猫の血液型と割合を知っておくといざというときに役立つメリット

スポンサーリンク
猫 血液型 割合

も人間と同じ様に血液型により分類する事が出来ます。

それらは、日常生活を送る上で重要性は低いでしょう。

しかし、猫に万が一の事があった時、知っていれば役立ちます。

ここでは、猫の血液型にどの様な種類があるか、知っておくメリットをご紹介します。

 

スポンサーリンク

猫の血液型は3種類ある

猫の血液型は「AB式」といって、A型、B型、AB型の3種類に分類されます。

人間の場合「ABO式」といい、A型、B型、O型、AB型の4種類ですが、猫にO型はありません。

因みに犬の血液型は9種類あります。

 

 

スポンサーリンク

猫の血液型の種類について深堀

 

猫 血液型 割合

 

血液型は、メンデルの法則により、両親から1つずつ貰った遺伝子により決まります。

例えば、人間の場合、A=B>Oと、A型とB型は同じ強さでO型が劣勢です。

 

猫の血液型の優劣を語る上で、AB型について先に知っておく必要があります。

非常に紛らわしいですが、AB型はA型、B型とは全く関係ありません。

人間におけるAB型は、優劣差の無いA型とB型の掛け合わせにより発現しますが、猫のAB型というのは、A型でもB型でもない第3の対立遺伝子です。

そして、遺伝子の強さはA>AB>Bの順となります。

 

AB型はB型に対して優性ですが、AB型の猫がそもそも少ないので非常に稀です。

よって、遺伝子の組み合わせ毎の血液型は以下の様になります。

 

<遺伝子型> <血液型>
A型|A型A型
AB型|AB型AB型
B型|B型B型
A型|B型 A型
A型|AB型 A型
AB型|B型AB型

 

ただし例外はあります。

人間でAB型とO型の夫婦からO型の子供が生まれる事がある様に、猫の血液型においても遺伝子変異が起きた事例が報告されています。

 

 

スポンサーリンク

猫の血液型の割合

猫の中ではA型が多く、その次にB型、AB型は珍しいです。

比率は猫種と地域により異なりますが、A型が80%、B型が20%、AB型は数%です。

日本にいる猫は90%がA型だと言われており、猫種ごとの割合は以下の様になります。

 

 

猫の血液型の割合|B型の割合が10%以下の猫

アメリカンショートヘア、シャム、日本猫、ノルウェージャンフォレストキャット、ベンガル、メインクーン、ロシアンブルー。

アメリカの統計によると、アメリカンショートヘアは100%がA型だと言われています。

 

猫の血液型の割合|B型の割合が10-30%の猫

アビシニアン、スコティッシュフォールド、スフィンクス、ソマリ、バーマン、ヒマラヤン、ペルシャ、ラグドール。

 

猫の血液型の割合|B型の割合が30%以上の猫

エキゾチックショートヘア、コーニッシュレックス、デボンレックス、ブリティッシュショートヘア。

 

 

スポンサーリンク

猫の血液型と性格の関係

猫の血液型と性格は、関係無いと言われています。

猫の性格は、父猫の性格、毛色、育った環境、栄養状態、といった先天的要素と後天的要素が複雑に絡み合って影響するそうです。

実際に、日本では殆どの猫がA型なのに対し、甘えん坊な猫、臆病な猫と、性格はバラバラです。

 

 

スポンサーリンク

猫の血液型を知るメリット

猫の血液型を知るメリットは、大きく以下の3つあります。

 

猫の血液型|いざという時、迅速に輸血を受けられる

輸血をする際は、人間同様、違う血液型同士では拒絶反応を起こしてしまいます。

クロスマッチといって、事前に2頭の血液を混ぜて凝固しないか検査を行います。

結果が出るまでには2時間程掛かりますが、緊急の事態では検査を待っている時間が無い、という場合もあります。

健康な状態の時に血液型を調べておく事が、とても大事です。

 

 

猫の血液型|輸血用の血液を提供出来る

猫の緊急時の輸血は困難です。

人間の様に、安定して血液を確保出来る、血液バンクが無いからです。

輸血に必要な血液は病院ごとで用意が必要です。

輸血の手段は病院により異なり、病院内で供血猫を飼う、知り合いに依頼する、などといった方法があります。

しかし、身体が小さく採血可能な量が少ない上に、年齢、体重、混合ワクチンの接種、妊娠出産の経験の有無等、様々な条件があります。

そんな慢性的な血液不足な状況下で、献血は他の猫の命を救う事に繋がります。

 

 

猫の血液型|新生子溶血の原因となる、不適切な交配を避けられる

母親とは、血液型が違う子供が生まれた場合は、注意が必要です。

子猫が新生子溶血によって、命を落としてしまう危険性があるからです。

新生子溶血とは、子猫が血液型の違う母猫の初乳を飲むことによって起こる、血液不適合です。

特に、B型の母猫からA型の子猫が生まれた時は気を付けなければなりません。

血液不適合を起こすような交配を防ぐ為にも、繁殖を考えている場合事前に両親となる猫の血液型を把握しておく必要があります。

 

スポンサーリンク

猫の血液型の検査料金

血液型の検査は病院で出来ます。

検査料金は、病院にもよりますが、5,000-7,000円程です。

簡易血液検査キットであればその場で診断が終わりますし、検査機関に依頼する場合は数日掛かります。

 

 

  1. 猫の体の特徴や注意すること|飼い主なら知っておくべき
  2. 猫の過剰なグルーミングに対策!ブラシとグローブ紹介
  3. 猫が痩せる原因は?病気なのか?猫の体重減少
  4. 猫の抜け毛対策にはファーミネーター!抜け毛対策は大事。
  5. 猫の平均寿命は何年?長生きしてもらう方法はある?
  6. 猫の肥満の見分け方|年齢・種類の平均体重とチェック方法
  7. 猫が舐めるのはストレス?やめさせる方法は?
  8. 猫のひげを切るとどうなる?切ってはいけないって本当?
  9. 猫の口呼吸は危険!体調不良のサイン
  10. 猫が口開けるのはストレス?フレーメン反応?病気かも
  11. 猫の耳の向きで気持ちがわかる!しっぽでも感情表現|猫の耳としっぽ
  12. 猫の耳や尻尾は感情豊か!情報がいっぱいだった猫の耳と尻尾
  13. 猫ライオンカットやり方と理由|毛玉対策で楽にしてあげる
  14. 猫の運動不足は便秘や肥満の元に!おもちゃで解消してあげよう!
タイトルとURLをコピーしました