猫の目薬のさしかた!嫌がるときのコツ!上手なやり方を教えて!

猫 目薬 さしかた

猫 目薬 さしかた

猫には、かかりやすい目の病気などがあり、目薬が必要になることもあります。

しかし、目薬をさそうとすると、猫が嫌がるという経験をされませんでしたか。

とはいえ、毎回病院に行ってお願いするわけにもいきませんよね。

猫の目薬のさしかたを覚えておきたいですね。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、

「猫への目薬のさしかた」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

猫の目薬のさしかた!嫌がるとき

猫 目薬 さしかた

 

猫に目薬をさそうとする瞬間、逃げられてしまうなんてこともあるでしょう。

押さえ付ければ暴れ出し、なかなかスムーズにはいきませんよね。

では、なるべくスムーズにできるように、猫の目薬のさしかたに、どのような方法があるのか見ていきましょう。

 

 

猫の目薬のさしかた|後ろから

猫は、察するのが早く、目薬を見た瞬間に逃げ出してしまうこともありますよね。

目薬のさしかたは、猫の後ろにポジションを取ることです。

 

後ろからなら、猫が気がつかずに、スムーズな猫の目薬のさしかたができますよ。

また、目薬のさしかたは、正面からだと目薬が目に入りにくいので、少しコツがいります。

 

少し猫を上に向かせて、上瞼をそっと持ち上げながらやってみてください。

左手でそっと顎を押さえて上を向かせ、右手で目薬のさしかたがオススメですよ。

 

 

猫の目薬のさしかた|素早く

目薬のさしかたは、素早く終わらせてあげる必要もあります。

後ろから体を密着させて固定し、逃げ出さないうちにサッと終わらせましょう。

 

この時に、両足で猫の体を挟みこみ、固定するのが良いです。

猫の目薬のさしかたは、一滴だけで十分です。

 

余裕があれば、目をそっと閉じさせて、全体に行き渡るようにしてあげてくださいね。

溢れた目薬は、きれいなガーゼなどでそっとふき取ってあげましょう。

 

 

猫の目薬のさしかた!嫌がるときのコツ!上手なやり方

猫 目薬 さしかた

 

猫の目薬のさしかたは、猫を押さえた時、嫌がることも珍しくないでしょう。

しかし、目薬のさしかたを諦めるわけにはいかず、苦戦してしまいますよね。

では、嫌がるのを防ぐにはどうしたら良いのか見ていきましょう。

 

 

猫の目薬のさしかた|二人がかりで

一人でも猫の目薬のさしかたは難しいこともありますが、二人なら嫌がるのを防げることも。

一方が猫の体をしっかりと両手で固定し、もう一人が目薬のさしかたをしてあげればOK。

 

しかし、この際もあまりストレスがかからないよう、素早く済ませてあげましょう。

時間をかけすぎると、猫の記憶に目薬は嫌なものと残ってしまいます。

 

 

猫の目薬のさしかた|バスタオルやブランケットでくるむ

猫をバスタオルやブランケットでくるむと、おとなしくなることもあります。

その状態で目薬のさしかたをしてあげると、もしも暴れても、引っ掻かれるのを防止することもできるでしょう。

 

猫はびっくりすると、急に噛みついたり、引っ掻いたりすることもあります。

少しでもリラックスさせてあげると、目薬のさしかたで嫌がることへの防止に繋がるでしょう。

 

 

猫の目薬のさしかた|気を逸らす

猫の目薬のさしかたでは、猫の気を逸らすのも、一つの方法と言えるでしょう。

しかし、おもちゃやおやつで気を逸らせようとすると、夢中になりすぎてしまうことも。

猫が目で追う程度で済むものがあれば、使ってみても良いかもしれませんね。

 

 

猫の目薬のさしかた|後のケア

目薬が嫌なものという記憶を植え付けないためにも、さしかたの後のケアが大切です。

たとえば、少しおやつを与えたり、遊んであげるのも良いでしょう。

目薬のさしかたに慣れてくると、だんだん暴れなくなることもありますよ。

 

 

猫には人間用の目薬は使えるの?

猫の目薬には、市販の目薬もありますが、あまりおすすめできません。

当然、猫の病気の状態によって、適合する目薬の種類は違うからです。

 

また、人間用の目薬が猫に使えると言う説もあります。

しかしそれは、獣医者が許可した場合に限ります。

 

獣医が許可した目薬を使った事例の話を聞いて、そのように思う人も思います。

確かに、使える場合もあります。

しかし、それは獣医がオーケーした場合だけなので、直接アドバイスを受けた者以外は、してはいけません。

目の病気にかかってると思った場合は、やはり病院に行きましょう。

 

 

まとめ

猫の目のトラブルは、治るまでに時間がかかることも多いですよね。

目の病気は見た目にも痛々しく、少しでも早く治すためには、やはり目薬が必要です。

 

しかし、最初からはなかなかスムーズに目薬を差せる方は少ないでしょう。

猫は一度嫌な思いをすると、記憶に残ってしまうこともあります。

 

そうなると、その次に差す時に、なお大変になってしまうことも。

こちらの記事を参考に、猫になるべくストレスがかからない方法を、考えてあげてみてくださいね。

 

 

 

  1. 猫の結膜炎は治る?なにが原因?すぐ病院に行った方がイイのか
  2. 猫の目の病気|瞬膜の状態から考えられるのは!
タイトルとURLをコピーしました