注目キーワード

猫がコーヒーを飲むと大変!コーヒー以外のカフェインも危険!

 

人間が日常的に飲むコーヒーを、猫が飲んでしまったというケースが起きてしまうことがあります。

しかし、猫がコーヒーを飲む事は、猫にとって危険性が高く、十分に注意が必要です。

問題は、コーヒーに含まれているカフェインにあります。

 

ついうっかりと、飼い主さんが珈琲の飲み残しを、置き忘れてしまい、猫が飲むと大変な事になります。

こちらの記事を読んでくださいますと、

がコーヒーを飲んでしまった時の症状と対処方法」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

猫がコーヒーを飲むとなぜ大変なのか!?

 

 

人間にとってのコーヒーは、リラックスできたり、眠気が覚めたりなど、良い効果があります。

それはカフェインの覚醒効果や中枢神経を興奮させる効果などが、作用しているのです。

 

しかし、そのカフェインは猫にとっては、毒でしかありません。

猫が、コーヒー等のカフェイン飲料を飲むと、身体に異常が現れます。

猫は、カフェインを飲むと、カフェインの中毒作用は、歩けなくなったり嘔吐したり、最悪のケースは死んでしまったりします。

ですから、本当に猫が飲む事の内容に、注意が必要です。

 

カフェインが猫にとっては毒なので、コーヒー以外にも注意すべき飲み物がたくさんあります。

飼い主は、自分のカフェイン飲料の飲み残しを、飼い猫が飲んでしまわないように、充分に注意をしましょう。

 

ついうっかりの片付け忘れが、後でとても後悔することに、なってしまいます。

 

身の回りにある注意すべきカフェインを含んだ飲み物

コーヒー以外にカフェインを含んだ飲み物としては、お茶があります。

 

緑茶自体は、コーヒーよりは若干カフェインが少ないですが、玉露は圧倒的に多いので要注意です。

玉露には、一般的な煎茶(10mlあたり0.67mg)の40倍(10mlあたり26.67mg)のカフェインが含まれています。

(抹茶も多めに感じますが、ほぼドリップコーヒーと同じです。10mlあたりで6.4mg)

 

コーヒーの中では、エスプレッソが多いです。

通常のドリップしたコーヒーで、10mlあたり6mgのカフェインを含んでいます。

エスプレッソになると、10mlあたり20mgのカフェインを含んでいます。

 

 

また、焙煎の程度によっても、含まれるカフェイン量に変化があります。

コーヒーは、深煎りするとカフェイン量は減少します。

 

 

カフェインレスの飲料も増えてはいますが、普段自分で飲む飲み物には、飼い猫のために、深く注意しておいた方が良いです。

他にも、身近な飲み物で、カフェインを含んでいるものは、以下の通りです。

インスタントコーヒー、営業ドリンク、ココア、紅茶、コーラ等に、カフェインが含まれています。

 

猫にとってカフェインの致死量はあるのか?

猫にとっての、カフェイン致死量は、体重1キロ当たり150ミリグラム程度と言われています。

しかし、これは致死量です。

体重が4〜5キロの猫にとって、致死量は、600〜750ミリグラムになります。

実際には、その手前の段階で、中毒症状で、猫の具合は大変な事になります。

 

致死量の10分の1程度のカフェインを取ると、中毒症状が起きると言われています。

コーヒーや抹茶・玉露の飲み残しが、半分でも残っていて、万が一、猫が飲んでしまいますと、中毒症状が起きてしまいます。

 

 

 

猫がコーヒーを飲んでしまったらどうなる?

猫 コーヒー 飲んでしまった

 

猫がコーヒーを飲むと、どうなるのでしょう?

