猫の健康診断では尿検査が大事!

スポンサーリンク
猫 健康診断 尿検査

猫は1年間で、人間で言うところの17歳相当に成長し、その後も1年で4歳ずつほど歳をとっていきます。

病気などにかかると、その分進行も早いため、1年に1度は健康診断を受けると良いです。

こちらの記事を読んでくださいますと、「健康診断の必要性」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫の健康診断では尿検査が大事!

猫 健康診断 尿検査

 

猫の健康診断の内容は、人間のものとほぼ同じです。

気になる項目があれば、オプションなどで付けることもできます。

ただ、猫の死因上位に、腎臓病があることを考えると、最も大事なのは、尿検査です。

では、さっそく猫の健康診断の内容をみていきましょう。

 

猫の健康診断|尿検査や検便

まず、猫の健康診断の尿検査では、尿路結石や膀胱炎、腎不全、糖尿病などがわかります。

健康診断の朝に、採尿するのはなかなか大変ですが、猫はおしっこトラブルが非常に多いですよね。

 

早期に異常を見つけるためにも、尿検査はしておいた方が良いでしょう。

また、検便では、お腹の中にいる虫の検査ができます。

その他にも、色や形、固さや臭いから、異常がないかどうかを見てくれますよ。

 

猫の健康診断|身体検査

身体検査では、体重を測ったりと、猫が適切に成長しているかを調べます。

また、心臓の音を聴いたり、実際に触ってどこか問題がないかを見ているのです。

この時、目、口、耳など、病気になりやすい部分も、診察してくれることがほとんど。

 

猫がかかりやすい結膜炎歯周病、外耳炎の判断も、身体検査でしてくれるはずです。

さらに、体重が多い場合は、肥満などの注意を受けることもあります。

身体検査の際、些細なことでも日常での気になる点を、先生に聞いてみると良いです。

意外なところに、猫の不調が隠れているかもしれません。

 

猫の健康診断|血液検査

猫の血液検査では、ウイルス・細菌感染の疑い、糖尿病などがわかります。

血液検査は、その日にすぐ結果を出してくれることも多く、問題があっても早期の対応をしてくれるでしょう。

 

しかし、ウイルスや細菌感染は、具体的なウイルス検査をしなければ、詳細まではわかりません。

健康診断で、疑いがあると診断された時などは、ウイルス検査までしてもらうようにしましょう。

また、野良猫を飼う時などにも、健康診断の他に、ウイルス検査を行ってくださいね。

 

 

スポンサーリンク

猫の健康診断って必要なの?

猫の健康診断 (1)

 

猫は人間よりも成長が早く、その分病気にかかってしまうと、進行が早いこともあります。

そのため、健康診断を受けて、できるだけ早く、異変に気が付いてあげることが必要になってきます。

 

猫の健康診断|我慢をしてしまう

猫はどこか体調が悪くても、それを隠そうとする傾向にあります。

限界がきて、症状が起こってしまった時には、既に病気が進行してしまっていることもあるのです。

早期に病気などを見つけてあげるためにも、年に1度の健康診断は必ず受けましょう。

 

猫の健康診断|気をつけるべきことを知るため

猫の健康診断では、病気にまでは至っていないものの、どこか不調な部分が発覚することもあります。

減量した方が良い、ごはんはどんなものが良いかなど、病院では日々気をつけるべきことを教えてくれます。

健康に見えても、実は気をつけるべきことがあったりするものです。

健康診断での病院の先生との会話で、気付けることは多いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫は健康に見えても、実は病気になっていたり、どこか不調がある場合もあります。

しかし、それは見た目だけで判断することは難しく、いつの間にか悪い方向へと向かってしまうのです。

そんな最悪な事態を防ぐためにも、猫の健康診断は1年に1度受けるべき。

また、健康診断とともに、ワクチン接種も受けておくと尚良いですよ。

 

 

  1. 猫が病気?異変が起きてる!大丈夫なのか
  2. 猫が病院を怖がる!ストレスで暴れる時 持ち物はネット?
  3. 猫にペット保険はいらないのか?おすすめは?!
  4. 猫が腎臓の病気(2種類)になったら食事と接し方に配慮して!
  5. 猫の結膜炎は治る?なにが原因?すぐ病院に行った方がイイのか
  6. 猫の目薬のさしかた!嫌がるときのコツ!上手なやり方を教えて!
  7. 猫の目の病気|瞬膜の状態から考えられるのは!
  8. 猫の歯磨きのコツ|歯のトラブルを軽く見ないで!
  9. 猫の虫歯予防ケアはしてますか?虫歯や口内トラブルになると大変!
タイトルとURLをコピーしました