猫にペットホテルやペットシッターは必要?事前に備えておくべきことは?

スポンサーリンク
猫 ペットホテル ペットシッター

猫を飼う前に、日常のお世話のことだけでなく、考えておくべきことがあります。

たとえば、長期間家を空ける時は、ペットホテルやペットシッターが必要になることがあります。

 

そう何度も起きることではありませんが、どうしても連れて行けない場所等があり、

一晩家族以外の誰かに、面倒を見てもらわないといけないことが、人生にはあります。

事前に備えておくことで、いざという時に手間取らなくて済むのです。

 

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

猫のペットホテルやペットシッターの必要性

○猫を飼う前に心構えしておくべきこと

それでは、解説いたします。

 

スポンサーリンク

猫にペットホテルやペットシッターは必要?事前に備えておくべきことは?

 

猫 ペットホテル ペットシッター

突然の外泊、旅行など、その時になってペットホテルやペットシッターを

探すのは大変だったりもします。

いざという時に手間取らないよう、

留守中の愛猫をどうするのか考えておいた方が良いです。

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

 

猫のペットホテル

ペットホテルは、なんといっても留守中に、

猫を常時見ていてくれる人がいるという安心感があります。

もしも猫の体調が悪くなったりしても、すぐに異変に気づいてもらえます。

 

中には、病院と一緒になっているものもあり、そういった意味でも安心です。

口コミや家からの距離も含めて、探しておくことをオススメします。

 

しかし、やはりいつもの環境と違う場所に預けることは、猫のストレスにもなります。

不調には気がついてもらえるかもしれませんが、その不調の原因となってしまう可能性もあるでしょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/neko-pethotel/ target=]

 

猫のペットシッター

環境の変化に敏感な猫は、たとえ飼い主さんがいなくとも、やはり家で過ごせるのが一番。

意外と一人でいる時は寝ていることも多く、自分のペースを乱すことなくいられるのです。

 

ペットシッターさんは、そんな留守中の猫の、最低限のお世話だけしてくれる存在。

きちんと知識を持っている方が、お世話をしてくれるので、安心と言えるでしょう。

 

また、その他にも、猫に理解のある家族や友人にシッターさんをお願いする方法も安心です。

 

しかし、留守中に、他人に出入りされるのは抵抗がある方にはオススメできません。

トラブルになることも、有り得ない話ではないので、よく考える必要があります。

 

 

スポンサーリンク

猫を飼う時に、ペットホテル・ペットシッター以外|知っておきたいペット保険とペットロスについて

猫 ペットホテル ペットシッター

 

猫は、安易な気持ちで飼うことはできません。

病気にならないとは限らないため、ペット保険やペットロスのことまで考えるべきと言えます。

では、猫を飼う前に知っておくべきことを見ていきましょう。

 

 

ペット保険

人間と同じで、猫にもペット保険があります。

プランや年齢によって、料金も様々ですが、年間で考えると決して安いものではありません。

 

猫を飼うなら、事前に検討しておくべきことと言えます

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/neko-hoken/ target=]

 

ペットロス

猫を飼うということは、いつかは死を受け入れなければならない日がくる、ということでもあります。

単純に可愛いから飼うのではなく、最期まで面倒を見ることができるのか、よく考える必要があるのです。

 

長年寄り添った猫との別れで、ペットロスになる人も少なくありません。

先のことまで見据えた上で、猫を飼うことができそうかどうか、考えてみてくださいね。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/pet-loss/ target=]

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫を飼う前に、知っておくべきことはたくさんあります。

自由気ままな性格のことはもちろん、旅行や外泊もしづらくなったりすること。

 

必要になるお金のことも考えなければなりません。

猫に合わせて生活ができるかどうか、リスクを踏まえておきましょう。

 

猫との生活は、リスクを考えても得るものは大きいですが、責任の重みを考える必要があります。

飼ってから後悔しないよう、家族などとも相談した上で、猫を迎え入れてあげてくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました