コーヒー雑学

モカコーヒーは世界最古の品種|甘い香りに爽やかな酸味

モカコーヒーコーヒー雑学
スポンサーリンク

古くからも身に馴染みのある「モカ」。それもそのはず。世界最古のコーヒーだからです。

苦味が苦手という人には、おすすめです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モカコーヒーは世界最古の品種|甘い香りに爽やかな酸味

世界で一番最初にコーヒーが見つかったのは、エチオピアでした。

エチオピアやイエメンで作られるのが、モカコーヒーです。

 

モカという名前がつくコーヒーとカフェモカの違い

モカ、という名前がついている飲み物は全部は、全部コーヒー由来の名前だと思っていましたか?

モカと名前がつくコーヒーの場合、その「モカ」は、コーヒー豆のモカを指してる言葉です。

しかし、カフェモカのモカが意味していることは、ホイップやチョコクリームを加えたエスプレッスを指しています。実は、コーヒー豆のモカを指している訳ではないのです。

 

モカコーヒーとは?産地は?味の特徴は?モカ・マタリとは?

モカコーヒーの産地は、イエメンとエチオピアです。特にイエメンのコーヒーは、「モカ・マタリ」と呼ばれ、とても人気です。爽やかな香りと酸味が特徴です。

エチオピア産のモカコーヒーは、苦味が少なく、酸みが強いことが特徴です。

エチオピアは、コーヒーの発見の地であり、その地で栽培されたモカコーヒーは世界最古のブランドとも言われます。

そして、その昔には、エチオピアの輸出品の中で、トップを占めている時代もありました。しかし、残念なことに、品質管理のレベルが高くなく、「欠点豆」という変形やかけたりなどしている豆が他ブランドと比較すると高めなのです。

味の特徴は、酸味にあります。苦味がありませんので、苦味が好みでしたら、他の豆とブレンドで楽しまれるのがおすすめです。

 

モカコーヒーの特徴は甘い香りと酸味だからこそのブレンド

モカコーヒーの特徴は、やはり苦味少なく酸味が強いですが、最初にコーヒーカップを口元に運んで気づくのは、甘い香りです。

そして、次にコーヒーを口に含んで、感じるのは、爽やかな酸味です。

あくまでも、まろやかで爽やかな感じの酸味です。

もし嫌な感じの酸味がしているのなら、それは、酸化している酸味の可能性が高いです。

コーヒー豆のベスト期間は買ってきてから2週間までです。毎日コーヒーを飲まない方なら、冷凍庫で保存して下さい。それでも、1ヶ月ほどで飲みきった方が良いです。

嫌な酸味が分かりやすいのは、コーヒーメーカーで作ったコーヒーをうっかり1〜2時間放置してしまったときの酸味です。

 

コーヒーのモカらしさを味わう入れ方|ドリップがおすすめ

モカに興味を感じる方は、苦味よりも少し甘いと感じさる味わいや酸味など軽い口当たりが好みのはずです。

その場合なら、コーヒー豆を買ってくるときには、いつもの「中煎り」ではなく、「浅煎り」がおすすめです。

味わいには、好みしかありません。入れ方を何度かチャレンジして、自分が美味しいと感じる味を探すのも楽しいです。

 

入れ方は、ペーパーフィルターでドリップが、味わい的には一番合ってます。

パーパーフィルターは、微粉や雑味が出にくいのが、特徴です。

コクや苦味を感じたい豆なら、金属フィルターでドリップするか、フレンチプレスがおすすめになるでしょう。

 

焙煎度合いを浅煎りを選んで、いつもと同じ入れ方をしてみて、好みの味わいではない、と感じるようなら、1)豆の量・2)お湯の量・3)豆の挽き具合・4)お湯の温度・5)抽出時間で、調整してみることです。

同じ豆でも、上記の4つの条件次第で、かなり味わいに変化があります。

更にいえば、ドリッパーでも味は変わります。

筆者の最近の愛用は、HARIOのV60です。

直前までは、メリタのドリッパーを愛用しておりました。

豆があっさりしすぎてると感じるなら、モカブレンドをえらんで見るのもありです。

 

あっさりした味わい好みで、モカコーヒーを選んだのであれば、基本的な入れ方は次の通りです。

  • 豆は、中煎り・浅煎り
  • 豆の量は、基本10gから調整する。多くなるほど、味は濃くなります。
  • お湯の量は、基本はコーヒーカップで130ml。実際に測ってみると自分の目分量が、いい加減であることに気づきます。筆者は、豆を20gでマグカップに260mlで作るのが基本です。
  • 豆の挽き具合、手動なら、ガリガリと挽きながら、ダイヤルで中挽きに調整する。電動なら、スイッチオンから何秒と決めて、最初の内は、何度か試す。自宅コーヒーの失敗でも最も多いのが、豆の挽きすぎだそうです。挽きすぎると苦味が強くなります。
  • お湯の温度は、85度から90度がおすすめです。温度が高いと苦味が出やすいです。
  • 抽出時間は、ドリッパーの穴の数や大きさで変わりますが、お湯を一気に注ぐか、小まめに足しながら抽出するかで、コントロールします。
  • それぞれのバランスを試しながら、自分のコーヒー器具の特性を知って、コントロールすることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

まとめ

モカコーヒーは、とても古くからあるコーヒーです。

コーヒーを苦くして飲むのが流行だった時代には、不人気になっていたような印象があります。しかし、そもそも、コーヒーは、果実なので、フルーティな酸味というのは、元々の味わいでもあります。

近年は、スペシャルティコーヒーの人気に伴い、浅挽きの美味しいコーヒー豆が好まれる時代と感じます。

時には、あまり香りと爽やかな酸味のモカコーヒーを、楽しんで下さい。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒー豆の種類と特徴
  2. ゲイシャコーヒーは世界的最高品種!価格も一流!
  3. インドネシアコーヒー|特徴〜飲み方〜種類
  4. マンデリンコーヒーの特徴|焙煎・味・産地
  5. グアテマラコーヒーの特徴|味・産地
  6. コロンビアコーヒー|特徴・等級
  7. コスタリカコーヒー|特徴・種類・飲み方
  8. エチオピアコーヒー|特徴と飲み方・産地について
  9. キリマンジャロコーヒーの特徴と味と飲み方
  10. ハワイコナコーヒーの特徴
  11. モカコーヒーは世界最古の品種|甘い香りに爽やかな酸味 *当記事
  12. スペシャルティコーヒーとは?全国の専門店は?
  13. コーヒーの生豆を買って自宅焙煎のススメ|生豆はどこで買う?
  14. アラビカ種がコーヒーの原種
タイトルとURLをコピーしました