転職

面接で短期間での退職理由を話すとき!

面接時の退職理由転職
面接時の退職理由

転職面接では、面接官は応募者に必ず退職理由をききます。

転職回数の多い人・在職期間の短い人は、志望動機よりも、前職の退職理由に面接官の関心が集まることに注意すべきです。

面接官は「今度、当社に入社してもらって大丈夫なのだろうか」と考えているからです。

 

そして転職面接では、退職理由をどこまで本当のことを言っていいのか、などと悩まれるかもしれません。

言っても良さそうな例文と言わない方がいい例文を紹介します。

 

筆者は会社社長であり、面接にも立ち会いますので,面接官の立場から解説します。

 

 

スポンサーリンク

面接で短期間で仕事を辞めた退職理由を話すのは

 

退職理由はどう言えばいい

 

結論:感情的な言葉を入れず、論理的で客観的な説明をする

 

必ず聞かれる

転職面接では、面接官は,必ず退職理由を聞きます。

特に、在職期間が短い場合の転職理由はなんと言えばいいのか。

 

退職理由を聞くことで,面接官としては、面接応募者の人柄を感じ取ろうとしてします。

どういうことにストレスを感じるのか、それをどういう言葉づかいで、面接官に話すのかを聞いています。

退職理由の話し方に、人柄が表れるからです。

 

ですから、転職面接に向かうときには、必ず退職理由の答えを準備していってください。

そして話し方も研究しておくと、良いと思います。

退職理由について、話すときには、なるべく感情的な話し方はしない方が良いです。

また、面接官に話しても良い退職理由と、話さない方がいい退職理由がありますので、紹介します。

 

話さないほうが良いこともある

転職面接で、話しても良いと考えられる退職理由は、志望動機や前向きな熱意に繋がるような退職理由です。

面接官は、応募者の一生懸命さを感じると、採用責任者に強くプッシュしてくれます。

 

話さない方がいいと考えられる退職理由は、前職に対する不平や不満に聞こえる退職理由です。

不平や不満は、組織という人の集まりには、つきものであり、どの会社に行ったとしても、必ずあります。

それを面接で口に出すということは、「この人は、不平不満を感じやすい人なんだ」と思われる可能性があります。

転職の採用は難しくなります。

 

 

スポンサーリンク

面接で短期間で辞めたときの退職理由の話し方事例

 

面接に話す退職理由「実力・実績で評価してもらいたいと考え、退職しました」:言って良い

前職で、営業の仕事をしてきて、給料に不満を持っている人の場合です。

営業系の会社でも、年功序列の要素を持っている会社はあります。

だから、成績を上げても、給料が上がらないと不満に思っていたのかもしれません。

 

転職面接で、上記のように退職理由を聞いた場合、もしかすると「ずいぶん営業に自信があるんだな」と、みられるかも知れません。

しかし、自分の実績が給料に反映されることが少ない、と感じているのなら、転職面接で話すべきですね。

営業系の転職では、面接時の退職理由として、上記のようにいわれると、前向きさや転職への意欲を感じてくれます。

 

 

 

面接に話す退職理由「これからは、個人力ではなく、組織力の時代だと考え、退職しました」:言って良い

人間関係に問題があって、退職した場合の退職理由の話し方です。

 

営業系の会社でも、個人力に頼ったスタイルをとっている会社と、組織力で売上を上げる会社があります。

個人力、つまり個人主義というのは、社内のコミュニケーションは、どうしても多少ギスギスするものです。

 

もしかすると、上司からのパワハラなどの強い圧力もあったかもしれません。

その中で、もしあなたが、人間関係などで、ストレスを感じていた場合に、使える退職理由です。

 

 

面接に話す退職理由「自分自身のレベルアップや自己研鑽によって、会社への貢献をしたいと考え、その様な時間を持てるようになるため、退職しました」:言って良いが説明必要

この転職理由は、若干表現が苦しい部分もあります。

 

