不満」「愚痴」「上司同僚への悪口」などが、たくさん出るようだと、ほとんどのの面接官は、「応募者にも問題がありそうだ」と捉えてしまいます。

 

面接で話しても良い転職理由

キレイごとに聞こえる可能性はありますが、自分の印象を落とさず、転職理由を伝える参考例としては、以下のようなものがあります。

 

ただし、参考例ですので、自分の言葉としてアレンジして使用することをお勧めします。

1)年収を上げていきたい(シンプルですが、歩合営業にチャレンジするならOKです)

2)お金も大事なのですが、家族と一緒にいる休日が欲しい

3)自分の目指す仕事の専門性を高めて、キャリアアップしたい

4)もっと営業スキルを磨きたい

5)お客さんに接する仕事をして喜びを感じて貰えるようになりたい

6)マイホームを持ちたいと思っている

7)人間関係の良い職場で働きたい

等です。

 

スポンサーリンク

面接の自己紹介では自分の人柄を伝える

営業サポート

rawpixel / Pixabay

 

実は、転職面接の採用基準には、【人柄】が重要だと考えています。

 

持っている資格ではないです。

もちろん、仕事に使える資格の場合は、多少プラスには見ますが、そういう人は、世の中にたくさんいます。

 

また、特に異業種からの転職の場合ですと、他業種での業績などを自己紹介で熱心に話されても、実際には、業績そのものについては、よく分かりません。

自己紹介や自己PRで、前職の業績を、数字だけで聞かされましても、どのくらい良いことなのか、そうでもないのかの判断がつきません。

それをどうやって乗り越えてきたのか。

 

個の話を自己紹介で語って頂くと、人柄が分かります。

ですから、重視するのは、やはり「人柄」ということになります。

 

 

スポンサーリンク

面接の自己紹介で伝えるのは「熱意や人柄」

 

私は、面接官として、立ち会うときに重視するのは、応募者がどういう人柄の人なのかです。

人柄は、自己紹介や質問に対する受け答えなどから、感じられるものです。

 

実際には、自己紹介でこれまでの実績を自己紹介で話される方が多いです。

しかし、むしろ過去の業務で何か難しい場面があったときに、どのように考えて行動して乗り越えてきたなどの話の方が、あなたの人間性や性質が、面接官に伝わります。

 

また、自己紹介や自己PRでも、なぜ今回の仕事・職種に転職しようと応募したのか?

その仕事に対して、どのくらい強い思いを持っているのか。

なぜ、そう思っているのかなどの話から、熱意や真剣度合いを感じ取ったりしています。

 

面接用に、転職サイトに書いてる理由は、言わない方がいいですね。

綺麗事ではなく、本音で語られた方がいいと思います。

 

例えば、営業の場合は、転職することで年収アップを望んでいる、でもいいと思います。

また、休日や残業がないことでもいいかもしれませんが、その場合は、なぜこの会社・業界がいいと考えているかも、合わせて話した方がいいですね。

 

面接官に対しての印象で言えば、「素直」そうに見えることもかなりポイントは高いです。

ですので、転職面接の自己紹介などの自己アピール場面では、なぜこの会社を選びたいと考えているのかは、しっかりと練習して話した方がいいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました