注目キーワード

猫が嫌がらない抱き方とは?猫が安心する抱き方をご紹介!

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

が抱っこを嫌がる理由

○猫が安心してくれる抱き方

 

 

猫の抱き方がよくわからず、すぐに逃げられてしまう、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

かわいい猫を見ていると、どうしても抱っこしたくなってしまうものですよね。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫が嫌がらない抱き方」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

猫が抱っこを嫌がるのには理由がある!抱き方次第で安心してくれる?

猫の抱き方

 

猫は、抱っこをはじめ、動きが制限されてしまうことをとても嫌がります。

そのため、動きづらく不自然な体勢になってしまうことをされると、嫌がってしまうことが多いのです。

 

また、繊細で敏感な猫は、ちょっとしたことが気になると、抱っこを嫌がってしまうことも。

では、さっそく猫が抱っこを嫌がる理由をみていきましょう。

 

動きを制限されたくない

猫は、危険を察知すると、すぐに逃げ出してしまいます。

そのため、すぐに逃げられない体勢を嫌がるのです。

 

お腹をさらけ出させるような無防備な体勢や、体が不安定になる体勢は絶対にNG。

お尻を支える体勢や、できるだけ飼い主さんに密着するような体勢にしてあげると良いですよ。

関連記事

家族同様に暮らしている猫の様子が、おかしいと心配です。病気の前兆かも知れません。少し様子を見た方がいいのか。郷にでも病院に行った方が良いのか。この記事を読んで、「猫の様子をよく見て、病院に行った方が良いのか」[…]

猫の病気

 

匂いに敏感

猫はとても匂いに敏感な生き物です。

特に香水や、匂いが強い柔軟剤、柑橘系の香りを嫌がることが多いでしょう。

 

思い当たるふしがあるかたは、抱き方の前に、まずは自分がまとっている香りに気を配ってみましょう。

 

性格

残念ながら、抱き方の問題以前に、そもそも抱っこが嫌いという猫もいます。

中には、過去に無理な抱き方をされて嫌な思いをしたり、人間に触れられるのさえ苦手ということも。

 

どんな抱き方でも嫌がる場合は、無理に抱っこをするのは避けたほうが良いでしょう。

 

 

 

上手な猫の抱き方は?抱き方のコツはある?

猫の抱き方のコツ

 

猫は、抱き方次第で安心して落ち着いてくれることもあります。

強引だったり、急に抱っこしようとするのは絶対にNGです。

 

猫の気分や性格を考慮した上で、抱っこすることが大切ですよ。

では、猫が安心してくれる抱き方をみていきましょう

 

膝の上にのってもらうところからはじめる

抱っこが嫌いな猫でも、膝には乗るということが多いのではないでしょうか。

自ら乗ってこない場合は、撫でたり遊んだりリラックスさせて、そっとひざに乗せると良いでしょう。

 

そのまま抱っこするのではなく、まずは膝の上でも、危険はないということを分かってもらうことが大切。

また、普段からコミュニケーションを取って、信頼感を作っておくということも必要です。

 

お尻を支える

普段抱っこをする時、後ろから急に抱きかかえたり、仰向けの状態で持ち上げたりしていませんか?

猫は、不安定な体勢をとても嫌がります。

 

安心させてあげるためにも、お尻の部分と後ろ足を包み込むような、抱き方をしてあげてくださいね。

 

できるだけ密着

できるだけ飼い主さんと、密着させることも上手な抱き方のコツ。

宙に浮いているような抱き方は、無防備な部分が多く、猫は不安になってしまいます。

 

お尻と後ろ足はもちろん、他の部分もできるだけ飼い主さんと密着させることで、安心してくれますよ。

前足を腕に乗せてあげたり、両腕でやさしく包み込むようにする抱き方など、色々工夫してみてくださいね。

 

 

まとめ

 

猫を抱っこして逃げられないためには、まず安心させてあげることが大切です。

 

また、リラックスさせた上で、徐々に距離を縮めるという抱き方も効果的。

 

逃げてしまうところを、無理やり抱きかかえたりすることは、逆効果なので絶対にやめましょう。

そして、普段からのコミュニケーションで、落ち着いて抱っこした状態でいてくれることも。

猫の性格は様々です。

猫にストレスのない範囲で、抱き方のコツを掴んでみてくださいね。

関連記事

猫の飼い主ならば、みんな飼い猫の気持ちを知りたいと考えると思います。ツンデレの姿にメロメロになる飼い主も、多いです。喜んでいるのか、もっと喜ばせるには、どういう接し方をすれば良いのかなど、考えます。何故、擦り寄ってく[…]

猫の気持ち
猫 抱き方
最新情報をチェックしよう!