猫の歯のトラブルを軽く見ないで!歯磨きのコツ

スポンサーリンク
猫 歯
猫 歯

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

・よくあるの異常

・猫の歯磨きについて

 

 

猫の歯が何本あるか知っていますか?

門歯、犬歯、臼歯を合わせて30本です。

猫はあまり口を触られるのが好きでないため、奥まで見たことがない方も多いと思います。

しかしこの猫の歯がトラブルを起こすと、フードが食べられなくなり痩せてしまったりと、大きな影響を及ぼします。

 

発症すると猫にかかるストレスも大きい歯の病気ですが、飼い主側からフォローして予防することも可能です。

こちらの記事を読んでくださいますと、猫によくある歯のトラブルと猫の歯磨きの詳しいやり方についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫の歯の異常・トラブル

猫の歯

猫の歯

 

猫の歯は門歯、犬歯、臼歯の3種類があり、上の歯が下の歯よりも2本多いです。

 

最も外側にあり1mm程のサイズの門歯は上下合わせて12本存在し、獲物の毛などを毟るためにあります。

家猫だとほとんど使い道はありません。

 

犬歯は、猫の口を開けると大きく尖った歯が4本見えます。

獲物に噛みつき、とどめを刺すための牙です。

 

最後に臼歯ですが、人間で言うと奥歯の位置にあるギザギザの歯で、普段はフードを砕いたりすり潰したりする歯です。

奥で見えにくく、歯茎の炎症などを起こしやすい部分です。

こちらの項では、それぞれの歯に起こる異常について解説します。

 

歯が抜けて無くなっている

猫は生後1ヶ月で乳歯が生え揃い、生後半年くらいまでの間に永久歯に生え変わります。

 

この期間に猫の歯が無くなっている場合は、生え変わりのため抜けてしまっているだけなので心配はいりません。

犬歯は歯が抜けるよりも先に永久歯が生えてくる場合もありますので、一時的に犬歯が二本連なって存在することもあります。

基本的には自然に乳歯が抜けますが、生後7〜8ヶ月を迎えてもずっと残っている場合は病院に相談して下さい。

 

猫の年齢が上がってくると、歯が抜ける事があります。

門歯の場合は1歳以降、その他は10歳以降で歯茎の緩みから歯が抜けます。

 

猫は食事を丸呑みする動物ですので、口の中を痛がったりする様子が無ければ問題ありません。

痛がったり、歯茎の腫れや赤みがあるようなら歯周病の可能性がありますので病院に連れて行きましょう。

歯周病の悪化によって歯が抜けている場合もあります。

 

歯石が多い

猫は歯垢から歯石への変化が比較的早く、一週間以内に変化すると言われています。

ドライフードなど硬いものを食べていれば自然に歯垢は取れますが、ウェットフードを多く食べている飼い猫は歯垢が取れず溜まる傾向にあります。

 

猫の歯石は薄黄色から褐色で、主に臼歯に付きます。

歯石が溜まると歯周病になりますので、歯垢が溜まってきた時点での除去が必要になります。

歯石になってしまうと病院での処置になります。

 

 

スポンサーリンク

猫の歯磨きについて

猫の歯 (1)

猫の歯 (1)

 

猫の歯に付いた歯垢は、歯磨きによって除去できます。

 

歯磨きには歯磨き用のフードを使うか、小さめな歯ブラシで磨く他、ガーゼで擦るなどの方法があります。

歯ブラシで磨く場合は歯磨き粉などは使わず、水を付けて行ってください。

 

歯磨きに慣れていない猫は口を触っただけで嫌がりますので、まずは慣れるまで口に触れることから始めます。

慣れてきたら上唇の端を指で上げ、臼歯を露出させて歯磨きします。

歯ブラシを当て、横方向にブラッシングします。

 

門歯は下唇を下げて露出させ、同様に横方向にブラッシングしてください。

犬歯は大きいので、縦方向にもブラッシングしましょう。

強く磨くと、口内を傷つけてしまう可能性がありますので軽い力で磨きます。

 

嫌がる猫に無理矢理歯磨きをしてしまうと次回以降嫌がり方が強くなり、歯磨きしにくくなりますのでなるべく嫌がったら中止しましょう。

歯石になる前に除去したいので、最低でも3日に1回程度歯磨きしましょう。

 

 

スポンサーリンク

猫の歯のまとめ

 

高齢猫の8割以上は歯に問題を抱えています。

歯が悪くなると食事が取れないばかりか、死に繋がる事もあります。

 

猫の歯磨きは慣れるまで根気が必要ですが、高齢になっても元気な猫でいてもらうために頑張りましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/matome-nekotyuui/ target=]

タイトルとURLをコピーしました