注目キーワード

オス猫の去勢手術はメリットがたくさん!時期や費用や手術の流れを徹底解説

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

去勢のメリット

去勢のデメリット

去勢の時期と費用

去勢の流れと注意

 

 

去勢が必要か、またその時期や費用に悩んでいらっしゃる方は多いと思います。

どのような時期に行うのか、予算や手順や注意することなど詳しく知りたいですよね。

 

 

猫の去勢におけるメリット

猫の去勢におけるメリット

 

去勢には次のとおり、猫の問題を回避できるメリットが多くあります。

・繁殖をさせないことができる

・マーキングを回避できる

・発情時期のストレスを軽減できる

・発情時期の鳴き声を防止できる

・生殖器疾患を予防できる

 

猫の去勢による繁殖対策

屋外飼育や多頭飼いの場合、繁殖率が非常に高いことをご存知でしょうか。

 

・メスの発情時期:主に春〜夏 3〜5回ぐらい

・オスの発情時期:メスに誘発される

・後尾による妊娠率:ほぼ100%

・出産回数:最大で年4回

・出産数:1回1〜9匹

 

愛猫家の方であれば保護猫や殺処分といった社会問題はご存知の方が多いと思います。

去勢や避妊は飼い主の責任です。

発情時期の猫のみならず、地域の皆様に迷惑をかけない心得が必要です。

 

 

猫の去勢によるマーキング対策

猫が発情時期に縄張り目的で行うマーキングは、去勢による解決が有効的です。

室内飼育で非常に大きな悩みとなるのが独特な臭いを放つマーキングです。

そして、その多くは去勢によって回避・解消されています。

マーキングは発情を迎えた猫が行うようになりますが、睾丸を摘出してホルモンを抑制することにより発情を制止することが可能です。

 

 

猫の去勢によるストレス対策

猫は発情時期にストレスが溜まりやすく、このストレス解消は去勢が効果的です。

オス猫は発情時期になると徘徊しようとしたり、苛立って攻撃的になる場合があります。

多頭飼いの場合には、猫同士でケンカをすることもあります。

ストレスが蓄積されると、食欲不振や嘔吐など、体調不良になることもあります。

すぐに治療せず時期を経過してしまうと、脱毛や膀胱炎や胃腸炎など大掛かりな病気にもなりかねません。

 

猫の去勢による鳴き声対策

発情時期の猫は、「ワォーン」といったような大声で鳴きます。

この時期には、早朝から日中、深夜にまで鳴き続ける場合もあります。

ペットを飼う上で、近隣の方へ迷惑をかけるようなご近所トラブルは避けたいものです。

猫の発情時期の鳴き声は去勢によって解消できるため、手術をお勧めします。

 

 

猫の去勢による生殖器疾患対策

去勢には、前立腺疾患になりくく、精巣腫瘍を予防する効果があります。

また、去勢によってケンカや交尾を防止することは猫エイズへの大きな対策にもなり、室外飼育の場合にはとても大きなメリットです。

盛りの時期になるとケガの多い猫にとっては、命を守る対策としても有効的です。

関連記事

この記事でお伝えすることは、次の通りです。・去勢時期って一体いつなの?・去勢時期にばらつきがあるのはなぜ?・去勢時期が異なる具体的な事例とは?  オス猫を飼育す[…]

猫 去勢

 

猫の去勢におけるデメリット

 

猫の去勢におけるデメリット

ホルモンバランスによって代謝が低下するため、肥満になりやすい体質になります。

食欲が増えて運動量が減る傾向があるため、食べ過ぎに気を付けてたくさん遊んであげるようにします。

時期が経過して体重の増量傾向が見られる場合には、去勢後用のフードへの切り替えをお勧めします。

 

 

猫の去勢手術における時期と費用

猫の去勢手術における時期と費用

 

一般的に月齢6ヶ月を経過したら手術は可能ですが、手術の時期は猫によって異なります。

 

発情時期を避けたり、術後の化膿を避ける目的で梅雨や夏の時期を避けることもあります。

また、全身麻酔による手術となり生命にも関わるため、手術の時期は獣医に相談します。

場合によっては、血液検査などを行うこともあります。

 

手術自体の時間は10分程度ですが、獣医が懸念するのは麻酔による影響です。

十分な成長時期に達しているか、麻酔に堪えられるか、といった点で観察が必要な場合があります。

そのため、手術まで時期をあけるようアドバイスがあった場合には助言に従ってください。

 

費用は、一般的に10,000〜15,000円ぐらいが相場です。

血液検査などが生じた場合には1回10,000円程度の追加料金も発生します。

なお、地域によっては管轄する市区町村の役所へ申請すると3,000〜5,000円程度の助成金が支給されます。

 

 

 

猫の去勢手術における手順と注意

猫の去勢手術における手順と注意

 

前日

・できるだけ安静に過ごします

・夕飯は夜21時頃までに与えます

・水は与えても構いません

 

当日(手術前)

・朝は絶食します

・水は朝6時頃までなら与えても構いません

・できるだけ排便・排尿を済ませます

・病院へ緊急連絡先を伝えておきます

 

当日(手術後)

・お迎えの時は麻酔から完全に覚めていないため注意します

・傷口を舐めたりしないようエリザベスカラーを装着します

・大人しく落ち着いて過ごすようにします

・炎症しないよう支給された薬(状況により痛み止め)を飲ませます

・傷口の様子と麻酔の影響がないか経過観察します

 

猫 去勢
最新情報をチェックしよう!