注目キーワード

面接で落ちるサインを見逃してないか?繰り返しているのでは?

転職の最終面接でも落ちる可能性はあるのか、という質問がありました。

結論を言えば、残念ながら最終でも落ちる可能性はあります。

落ちる理由は、転職面接が募集の人数枠が決まっていること・そして相対評価で決まるからです。

 

転職面接では、「欠員補充」「事業拡大」が募集の原因ですので、募集人員数がほぼ決まっています。

ですから、落ちる人はいます。

転職の最終面接まで残ったからといっても、落ちる人はいます。

 

もしも何度か面接に失敗しているとしたら、何かの原因があるはずです。

サインを見逃していないか、その時自分はどういう話し方をしていたか、また態度をとっていたか?

面接官をしてきた経験から解説します。

 

 

面接で落ちるサインを見逃してないか?繰り返しているのでは?

面接 落ちる サイン

 

結論:転職の面接に落ちる理由は、自分では気にしていなかった「話し方」や「立ちふるまい」の可能性が高いです。

 

筆者は、何年も転職の面接をしてきました。

以前は、「話し方」や「立ちふるまい」は、その応募者の単なる個性だとしか思っていませんでした。

 

個性は、話し方や立ちふるまいの違いになって、現れます。

そして入社してからの、働き方にも、あらわれます。

 

面接で落ちるサインはあったはず。自分の話し方・立ち振る舞いのあとの面接官の反応にある

質問に答えた時、逆質問をした時、面接官の反応に「何か異変」があったはずです。

 

今の転職面接では、話してくれる内容だけではなく、応募者の「表情や話し方」、「その立ち振るまい」に注目して、面接をしています。

反対に言いますと、応募する人は、話し方や立ち振る舞いの違いが理由で、落ちるということです。

 

話し方や立ち振る舞いが、違うのは、簡単に言えば、「人柄」ということになると思います。

人柄が、話し方や立ち振る舞いに現れるからです。

そのことが、落ちるかどうかの理由につながるのです。

 

 

面接で落ちるかどうか理由の境目

ですので、転職面接の場で、落ちるか落ちないか、の境目にあるのは、その方の「人間性」「人柄」の差だと思います。

それは、質問に答える様子や何気ない瞬間の返事の仕方・話し方に現れています。

転職面接に、なぜ落ちるのだろうと、考えている人がいたら、自分自身のそういう姿を振り返り、面接の練習をたくさんしてください。

関連記事

この記事では、転職面接の時に受ける質問を紹介します。また、何故そんな質問をされるのか解説します。これから面接対策に、きっと参考になるものと思います。 実は、筆者が転職面接の譜簿社にしている質問です。[…]

面接 質問

 

 

面接で落ちるのはなぜか、その理由を小さくするには、「人柄」アピールが良い

面接 落ちる サイン

 

人柄をあらわす言葉で「素直」であるという性質は、どんな種類の仕事にも共通する転職者に必要で重要な要素です。

 

転職面接で、落ちる可能性を低くするには、人柄アピールをした方がいいのですが、それはどういう部分か。

それは、「ある程度の謙虚さと素直な性格」です。

謙虚で素直な人だと、面接官が感じれば、落ちる可能性は、大いに減るはずです。

 

面接で落ちるサインから、自分を見直す

面接に落ちるサインに気づいたら、自分を見直して、主に「人柄」に関することを修正することです。

 

素直で謙虚の逆の性格を言えば、自信過剰で、人の意見に左右されない、抵抗する人です。

一見すると、自分に自信を持っているのは、いいことではないか、と思う人がいると思います。

営業マンの商談場面などでは確かにそうです。

 

謙虚で素直な人は、面接で落ちる理由がない

転職面接の場面は、これから新しい職場に入るために、質問を受けたり試されたりしているわけです。

その場面では、謙虚であり、素直な姿勢を、面接官に表現する方が得です。

そういう人は、落ちる確率は大きく減少します。

 

新しい仕事と職場で、ゼロからのスタートでなければならないはずなのです。

自分に余計な自信を強く持っている人は、上司や先輩のアドバイスをほとんど聞きません。

表面的には、聞いていますが、そのように実行しません。

素直に、受け入れることができないのです。

このタイプの人が、成功するのには、ものすごく時間がかかります。

関連記事

転職面接のマナーが危険な状態です。「転職面接のマナーなんて、大して重要ではない」と思い込んでる人が多い。 転職面接のマナーは、「入室のノックから」始まっています。転職面接のマナー程度のことが、キチン[…]

転職 面接 マナー ノック

 

 

面接で落ちるサイン

面接 落ちる サイン

 

以下に並ぶリストの中に、自分を発見したら、転職面接を何度受けても、落ちます。

その直後に、面接官の否定的なサインがあったはずです。

面接練習をして、直さないと、落ちる可能性は、高止まりしたまま、続きます。

 

面接で落ちる理由の確率を下げるには

多分自分の意識だけでは治りません。

転職面接の練習をするのが一番です。

転職面接の、一番いい練習相手は、親兄弟や知人友人では、ダメです。

 

他人の方が、いいです。

転職エージェントに登録して、練習させてもらうのが1番良いです。

他人と面接練習して、厳しく言われないと、自分の意思だけでは治りません。

これ以上、転職面接で、落ちる経験は嫌だと思うのなら、登録して練習して下さい。

エージェントは、面接の練習相手にもなってくれます。

 

1)清潔感がない(服装がルーズ・シャツがシワシワ・袖口にシミ・寝グセがついたまま・靴が汚れている・靴の履き方おかしい)

2)人の話を聞かない(話が終わらないうちに入ってくる・質問したことと違うことを話す)

3)話し方がおかしい(学生のノリのまま話す・敬語がおかしい・語尾伸ばしの話し方)

4)様子が不自然(目を合わせない・おどおど・全く笑わない)

5)遅刻(論外・あまり早いのも同じくダメ)

6)臭い/香(香水が強い・昼に何を食べたのか分かる・ラーメンもニンニク臭さが残る)

7)声が小さい(極端に滑舌悪い人も同じく何を言ってるのか分からない、・挨拶できない人もいる)

関連記事

会社社長の立場から解説しています。ですので、転職サイト等よりも、少し現実的な対策についてアドバイスしています。あなたの次の転職面接の対策になれば幸いです。  転職面接で自己紹介・相手が[…]

面接
面接 落ちる サイン
最新情報をチェックしよう!