注目キーワード

猫をベランダに出すのは危険?ご法度や対策をご紹介!

外の様子を気にする猫を、ベランダに出してあげたいと思ったことはありませんか?

しかし、隙間から落ちてしまったり、脱走の危険性もありますよね。

 

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

猫をベランダに出すことで考えられる危険性

猫にベランダに出すことの対策方法

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫をベランダに出すこと」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

猫をベランダに出すのはご法度?どんな危険が潜んでる?

ベランダの猫
ベランダの猫

猫をベランダに出すのは、ご法度なのでしょうか。

隙間から落ちるなど、どのような危険性が伴うのでしょう。

考えられる危険性を見ていきましょう。

 

落下

ベランダには柵があるとはいえ、猫は簡単にそこまでジャンプすることができます。

柵にのることができても、足を滑らせたりと落下の危険性は高いのです。

 

高層階はもちろんですが、1階などでも着地の失敗により怪我をしてしまうこともあります。

怪我だけでなく、命に関わる可能性もあるため注意が必要ですよ。

 

また、下や横の部屋のベランダに行ってしまう可能性もあり、他人に迷惑がかかってしまいます。

 

 

脱走

ベランダからの落下の危険だけではなく、脱走の可能性も考えられます。

猫は落下したショックでそのままパニックになり、逃げ出してしまうこともあるでしょう。

 

それだけでなく、猫は好奇心が旺盛ですよね。

見たことのない外の世界を目の当たりにすると、どこかへ行ってしまう可能性は高いと言えます。

 

外で迷子になると、自身が不安になるだけでなく、他人に迷惑がかかってしまうこともあります。

 

 

ノミ

完全に外に出すわけでなくとも、ベランダからノミを持ち込んでしまうこともあります。

ノミに寄生された猫が近所にいると、ベランダの隙間なども経由してしまうのです。

 

ノミは小さいですが、ジャンプ力があるため、寄生の危険があることも考えておきましょう。

 

猫をベランダに出すのはご法度?どんな危険が潜んでる?

猫をベランダに出すのは危険が伴いますが、対策方法はあるのでしょうか。

隙間から落ちないようになど、色々と考えてあげたいですよね。

では、猫をベランダに出す時の具体的な対策方法を見ていきましょう。

 

 

落下

ベランダからの落下や脱走を防ぐ対策としては、ネットを張ると良いでしょう。

ネットを張る場所としては、ベランダの柵の手すりの部分から天井部分までです。

 

ただ、ネットは破れやすいので、張ったからといって完全に安心できるわけではありません。

外に出す際は、できるだけ目を離さないように注意してあげてくださいね。

 

 

脱走

猫をベランダに出す際、リードに繋ぐという対策もオススメです。

しかし、これは首輪やハーネスをつけることに慣れていないと、嫌がってしまうこともあります。

 

目を離している隙に、猫が自力で外してしまうこともあるんです。

徐々に慣れていったとしても、目の行き届く範囲で、ベランダで過ごさせてあげましょう。

 

ノミ

ノミの対策としては、猫をベランダに出した後はシャンプーをしてあげることをオススメします。

ベランダではノミだけでなく、汚れや虫などの付着も気になりますよね。

 

シャンプーやブラッシングをしてあげることで、それらの対策となるでしょう。

関連記事

虫を見つけて、興奮したり、じっと見つめる猫。食べてしまわないかと心配するあなた。万が一、食べてしまったり、虫に刺されたりが気になります。 動物を飼っていると様々なトラブルに遭いますが、特に虫との接触[…]

猫 虫

 

 

猫をベランダに出す時の対策方法は?

猫は、好奇心が旺盛な生き物ですよね。

外の音や鳥、景色が気になり、窓辺にいることも多いでしょう。

 

そんな猫をベランダに出すには、危険が伴うこともあります。

甘く見ていると、猫の命にも関わることがあるので、注意が必要です。

 

ただ、目を離さず、きちんと対策してあげれば、ベランダで自由にさせてあげても良いでしょう。

対策を十分にとった上で、猫を自由に遊ばせてあげてくださいね。

猫 ベランダ
最新情報をチェックしよう!