一般的には、猫がコーヒーを飲むと、1、2時間後に中毒症状が出ると言われています。

 

では、さっそく猫がコーヒーを飲んでしまったら、どうなるのかを詳しくみていきましょう。

 

 

猫がコーヒーを飲んでしまった|興奮状態

猫がコーヒーを一定量以上飲んでしまった場合、興奮状態になり、激しく鳴いたり、飛び回ったりすることがあります。

また、息を荒くなり、動機が激しくなったりと、過度の興奮状態がみられることも。

 

猫にそのような症状が出る一定量は、体重1kgに対して、15mlほどと言われています。

致死量は、その10倍ほどですが、猫がコーヒーを飲んでしまったということがおきないよう、十分に注意が必要です。

 

猫がコーヒーを飲んでしまった|歩行困難

コーヒーを飲んでしまったら、猫はふらついて歩けなくなってしまうこともあります。

歩き方がおかしかったり、ふらふらしていたら、症状が出ている可能性が高いです。

また、痙攣(けいれん)やひきつけを起こしてしまうこともあります。

 

猫がコーヒーを飲んでしまった|嘔吐や痙攣

症状が重たい場合、嘔吐や痙攣してしまうこともあります。

また、カフェインの利尿作用で、おもらししてしまうことも。

猫の様子がおかしいと感じたら、すぐに病院へ連れて行きましょう。

 

 

 

 

猫がコーヒーを飲んでしまったらどうするべき?

猫 コーヒー 飲んでしまった

 

猫がコーヒーを飲んでしまった、というケースは、日常生活で起きる可能性があります。

しかし、人間が日常的に飲むコーヒーは、猫にとっては命に関わる危険性があります。

では、さっそく猫がコーヒーを飲んでしまったら、どうしたらよいのかをみていきましょう。

 

猫がコーヒーを飲んでしまったら病院へ連れて行く

猫がコーヒーを飲んでしまったことに気づいたら、たとえ症状が出ていなくても、まずは病院へ連れていくべき。

基本的に解毒剤がないため、病院では薬を使って、コーヒーを吐かせてくれます。

 

吐かせる行為は、むやみに素人がやってはいけません。

症状や持病により、病院でも吐かせる方法が異なるため、必ず病院で対処してもらってください。

 

時には胃洗浄をしなくてはいけない場合もあるので、病院の先生の判断を仰ぎましょう。

病院へ行く際は、猫がいつ、どのくらいコーヒーを飲んでしまったのか、明確に伝えてください。

 

また、飲んでしまったものと、同じものを持って行くと良いですよ。

 

中毒症状が起きている猫を前に、動揺してしまうかもしれませんが、冷静に助けてあげてくださいね。

 

猫がコーヒー飲まないように普段から注意する

飼い主さんがコーヒーを、日常的に飲む方は多いですよね。

しかし、コーヒーの飲みかけのものを置きっぱなしにしていると、猫の命取りとなってしまうこともあります。

 

コーヒーだけではなく、カフェインが含まれるものには、注意するようにしましょう。

紅茶はもちろん、栄養ドリンクやお茶などにも、含まれているものがあります。

 

手遅れになる前に、普段から猫がカフェインを摂取してしまわないよう、心がけることが大切ですよ。

 

 

まとめ

 

猫にとって、コーヒーはとても危険性の高い飲み物です。

基本的には、コーヒーの香りを苦手としているようですが、それでも自ら口にしてしまうことがあります。

 

人によっても、コーヒーがあわない人もいます。

コーヒー飲むと、気持ち悪くなる人がいます。

 

猫の場合のコーヒーのカフェインの目安を前述しました。

しかし、それはあくまでも一般的な目安です。

人にも個人差があるように猫にも個体差があります。

目安の数字よりも、飲んだ分量が少ないとしても中毒起きてしまう可能性があります。

 

最悪の場合は、中毒症状によって、死に至る可能性もあります。

まずは、普段から猫がコーヒーを飲んでしまったということがおきないよう注意すべきです。

本当に、悔やみきれない、後悔をしてしまうかも知れません。

 

それでも、防ぎきれなかった場合は、自分でどうにかしようとせず、必ず病院へ相談しましょう。

勝手に対処すると、手遅れになってしまう場合もあるので、病院の先生に任せてください。

 

猫 コーヒー 飲んでしまった
最新情報をチェックしよう!