猫の脱水症状は、ふらふらして痙攣します!点滴などの治療が必要

猫 脱水症状 ふらふら
スポンサーリンク

猫は、嘔吐や下痢などが続くと、脱水症状でふらふらになってしまいます。

猫は、脱水症状で、体内の水分が失われ、さまざまな症状があらわれることも。

猫が、脱水症状で自力で水を飲めないふらふらであれば、病院へ連れて行く必要も出てきます。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫の脱水症状」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

スポンサーリンク

猫が脱水症状|ふらふらしたり痙攣したり?

猫 脱水症状 ふらふら

 

猫は、嘔吐や下痢などが原因で脱水症状になると、体に負担がかかって、ふらふらになることもあります。

脱水症状が悪化すると、猫は自力で水を飲めなくなってしまうことも。

では、猫が脱水症状かどうかを見分けるには、どんなところに気をつけたら良いのか見ていきましょう。

 

猫の脱水症状ふらふら|皮膚に異変

猫は脱水症状になると、皮膚に異変が起こることがあります。

脱水症状の可能性があるなら、猫の背中などの皮膚をつまみやすいところで、少しつまんでみてください。

 

通常、猫のつまんだ皮膚は離すとすぐに戻りますが、脱水症状のときは戻りが悪いです。

この他にも、脱水症状なら、肉球や歯茎が乾いていたりすることもあります。

 

猫が脱水症状になると、ふらふらしている

猫は脱水症状になると、食欲も落ちて、ふらふらしていることもあります。

猫の歩き方がおかしくないか、確認してみましょう。

もしかすると、脱水症状になると、大変です。

人間と同様に、脱水症状で、必要な水分を摂取できていないと、体が弱りふらふらしてしまうのです。

 

猫が脱水症状になると、ふらふら痙攣

猫は、脱水症状が悪化すると、痙攣を起こしてしまうこともあります。

特に熱中症が原因の場合は、塩分も不足し、筋肉が痙攣しやすくなるのです。

 

時には、猫は意識を失ってしまうことも考えられます。

すぐに元の様子に戻ることもありますが、いずれにしても脱水症状には注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

猫が脱水症状でふらふらになったら、点滴など治療が必要

猫 脱水症状 ふらふら

 

猫が脱水症状になったら、まず何をすればよいのか、戸惑ってしまいますよね。

脱水症状がひどい時は、病院へ連れて行くことも必要となります。

では、脱水症状にはどんな治療が必要なのか見ていきましょう。

 

猫が脱水症状|水を飲ませる

脱水症状になると、猫は自力で水を飲めなくなってしまうこともあります。

脱水症状で、水が飲めないような時は、スポイトや脱脂綿を使って、水分を摂らせてあげてください。

 

猫は、脱水症状にならなくとも、普段から水をあまり飲まないこともありますよね。

普段から水が入った器を数カ所設置して、いつでも飲めるように意識させることも大切ですよ。

 

特に、子猫やシニアの猫は脱水症状になると弱りやすく、最悪の場合は死に至ることも。

脱水症状になりにくいよう、環境を整えてあげてくださいね。

脱水症状で、水を飲めない状態が続くなら、病院へ連れて行くことをオススメします。

 

猫が脱水症状|ウェットフードを与える

普段から水をあまり飲まず、脱水症状になりやすい場合は、ウェットフードを与えるのも効果的です。

脱水症状の可能性がある時、ウェットフードなら、ドライタイプのものより食いつきが良いこともありますよね。

脱水症状で不足している水分を効率的に、摂取させることができますよ。

 

猫が脱水症状|点滴

脱水症状になると、自力で水分を摂取できなくなるかもしれません。

点滴で水分を補う必要があることも。

 

嘔吐や下痢が続くと、水を飲んでも、また水分が失われてしまうのです。

また、シニアの猫など、慢性的な脱水症状の場合は、定期的な点滴が必要となることもあるでしょう。

腎不全が原因で脱水症状の時は、毎日点滴が必要なことも。

脱水症状になると、費用負担も大きくなってしまいますが、自宅で点滴する選択肢もありますよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫が水を飲まないのは、めずらしいことではありません。

しかし、放っておくわけにはいかず、必要な水分量を摂取させてあげる必要があるのです。

脱水症状を防ぐためにも、日常的に猫が水を飲める環境作りを考えてあげてください。

水の設置場所を増やしてあげるだけで、猫が意識してくれることもあります。

 

最悪の場合、死に至ることもある脱水症状です。

そうならないためにも、水を飲まないことを甘く見ずに、脱水症状に気をつけてあげてくださいね。

脱水症状になると、大変です。

 

 

関連記事一覧

  1. 猫と暮らすには猫のことをもっとよく知っておきたい

  2. 猫が病気?異変が起きてる!大丈夫なのか?
  3. 猫はよく吐く毎日のように。でも元気。
  4. 猫が吐く原因とは?吐いた時の対処法は?気を付けることは?
  5. 猫の嘔吐は便秘が原因?病院に連れて行く必要性は?
  6. 猫の目やにの取り方の方法は?目薬の仕方は?ひどい時の対処法は?
  7. 猫の目やにの色には意味がある?原因と対処法はどうすれば?
  8. 猫はニキビができやすい?対処法と予防法
  9. 猫のくしゃみが止まらない!心配なくしゃみとその特徴
  10. 猫の鼻血はキケン!飼い主さんなら知っておきたい病気と原因
  11. 猫の鼻水は油断できない!死亡のキケンもあるって本当?
  12. 猫の鼻水について知りたい!気になる危険信号と対処法
  13. 猫がくしゃみをして鼻水も出ている!理由や対処法は?
  14. 猫が元気がない!食欲はある?そんな時どうする?
  15. 猫に多い口の臭いの原因!意外な病気の対策は?
  16. 猫の脱水症状は、ふらふらして痙攣します!点滴などの治療が必要(当記事)
  17. 猫に薬を飲ませるには、おやつを使う!ちゅーるやシーバを
  18. 猫が熱を出して41度!病気のサイン|冷やすそして病院へ
  19. 猫のワクチン接種は遅れても平気?|猫のワクチン
  20. 猫はワクチン接種をしないと、どうなる?
  21. 猫のワクチン接種後に気をつけるべき時間帯は?注意点はあるの?
  22. 猫が病院を怖がる!ストレスで暴れる時 持ち物はネット?
  23. 猫にペット保険はいらないのか?おすすめは?!
  24. 猫の健康診断では尿検査が大事!
  25. 猫が腎臓の病気(2種類)になったら食事と接し方に配慮して!
  26. 猫の結膜炎は治る?なにが原因?すぐ病院に行った方がイイのか
  27. 猫の目薬のさしかた!嫌がるときのコツ!上手なやり方を教えて!
  28. 猫の目の病気|瞬膜の状態から考えられるのは!
  29. 猫の歯磨きのコツ|歯のトラブルを軽く見ないで!
  30. 猫の虫歯予防ケアはしてますか?虫歯や口内トラブルになると大変!
タイトルとURLをコピーしました