転職

面接の失敗談から学んで転職を成功させる!

面接 失敗談転職

面接の失敗談は、自分の身に起きてしまうと大変なことです。

面接に失敗すると、落ち込んでしまい、「もう嫌だ」と思うこともあると思います。

しかし、そんなことを言ってられない、と思う考えもあるでしょう。

 

しかし、他人の失敗からであれば、心に痛みを覚えることなく、学びだけ得られる。

反面教師ということです。

自分の身に起きないように、注意をしたり、準備をしたり、と役立ててください。

要約をまとめてあります。

それぞれの本文は、下記のリンクから、読んでください。

 

 

履歴書を間違えて送ってしまった

面接 失敗した経験 例

転職情報を探して履歴書を送るとき、複数の会社に履歴書を送ることがあります。

しかし、あり得ないことに、同時に送った履歴書の中身が、入れ替わってしまっていた。

しかも、面接の場面で、それが判明するということ。

そんなことって、起きそうにないですが、実際に起きてしまった失敗談です。

 

 

面接官の質問に、つい調子づいて答えてしまった

面接 失敗談 内容

面接を受ける人は、当然ながら、なんとか面接に合格したいと思っています。

そんな気持ちの自分に対して、面接官の質問は、前職の業界の話でした。

自分には、聞いたことのある話だったので、ついつい調子に乗って、面接官の質問に答えていきました。

しかし、話してる間に気づきのです。

実は、聞いたことがあるので、知っているつもりになっていたことは、自分の言葉で説明することは、そうは簡単にできないということです。

実際の面接の場で、そんなことが起きてしまいました。

調子よく答えていたつもりが、話の途中から、訳が分からず、グダグダになってしまった、そんな失敗談です。

 

 

経験ある仕事だったので、よく調べないで決めてしまった

面接に失敗した経験

自分が経験を持っている仕事でした。

なので、面接の時に、話をよく聞かずに決めてしまった。

しかし、入社してから思っていたことと、実態が違うことが分かってきました。

業界は同じでも、仕事の範囲が違いました。

給料などの条件だけで、決めてしまったのが、失敗の原因です。

 

 

会社によっては面接当日に履歴書持参が条件

面接 失敗 体験

面接に出向く時には、持参するものを確認しておくべきです。

会社によっては、履歴書を持参することが、持ち物の条件になっている場合があります。

実際には、履歴書を持参しなかったからといって、大きな問題ではありません。

しかし、面接の場で、「持参してこなかった」ということがわかった時に、青ざめるはずです。

そのことの方が、問題なのです。

面接の場で、想定外のことが起きてしまうと、人は緊張の頂点に達してしまいます。

準備が大事だという失敗談です。

 

 

面接のNGワード

転職失敗の後悔

面接のNGワードは、複数あります。

今回紹介するNGワードは、前職に関することです。

面接官は、前職をなぜ退職したのかを質問してきます。

当然、退職する理由、転職する理由を質問します。

その時の応対の内容が、前会社への不満だらけだと、面接官にとって印象は悪いです。

不満だらけの人物と見られてしまいます。

不満を持ちやすい人だと分かっていて、採用してもらえる可能性は、かなり少なくなってしまいます。

 

 

面接の場面に緊張しぎて、言葉が出ない

面接 失敗した 落ち込む

しっかりと準備をしていたはず。

質問に対しての答えも暗記するほどに。

しかし、なぜなのか、面接の本番で予定通りの質問なのに、答えられない。

俗にいう、頭が真っ白という状態です。

それは、練習のしすぎです。

練習をしすぎると、暗記をしてしまいます。

実際の面接の場では、面接官によっては、想定の質問をしてくることがあります。

練習をしすぎると、何かのきっかけで、頭真っ白になりやすいです。

練習は必要ですが、言葉を暗記するほどにしてしまうと、弊害があります。

大枠で覚えておくのが良いです。

 

 

電車時間を調べておかなかったミス

面接時間 15分

事前に時間を調べておいた。

しかし、時間帯が違ったために、面接にギリギリの到着になってしまった。

実際には、遅刻をしなかったとしても、想定外の到着時間になってしまったせいで、精神状態が不安定になってしまいます。

不安定な精神状態のままに、面接を受けても、結果はやはりダメな場合が多いです。

ゆとりを持って、面接を受けたい。

もっと、現実に即して、面接時間帯に合わせて、電車の時間を調べておくべきでした。

 

 

車の渋滞に捕まってしまった

面接 失敗した 落ち込む

普段なら、十分に間に合うはずでした。

しかし、何かの事故で、渋滞なってしまった、なんて事例はいつ起きるかわかりません。

車は、基本的に便利な移動手段です。

しかし、絶対に遅れることができない場合は、公共の交通機関を使うべきです。

この事例では、渋滞が分かった段階で、会社へ電話をしています。

そして、結果的にも、ギリギリ遅刻はしないで済みました。

しかし、もう精神状態は、ボロボロです。

「遅刻するかも」の電話連絡を受けた会社側の印象も、良くはありません。

結果的に、遅刻をしなかったとしても、その印象は残ります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました