注目キーワード

猫のひげを切るとどうなる?切ってはいけないって本当?

猫 ひげ 切る どうなる

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

ひげの役割

○猫のひげを切るとどうなる?

 

猫のひげを、切ってはいけないことをご存知でしょうか。

人間と違って、猫のひげには感覚があり、様々な役割を果たしているのです。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「ひげ」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

猫のひげを切るとどうなる?切ってはいけないって本当?

猫 ひげ 切る どうなる

 

猫のひげには、どんな役割があるのでしょう。

生活をする上で、大切な役割を果たしているのです。

では、その役割を詳しくみていきましょう。

 

猫のひげ|バランスを取ることができる

猫のひげには、感覚があります。

それも、とても鋭い感覚で、なくてはいけないものなのです。

 

狭いところを通る時に、周りの障害物との距離をつかみ、バランスをとっています。

暗い場所でもバランスを取れるのは、ひげのおかげです。

 

猫のひげ|危険を察知できる

猫のひげには感覚があるため、危険を察知することもできます。

周りにあるものを感知したり、空気の動きにも敏感です。

 

耳でも察知できない空気の振動を、察知することができるそうですよ。

夜行性の猫ですが、暗いところでも、ひげで様子を探っています。

 

ひげがあることにより、危険を察知でき、すぐに警戒態勢に入れるのです。

 

猫のひげ|感情表現をする

猫は、実は感情表現が豊かな生き物ですよね。

遊んでいる時は、目一杯立っていたり、リラックスをしている時は下がっていたりします。

 

また、後ろを向いている時は、警戒心が強い感情の表れ。

猫の感情と共に、ひげが動き、感情表現することができるのです。

 

いっけん無表情に見える猫ですが、ひげや目、耳などで感情を表現しています。

 

 

猫のひげ|目を守っている

猫の目の上には、眉毛のような毛が生えていますよね。

実は、その毛もひげだということを、ご存知でしょうか。

 

目の上のひげは、猫の目を守る役割をしてくれています。

顔の付近に異変を感じた時など、瞬間的に目を閉じ、守る事ができるのです。

 

また、小さな異物などが目に入らないように、防いでくれる役割もあるそうです。

 

 

 

猫のひげを切るとどうなる?ダメです!

猫 ひげ 切る どうなる

 

猫のひげを切るとどうなるのでしょう。

結論から言うと、治療などの理由がない限り、絶対に切ってはいけません。

 

では、切るとどうなってしまうのか、詳しく見ていきましょう。

 

猫のひげを切るとどうなる?|すごく痛い!

猫のひげには、人間と違って、感覚があります。

感覚があるだけではなく、根元には血管が通っているのです。

 

そのため、切ってしまうと痛みが伴います。

切られた衝撃で、攻撃的になってしまうこともあるでしょう。

 

自然と抜けてしまうひげは問題ありませんが、故意に切ることは絶対にやめてくださいね。

失ってしまうと、デリケートな猫はショック状態になってしまうこともあります。

 

元気さえもなくなってしまう可能性もあり、非常に危険です。

 

 

猫のひげを切るとどうなる|バランスが取れなくなる

猫は、ひげでバランスを取ることができます。

そのため、切ってしまうと歩けなくなるまではいかないものの、うまくバランスが取れなくなります。

 

センサー的な役割をしているものが切られると、今までできていた事ができなくなってしまうのです。

生活に支障をきたすこともあるため、絶対に切るのはやめましょう。

 

 

まとめ

 

人間と違って、猫のひげはなくてはならないものです。

自分の身を守るために、大きな役割を果たしています。

 

切られたり、なんらかの原因で失ってしまうと、生活に支障をきたすことも。

枝毛になったからといって、切ろうとしてしまう人もいますよね。

 

しかし、そんな時でも決して切ってはいけません。

ただ、古いものが抜けたりすることは、問題ありませんので安心してくださいね。

 

猫のひげの役割を理解した上で、接してあげるようにしましょう。

関連記事

一緒に暮らしていると日々驚かされる表情を見せてくれる猫ですが実は、気をつけてあげなければならないことがたくさんあった。気づかないうちに、猫を傷つけてしまわないように、飼い主は覚えておくべきです。 &[…]

猫の注意点
猫 ひげ 切る どうなる
最新情報をチェックしよう!