注目キーワード

猫の結膜炎は自然に治る?なにが原因なの?

猫 結膜炎

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

結膜炎の原因

○猫の結膜炎の症状と対策

 

猫の結膜炎は癖になりやすく、なかなか厄介です。

自然治癒することもありますが、自己判断することは、あまりオススメできません。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「結膜炎」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

 

猫の結膜炎の原因にはどんなものがある?

猫の結膜炎

 

猫は、様々な原因で結膜炎になります。

できるだけ結膜炎にならないよう、普段から気をつけるべきポイントもあります。

 

では、さっそく猫の結膜炎の原因を、みていきましょう。

 

異物

猫は、ホコリやゴミ、花粉などが原因で結膜炎になることもあります。

また、長毛種の猫は特に、目の周りの毛が原因となってしまうことも。

 

まずは部屋の掃除を、なるべくこまめに行いましょう。

猫がよくいるベッドの下などの隠れ場所も、念入りに行ってくださいね。

目の周りの毛が原因なら、毛をカットしてあげることで、防ぐことができるでしょう。

 

ウイルスや細菌

猫は、ウイルスや細菌の感染が原因で、結膜炎になってしまうこともあります。

クラミジアやマイコプラズマなど、種類は様々です。

 

特にヘルペスウイルスが原因ということが多く、一度治っても、繰り返してしまうことがあります。

これは、ストレスが原因で引き起こされたりもするそうです。

 

まずは、ワクチン接種で予防をしてあげてくださいね。

 

免疫力の低下

猫は免疫力が低下している時にも、結膜炎になりやすい傾向があります。

季節の変わり目には、特に注意が必要です。

 

猫に目やにが出始めたら、こまめに取ってあげるなど、悪化しないようにしてあげてください。

 

 

 

猫の結膜炎の症状はどんなもの?対策はあるの?

猫の結膜炎

 

猫の結膜炎の症状や対策には、どのようなものがあるのでしょう。

当てはまる症状があったら、基本的には、まずは病院へ行って先生に相談するべきです。

では、猫の結膜炎には、具体的にどのような症状や対策があるのか、みていきましょう。

 

目やにと涙

猫が結膜炎になると、目やにや涙が増えます。

わかりやすいほど出ている場合は、まず結膜炎だと思って良いでしょう。

 

目やにの色が黄色や緑の場合は、細菌感染の疑いもあります。

対策としては、やはり目薬での治療が一番です。

 

自然治癒することもありますが、まずは病院に行って、先生の判断に委ねましょう。

 

赤くなる

猫が結膜炎になったら、白目の部分が赤くなることがほとんどでしょう。

炎症が原因で、目を開けづらくなり、しょぼしょぼとした目になってしまうことも。

 

対策としては、目やにと涙と同様、目薬が効果的。

猫に目薬をさす際は、嫌がることも多く大変ですが、コツさえつかめばスムーズですよ。

 

目を掻く

結膜炎になると、目が痒くなったり、違和感があり、引っ掻いたりこすってしまいます。

そのため、治りが遅くなってしまうこともあるのです。

 

また、角膜まで傷つけてしまうと、角膜炎にまで発展してしまうことも。

対策としては、エリザベスカラーをつけるのが良いでしょう。

 

動物病院では貸し出しをしてくれる場合もあるので、わざわざ買わなくても良い時もあります。

エリザベスカラーを嫌がる場合は、爪をできるだけ切っておいてあげましょう。

関連記事

 猫の目って、まんまるで大きくて可愛いですよね。そんな猫の目ですが、病気になってしまうと分かりやすい症状が出る事の多い器官です。すぐに異常に気付けても、どんな病気か分からないと困ってしまいます。&n[…]

猫の目

 

 

まとめ

 

人間と同様に、猫は結膜炎になってしまうことがあります。

そして、一度結膜炎にかかると、猫は目をこすり、長引いてしまうことも多いでしょう。

 

目を開けづらそうにしていて、充血している姿は、本当に痛々しく、かわいそうなものです。

すぐに治るだろうと過信せず、早めに病院へ連れて行ってあげてくださいね。

 

放っておくと、悪化して治りづらくなってしまうこともあります。

また、普段から猫の小さな変化にも、気がついてあげることが一番ですよ。

 

猫 結膜炎
最新情報をチェックしよう!