猫の去勢時期や避妊時期はいつが最適?

スポンサーリンク
猫の去勢時期

猫の去勢や避妊時期は、いつがベストなのかご存知でしょうか?

オスとメスとでも少し異なるので、見極めが大切です。

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫の去勢時期・避妊時期」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

スポンサーリンク

猫の去勢時期と避妊時期は?いつが最適なの?

猫の去勢時期

猫の去勢時期

猫の去勢時期や避妊時期は、最適なのはいつなのでしょう。

オスとメスでも少し異なってくるため、注意が必要です。

また、遅れてしまうと、どんなことが起こってしまうのでしょうか。

では、猫の去勢時期について見ていきましょう。

 

 

猫の去勢時期や避妊時期|見極めについて

猫の去勢や避妊時期を自身で見極めるのは、なかなか難しいですよね。

そのため、去勢や避妊について、まずは病院で相談してみることをオススメします。

手術の前には、検査が必要なこともあります。

 

麻酔をかけた時にトラブルが起こっては大変なので、血液検査をすることが多いですよ。

身体の状態をしっかり確認してから、手術を受ける必要があります。

 

猫の去勢時期や避妊時期|オスの場合

猫の去勢時期は、オスの場合は生後6ヶ月から10ヶ月くらいが良いとされています。

オスは、性成熟を迎えるのも6ヶ月から10ヶ月です。

その付近に、手術をするのが最適ですよ。

 

理由としては、産まれてから最初の発情の前に、手術するのが望ましいからです。

発情前の手術により、発情時によく見られるスプレー行動を抑えることができます。

攻撃的な性格も、落ち着いてくれますよ。

 

猫の去勢時期や避妊時期|メスの場合

猫の避妊時期は、メスの場合は生後6ヶ月から8ヶ月くらいが良いとされています。

性成熟を迎えるのは、6ヶ月から12ヶ月。

オスと同様、産まれてから最初の発情の前に、手術するのが望ましいですよ。

発情前の手術により、発情してうるさく鳴いたりするようなことはなくなるでしょう。

 

猫の去勢時期や避妊時期|遅いとどうなる?

猫の去勢時期・避妊時期が遅いと、どんなことが起こるのかご存知ですか?

まず、手術を行う一番のメリットは、病気を予防してくれることです。

 

猫は発情することにより、ホルモンが分泌され、乳腺腫瘍になりやすいのです。

最初の発情の前に手術することにより、発情を抑えることができ、病気の予防となりますよ。

また、去勢や避妊手術で、発情期によく見られる行為を防ぐこともできます。

スプレー行為や攻撃性のある性格、大きな鳴き声を、止めさせるのは難しいことです。

 

近隣の方とのトラブルの原因にもなり、頭を悩ませている方も少なくないはずです。

猫の去勢や避妊時期が遅いと、こういったことが防げなくなってしまうのです。

タイミングを逃さぬよう、注意してくださいね。

 

そして、望まない繁殖を防ぐこともできるでしょう。

多頭飼育崩壊などが起こらないよう、責任を持つことが大切ですよ。

 

行き場をなくした子は、殺処分となってしまう可能性も十分にあります。

その数は年々減ってきてはいますが、現在も0ではないのが現実です。

殺処分されていなくても、保護猫団体の方たちがたくさんの子を引き取り、里親を探しているのです。

飼い主さんたちが責任を持って手術を受けさせることで、こういったことも減っていくでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫の去勢時期や避妊時期についてご紹介いたしました。

手術するには、猫の身体の調子も見ながら、時期見極める必要があります。

去勢や避妊手術は、負担も大きいため、病院の先生に相談して判断しましょう。

猫はとても繊細な生き物です。

 

少しでも負担を軽くしてあげられるように心あげてくださいね。

また、猫の去勢・避妊時期はオスとメスでも若干変わってきます。

手術時期を逃さぬよう、注意しましょう。

きちんと見極めることで、より安心して猫と生活できるようになるはずですよ。

 

 

猫の去勢について|費用・時期・手術のまとめ

タイトルとURLをコピーしました