暗に、残業が多くて、休みもなかったので、自己勉強が出来る時間を作れなかった、といっているのです。

ビジネスマンの自己研鑽とは、一般的には、読書です。

「本を読む暇も、ありませんでした」と言っていることになります。

それがバレると、「工夫次第だろう」と返される可能性はあります。

 

ただ、もし本音が家族との時間を増やすことにあったとすると、それを表立って転職理由にすると、採用の可能性は小さくなるかも知れません。

 

面接に話す退職理由「前職の面接時に伺っていた仕事内容と実際の業務が違っていたため、希望を出したのですが、受け付けてもらえなかったので、退職するしかありませんでした」:言って良い

前職の在職期間が、短い場合に使う退職理由です。

仮に、個人の成績不振等の理由であったとしてもです。

 

前職が2〜3ヶ月程で退職したのであれば、面接官としては、最も理解しやすい退職理由です。

但し、具体的な内容をきちんと面接で答えられるように、準備をしておかないとボロが出ます。

 

 

他に、現実的な退職理由では、会社都合(人員整理や早期退職)があります。

この理由ならば、そのまま事実を退職理由としていうべきです。

面接時の下手なごまかしは、入社後に「虚偽事由」に当たるとして、入社を取り消されて石舞う可能性があるからです。

 

また、健康に問題があり退職した場合も同様で、転職面接では事実を退職理由として話すべきだと思います。(少し注意点があります。次の項目を参考にして下さい。)

この退職理由もごまかすと、虚偽事由に辺り、入社取り消しをされてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

面接で短期間での退職理由|話さない方がいい理由もある

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

 

言わない方がいい理由については自分からはいわない

 

転職面接で、話さない方がいい理由は、話し方による部分があります。

前章のように話すことで、多少ネガティブな理由も前向きに聞こえるようになります。

しかし、それ以外にも話さない方がいい転職理由があります

特に、前章の会社都合による場合と自己の健康に関する場合です。

 

退職理由の会社都合には2つある:面接で言っていいのか

会社都合には、2種類あります。

一つは、会社が業績不振などにより、支店の閉鎖などを行った場合です。

この場合であれば、事実のままに、伝えても大丈夫な転職理由です。

転職面接では、そのままで話せば良いと思います。

 

問題はもう一つです。

解雇になっている場合です。

履歴書には、書いていないと思います。

 

しかし、入社の手続きを進めていく中で、例えば「懲戒処分」などは、バレてしまいます。

離職票に書かれています。

 

ですので、もしも、前職をそういう退職の仕方をしているのでしたら、一般的な社員募集では、入社できないかも知れません。

縁故を頼って、紹介で入社するというパターンが良いと思います。

 

 

 

退職理由では、健康にも会社は敏感:面接で言っていいのか

前職を健康の問題で退職した場合に、その健康が肉体的なもの=骨折など、であればそのまま事実を転職理由にして良いでしょう。

精神や心の健康の場合、会社は、かなり敏感に反応します。

 

ですから、再発の可能性がないという診断書を用意しておく必要があります。

会社としては、「詳細不明」ということが一番の不安になります。

 

診断書があり、「再発しない」とあれば、会社は前向きになりますが、不明だと採用は難しくなります。

仮に、言わないでおいた場合、バレてしまうというリスクはあります。

その時に、会社がどんな対応をするかは、それまでの働き具合・会社への貢献・必要度合いによります。

 

 

 

スポンサーリンク

面接で短期間での退職理由を話すとき:まとめ

 

転職面接時の退職理由の例文をまとめました。

実際に面接時の退職理由として、転用するときは、現実に即してアレンジすることをオススメします。

 

退職理由には、話しても良い理由と話さない方がいい理由があります。

それは、面接時の話し方による部分があります。

ウソはいけませんが、自分が不利にならないように、かつ会社に迷惑を掛けないように、話すべきです。

 

タイトルとURLをコピーしました