猫の耳の向きで気持ちがわかる!しっぽでも感情表現|猫の耳としっぽ

スポンサーリンク
猫 耳の向き 気持ち

猫は気まぐれでミステリアス。

何を考えているのか猫の気持ちが分からない、そんなイメージがありませんか?

そんなことはありません。

 

猫は気持ちが耳の向きや仕草や表情に表れやすく、耳の向きなどの意味を理解していれば簡単に気持ちが分かる動物です。

猫は瞳が大きい上に、耳の向きやヒゲなど感情で動くパーツが多く表情から気持ちが読み取りやすいです。

また、耳の向き以外の仕草も独特のものが多く、慣れれば何を考えているかすぐに分かるようになれるでしょう。

 

猫の耳の向きで気持ちが分かるようになれば、愛猫とのコミュニケーションがもっと楽しくなるはずです。

こちらの記事を読んでくださいますと、の耳の向きや表情の変化から猫の気持ちがご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫の耳の向きで気持ちがわかる

猫 耳の向き 気持ち

猫の気持ちが表れやすい顔のパーツは目、耳(耳の向き)、ヒゲの三点です。

3つのどれにも特徴があります。

それぞれについて解説します。

 

猫の耳の向きから気持ちがわかる

猫の耳の向きは片方ずつ別々に動かす事ができるようになっています。

耳の向きが片方ずつできるのは、音のした方に耳を向けて集音するためです。

 

猫の耳の向きが片方だけ違う方向を向いている時は、音が気になっているという事です。

また、猫の名前を呼ぶなどして両方の耳の向きが正面を向いている時はこちらに集中しています。

 

猫の耳の向きは横に倒れる構造になっています。

耳の向きが横に倒れている時は、警戒していたり不満な気持ちを示します。

猫の耳の向きが横に倒れ、後頭部にペタリと張り付いている時は、恐怖の気持ちの表れです。

猫同士の喧嘩で見る事があります。

 

 

 

猫の耳の向きだけなく目からも分かる気持ち

丸く大きな猫の瞳は、興味のあるものに向けられます。

猫の興味が強いほど大きく見開かれ、瞳孔も開きます。

おもちゃやフードなどを目の前にするとわかりやすいでしょう。

 

また、敵意がある場合も丸く大きな目でまっすぐ見つめてきます。

この場合は唸り声を出したり、耳の向きを横に倒すなどの反応も同時に見られます。

 

逆に興味が無いとそっぽを向いたり、目を閉じてしまいます。

撫でていると猫が半目になってくるのを見ることがありますが、猫が気持ち良いとこの表情をします。

その他、飼い主と目を合わせてゆっくりまばたきするというものがあります。

これは信頼しているという気持ちを示します。

 

 

猫のヒゲから分かる気持ち

猫のヒゲは注目して見てみると、色々な向きに動きます。

フードを差し出してみるとヒゲが前方に向き、興味を示します。

お気に入りの場所でうとうとしている時など、リラックスしているとヒゲは下向きに垂れ下がります。

おもちゃで遊ぶなどして、猫が楽しい気持ちになっている時はヒゲは上向きになります。

 

 

スポンサーリンク

猫は耳の向きだけはなく、しっぽの振り方でも気持ちが分かる

猫 (9)

猫の耳の向き以外にも仕草から、どんな気持ちでいるか読み取る事が出来ます。

鳴き声のトーンや座り方など、少しの動作にも様々な気持ちが表れています。

 

猫のしっぽの振り方で気持ちがわかる

猫のしっぽは身体のバランスを取るために利用されていますが、その動きから気持ちを読み取る事ができます。

犬は機嫌が良いと尻尾を振りますが、猫は逆に機嫌が悪い時に激しくしっぽを左右に振ります。

猫の機嫌が良い時は、しっぽはピンと立っています。

 

また、座っている時などにしっぽの先を少しだけ動かす事があります。

これは、どうしようか思考している状態です。

喧嘩中など、しっぽの毛が逆立っているのが見られますが、これは興奮しているか恐怖の気持ちを表しています。

猫の尻尾は本当に表情が多彩です。

 

 

鳴き声から分かる気持ち

猫によって声は様々ですが、高いトーンと低いトーンを使い分けています。

高いトーンで長めに鳴く時は、構って欲しいなど飼い主に甘えている場合です。

 

低いトーンで鳴く時は、喧嘩中で怒りの気持ちを示す時や発情期の大声で鳴く独特の声があります。

猫が最も高い声で鳴く時、人間には聞こえない音域になるため声が出ていないように見えます。

この最も高い声を出す時は、猫が飼い主を信頼しており、リラックスしている状態です。

 

 

ポーズから分かる気持ち

猫の座り方にも気持ちが表れています。

前脚後ろ脚をそれぞれたたんでお腹にしまう形の香箱座りは、急に立ち上がる事ができない姿勢のためリラックスしている気持ちです。

香箱座りから前脚を出した状態のスフィンクス座りは、香箱座りよりもやや警戒した状態にあります。

猫は座る時に尾を身体に巻きつける場合がありますが、これは尾を汚さないように気を配っています。

まれに仰向けで寝る猫がいますが、これは最もリラックスした気持ちでいる状態を示しています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫の気持ちは、様々なところに表れています。

猫は瞳と耳の向きやヒゲなど感情で動くパーツが多いです。

表情から気持ちが読み取りやすいです。

 

また、仕草も独特のものが多く慣れれば何を考えているかすぐに分かるようになれるでしょう。

猫の耳の向きで気持ちが分かるようになれば、愛猫とのコミュニケーションがもっと楽しくなるはずです。

実際には、今回紹介した猫の耳の向き以外にもたくさん猫の気持ちを表している仕草は存在しますので、愛猫を観察してそれを見つけてみるのもいいかもしれません。

 

 

  1. 猫が舐めるのはストレス?やめさせる方法は?
  2. 猫のひげを切るとどうなる?切ってはいけないって本当?
  3. 猫の口呼吸は危険!体調不良のサイン
  4. 猫が口開けるのはストレス?フレーメン反応?病気かも
  5. 猫の耳や尻尾は感情豊か!情報がいっぱいだった猫の耳と尻尾
タイトルとURLをコピーしました