日本語ことわざ|猫にまつわることわざを紹介!

日本語 ことわざ 猫

好きなら、猫にまつわることわざ

知っておきたい方も多いでしょう。

 

そんな猫にまつわることわざは、

とても多く、昔からなじみ深い生き物だったことがわかります。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、

にまつわることわざ」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

日本語ことわざ|猫にまつわることわざを紹介!

日本語 ことわざ 猫

 

昔からなじみ深い猫は、たとえられやすいことから、

多くのことわざに使われています。

あなたは、どのくらい思い浮かべることができるでしょうか。

 

では、さっそく代表的なことわざをみていきましょう。

 

 

日本語ことわざ|猫に小判

このことわざを、

一番に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

小判を与えたところで、猫には何の役にも立たず、

せっかくの価値が無駄になるということ。

 

せっかく良いものでも、

その価値がわからないものにあげても、意味がないという意味です。

 

 

日本語ことわざ|猫の手も借りたい

このことわざは、とてつもなく忙しい時に、

とにかく誰でもいいから手伝って欲しい時に使われます。

 

たとえ、何の役にも立たないようであっても、

手伝って欲しいという意味です。

 

とにかく忙しく、

些細な手伝いでも欲しい時に、使われることが多いでしょう。

 

 

日本語ことわざ|猫をかぶる

本性を隠し、

おとなしく見せることを指すことわざです。

 

自然とそうなってしまうというよりかは、

意識的に本性を隠している様子を指します。

 

これは、おとなしそうに見える猫が、

たとえられているもの。

 

たとえば女性でいうと、

ぶりっ子が当てはまるでしょう。

 

かわい子ぶっていたり、

良い子ぶっていることを指す時に、使われることが多いです。

また、知っていることでも、

知らないふりをするという意味でも使われます。

 

日本語ことわざ|借りてきた猫

「猫を被る」ということわざに、

少し似ているのが、「借りてきた猫」。

飼い主さんの前以外では、

緊張してしまい、大人しくなる様子がたとえられたことわざです。

 

そんな様子と同様、

状況が変わると、普段と違って大人しくなってしまう様子を指します。

いつもは騒がしい人が、かしこまっている時などに使われることが多いです。

 

「猫を被る」は、意識的な様子を指すことわざです。

しかし、「借りてきた猫」は自然とそうなってしまう様子を指します。

 

一見似ていますが、間違えて使わないように注意しましょう。

 

 

日本語ことわざ|猫にまたたび

大抵の猫は、またたびが大好物です。

与えると、目をトロンとさせ、

まるで酔っ払ったかのようになりますよね。

 

「猫にまたたび」は、大好物であったり、

それを与えることにより著しい効果が得られることをいいます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/matome-nekonigate/ target=]

 

 

日本語ことわざ|猫に鰹節

「猫にまたたび」ということわざに、

一見似ていそうなことわざが「猫に鰹節」。

しかし、実は全く別の意味があるのです。

 

鰹節も、またたびと同様に猫の大好物ですよね。

そんな鰹節をそばに置いておくと、すぐに食べられてしまいます。

 

このように、油断できない状況、危ない状況という意味で使われることわざです。

 

 

日本語ことわざ|猫も杓子も

杓子は一般的に、しゃもじのことを指します。

「猫も杓子も」ということわざは、

一見共通点がない言葉の組み合わせですよね。

 

このことわざは、

何でもかんでも、誰も彼もなどといった意味で使われるもの。

 

共通点がないものも、ひとまとめにする時に使われます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

猫にまつわる代表的なことわざを、ご紹介いたしました。

猫の行動や習性に、たとえられたことわざは、この他にもたくさんあります。

 

それほど昔から、馴染みの深い生き物であるということがわかりますよね。

猫好きならば、猫にまつわることわざを、いくつか知っておいても損はありません。

 

ふとした時にパッと口に出せるようになると、楽しいのではないでしょうか。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/matome-tokutyou/ target=]

タイトルとURLをコピーしました