一人暮らしで猫を飼う|可哀想な思いをさせないだろうか?

一人暮らしだけど、を飼ってみたいという方も増えてきている近年。

一人暮らしの留守中は、必然的に猫だけの状態となってしまうため、

可哀想という方も多いでしょう。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、

「一人暮らしで猫を飼う際に可愛そうな思いをさせないよう注意すること」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

一人暮らしで猫を飼う時に可哀想な思いをさせないために注意することは?

一人暮らし 猫 可哀想

 

一人暮らしで猫を飼うとなったら、どのようなことに注意すればいいでしょう?

一人暮らしで飼い始めてから可哀想な思いをさせないよう、一人暮らしの方は、準備が必要です。

では、さっそく一人暮らしで、猫を飼う時に注意すべきことをみていきましょう。

 

一人暮らしで猫を飼うなら|お世話ができるかどうか

一人暮らし 猫 可哀想

 

まず大前提として、一人暮らしで猫をお世話できるかどうかを、よく考えましょう。

一人暮らしで、猫と暮らすことは、簡単なことではありません。

 

トイレやごはんのお世話も単純なものではなく、猫の好みと合う合わないなどで、悩むこともあります。

また、一人暮らしで、猫の体調が悪くなった時は病院に連れていったりと、時には自分の生活が犠牲になってしまうこともありえます。

 

一人暮らしで、猫のための時間を作れるかどうか、よく考えてみてくださいね。

猫のための時間を作ってあげられないのなら、可哀想です。

 

一人暮らしで猫を飼うなら可哀想にさせない|留守中のストレス

一人暮らし 猫 可哀想

 

家に誰もいない状態で、猫をひとりぼっちにさせても、短い時間なら、猫は意外と苦にはならないようです。

一人暮らしでも、その点は安心して良いと言えるでしょう。

 

猫は、飼い主さんがいない間は、大半を寝て過ごし、自由気ままに過ごしているようです。

しかし、あまりにも留守番の時間が長いと、猫は退屈になってしまうこともあります。

 

猫は一人で遊べるおもちゃがないと、ストレスがたまり、いたずらをしてしまうこともあります。

時には、猫はゴミ箱の中の生ゴミを漁ってしまったり、家電のコードかじって感電する恐れも。

 

対策しても防ぐことができないようであれば、可哀想でも猫をケージに入れておく必要性も出てきます。

 

 

一人暮らしで猫を飼う|お金がかかる

一人暮らし 猫 可哀想

 

一人暮らしで猫を飼うには、もちろんお金もかかります。

もちろん、一人暮らしだから、特に余計かかるということではありません。

少なくとも、猫が生きるための諸経費は、月に5,000円ほどかかると思っておくと良いでしょう。

 

トイレ砂や、ごはん、おもちゃ、爪とぎなど、様々な出費があるという心の準備が必要です。

犬よりも出費は多くならないものの、病院代に行くことがあれば、さらに費用がかかることも。

 

猫はペット保険には入っていないと、高額な治療費を請求されてしまうこともあります。

また、冷暖房が必要な夏や冬には、通常よりも光熱費がかかることを想定しておきましょう。

 

時間だけでなく、一人暮らしでも、猫のために出せるお金の余裕があるかどうか考えておくべきです。

 

 

一人暮らしで猫を飼うなら可哀想な思いをさせない|旅行や出張中

一人暮らしで、旅行や出張に行くとなると、その間猫はどうしますか

ペットシッターやペットホテル、家族や友人に頼むなど、方法は様々です。

 

しかし、やはり一人暮らしの飼い主さんが長期間いないとなると、ストレスがかかってしまうもの。

普段、一人暮らしの飼い主さんだけと接している猫は、違う人にお世話をされて戸惑ってしまうことも。

 

たまになら問題ないことがほとんどですが、頻度が多いなら、一人暮らしで飼うことをおすすめできません。

一人暮らしが、猫への負担が大きくならないかどうか、考えてみてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

一人暮らしで猫を飼うことは、決して簡単ではありません

また、お金や時間に余裕があるから飼えるという単純なものでもないでしょう。

 

それでも、一人暮らしで、もし猫を飼いたい気持ちがあるのなら、色々なことを犠牲にできるかどうか考えてみてください。

いくら一人暮らしで猫を飼いたい気持ちがあっても、物理的に難しいのであれば、やはり諦めるべき。

 

かわいい猫を見つけて、勢いだけで飼うことだけは、絶対に避けましょう

一度冷静になって、猫のために自分を犠牲にできるくらいの気持ちがあるか、考えてみてくださいね。

 

大げさかもしれませんが、それほどの覚悟があれば、一人暮らしでも問題はないと言えるでしょう。

関連記事

一緒に暮らしていると日々驚かされる表情を見せてくれる猫ですが実は、気をつけてあげなければならないことがたくさんあった。気づかないうちに、猫を傷つけてしまわないように、飼い主は覚えておくべきです。 &[…]

猫 注意の仕方